永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 ウサギはカメに追いつけない 」

2011.1.4
番外編の続きです。

「 ウサギ は カメ を追い越せない 
というお話。

もちろん現実は明らかに
ウサギ は カメ を追い越します

しかし、
「 ウサギ が、カメがいた場所に行くまでにかかる時間に、カメは必ず少しでも前に進むから追いつくことができない 」

という論理自体の間違いを指摘することができるでしょうか?


実は、この間違いを指摘することは非常に困難なはずです。


なぜなら、ウサギ が カメ に追いつく本当に寸前までの時間帯に限ってみれば
この論理は全く正しいからです


その限られた時間帯にしか通用しない論理を、

「 ずっと追いつけない 
時間的に飛躍させてしまっているのです。



これは
「 言葉や論理は、限定された条件のもとで成立するもので、
  もともと、全ての現実に対応できるようにできていない 
からなのです。

あるいは、
言葉や論理は、そもそも現実の一部分、一断面を、限定的に表現しているにすぎないからなのです。


例えば
「 人を好きになることは素晴らしい 」と言えば
とても正しいことのように思いますが、

これは、お互いに想いあう関係で成立するのであって
一方的な強い想いで、結果的に相手の心を傷つけてしまったり自分自身を苦しめてしまったりする場合は、

その好きな気持ちを抑えたり、捨てることも必要になってくるでしょう。


また、
「 体を鍛えるトレーニング 」も
体調が良い時にやれば効果的ですが、悪い時にやれば逆効果です。


実はこれと同じようなことが
私たちが気付いていないだけで本当に非常に多いのです


言葉や論理は、現実と イコール ではありません。
むしろ
私たちの知らないうちに現実とかけ離れてしまうものです


そのことに私たちはなかなか気づくことができません


言葉や論理とは、常に冷静で綿密な現実との検証が必要なものなのです



逆にいえば
「 言葉や論理にとらわれると現実を見失う 」
のです。


徹底的に現実を見つめ続ける
「 仏教 」は
この言葉と論理の危険性を知っています


言葉にとらわれるなっ


この境地
「 不立文字 」( ふりゅうもんじ )というのです。
<続く>



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
「 言葉や論理にとらわれると、現実を見失う 」

これは凄く共感できます。
僕も今、「理想に囚われると、現実の問題や自己を見失う」というネタを考えていたところです。
何だか、本当に嬉しくなりますね^^

いつか、機会が有るのなら、建岳さんの元に修行に行きたいです( ´∀`)
2011/01/04(火) 23:51 | URL | うるちん #-[ 編集]
No title
私は頭でっかちなのでこういう話は大好きなのですが
現実を見失わないように気をつけようと思います
2011/01/05(水) 15:58 | URL | ダメ子 #-[ 編集]
Re: No title
うるちんさん
コメントありがとうございます。

関心が同じこと、何よりですっ♪
同じテーマや話題でも、どのような切り口で、どのように表現するのかで
個人差がでてくるのでしょうね。

これからも一緒に「何か」
を表現していきましょう!

はい♪
いつか機会があれば、是非お会いしましょうね♪
2011/01/05(水) 20:53 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: No title
ダメ子さん
コメントありがとうございます。

私も頭でっかちで
友人から、小難しいことばかり言っているように見られたりしています(汗)

人間は気付かないうちに、何か思い込みたがっているのだと思います。
なので、それが現実とかい離してしまっても気付かない。

私も現実を見失わないように心がけていきたいと思っています。
2011/01/05(水) 20:58 | URL | 建岳 #-[ 編集]
言葉
言葉により 傷ついたり
救われたりしますよね。
今日の記事も勉強になりました。
捨てることも必要。
奥が深いですね。
私も言葉にとらわれないが理想です。
2011/01/05(水) 22:57 | URL | まい #-[ 編集]
Re: 言葉
まいさん
コメントありがとうございます。

そうですね。
言葉って本当に奥が深いと思います。

自分を苦しませる言葉であれば
その言葉にとらわれない。
その言葉を捨ててしまう。
その言葉から自由になる♪

これが仏教だと思います。

心の支えになっている言葉は捨てなくていいですね♪
2011/01/05(水) 23:21 | URL | 建岳 #-[ 編集]
不立文字
う~ん…
不立文字とは、そういう意味もあったのかぁ…
と、目からウロコの様な思いです。
どうしても、本ばかり読んでいて、実践が伴わない私の様な人間は、
頭でっかちになりがちですね。
気をつけなければ、と思います。
2011/01/06(木) 19:35 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
Re: 不立文字
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

申し訳ありませんでした。
不立文字の本来の意味は
「悟りの境地は文字では伝えられない」だと思います。

そして
何故、伝えられないかといえば、
「悟り」の境地の難しさ!?であり素晴らしさ故なのです。

それからまたもう一つの理由は、
文字、言葉というもの自体のもともとの不完全さにあると私は考えています。

そもそも言葉がもっと現実を的確に表現できるものであったら、「悟り」自体を表現できるかもしれないとも思うのです。

今回はその言葉の不完全さに焦点をあてて表現をしたつもりなのです。


ブログの下書きでは「不立文字」の本来の意味とその説明を入れていたのですが、
内容が複雑になりすぎると思い、消してしまったのです。

ですので
違和感が大きかったかもしれないと思いました。
誤解をうむ表現になってしまい、改めて申し訳ありませんでした。

また何かの機会に
ブログで説明できればと思っています。
2011/01/06(木) 21:59 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。