永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じない宗教

2010.12.9
前回からの続きです。

人は苦しみを感じているとき
その理由を求めます。

何故、今、私は苦しんでいるのか?
過去に何か苦しみの原因となることがあったのか?
周りの環境が悪いのか。何故なのか?

何かの答えをみつけて安心しようとします。

そして、なかなかその答えが見つからず、不安な状態に陥ってしまいます。


当然、
その答えは簡単に見つかるものではありませんし、
もともと答えのないものを追い求めてしまっているだけなのです


そういった苦しみで不安定なとき、
人は
偉人の遺した言葉などの指針とか、
神や運命などの超人間的な存在に、拠り所を求めるものです

「信じる者は救われる」


そういった人が何かの拠り所を求めるもの、信じることでできたものが
宗教」であるとしたら、


仏教」とは、実は真逆のものだと思います。

理由を求める思いをなくし、
拠り所を求める思いもなくし
信じることも追い求めません。

全ての思いをなくし尽くした「無」「空」の境地で苦しみを克服するのです。



あえて言えば、
「仏教」とは、


何も信じない宗教なのです。
<続く>



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
聖書
非常に面白い事に、
「聖書」「論語」「仏典」は殆ど同時期に書かれているのですよね。
そして、東欧、インド、中国の心の拠り所となったと言う史実はとても興味深いです。
実は私はミッション・スクールの出身なので、聖書にも親しみ、色々な思いがありますが、まず、カソリック信者になれなかったのは、洗礼をうけねばならなかった事でした。宗教って、信じているだけではダメ なの?と言う葛藤に負けたのです。

洗礼を受ければ、お墓も両親とは離れざるを得ませんでしたから、それが一番の理由でした。

儒教は難しくて、まだ門前500メートルと言った所でしょうか…

その点、仏教は入りやすいいです。まず、家にお仏壇があって、子供の頃から慣れ親しんで居ります。
そして、誰にでも、開門している事、これが一番の理由でした。
佐々木老師は始めお逢いして緊張している私に、まるで旧知のような気安さで接して下さり、時には厳しく、時には優しく、見守って下さっています☆

縁は確かにあるけれど、運も大きいと感じるこの頃です。
2010/12/10(金) 01:21 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
Re: 聖書
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

キリスト教やイスラム教などは、
心を安めるために、神、そしてその物語、その言葉などを拠り所とするものだと思います。
それを書いてあるのが聖書ですよね。

何かあれば聖書に立ち返って考えるのだと思います。
全ての原点です。

仏教は、その拠り所にすらとらわれない自由な心をつくることが
苦しみをなくして、心が安まるという教えだと思います。

確かに、入り口はどなたにも開かれていますね♪

中身が一筋縄でいかないぶん、難しいで終わってしまうこともありますが・・・。
そうならないように努めていきたいです。
2010/12/10(金) 18:30 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。