永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな苦しみの取り除き方2

2010.11.29
前回からの続きです。

前回の例話で、

まず、「起きる気になるまで」という思い
コンビニでも信号でも「急いでいる」「早くしなきゃ
遅刻した時と上司に叱られているときは、例えば「あの時、信号が青だったら・・・」とか
最後は「今日はついてない日だな~

などというこれらの思い。

これらの様々な思いを取り除くこと
実は、苦しみを取り除くことになるのでした。


もちろん
思い通りにならない苦しみを無くすには、
「思い通りにならない現実をより良く変えて苦しみを克服する方法」と
「その思い自体を無くしてしまう2通りの方法があるのです。

しかし、コンビニで並んでいて
早くしてよっ!
と怒ってみても、事態の好転は望めませんし、かえってお互い気分が悪くなるなど、確実により良く変えてしまう方法などないのです。
世の中にはどう考えたって、どう頑張ったって思い通りにならないことだらけなんです。


全て何もかも思い通りにしようと欲張らないで、
「その思い自体を無くしてしまって」苦しみを取り除きましょう。


仏教は、思いを無くす「」「」で苦しみを無くすことを最重要のテーマとして推奨しているのです。


前回の例話で具体的に思いを無くすことを考えてみます。

朝、目が覚めたときは、とにかく何も思わないうちに布団から出てしまいます
「起きたくない」「起きる気になるまで」「めんどくさい」と思うより前に行動してしまう
思いとの競争です。ついつい思いにとらわれているだけなのです。何も思わないうちに物理的に体を起して歩き始めればいいのです。

コンビニで列に並んだり信号が赤でイライラしたら、よくよく深く考えてみればよいのです。
そのイライラが全く時間短縮に貢献しないことを。
自分で自分を苦しめるだけの時間など無くしてしまえばいいのです。

遅刻した時と上司に叱られているときにも、過去のことをくよくよしても過去が変わるはずがないことを、よくよく深く考えてみることです。自分で自分を苦しめるだけの時間など無くしてしまえばいいのです。ただ、その現実(遅刻した、叱られている)を受け止めることに集中するのです。

「今日はついてない日だな~」わざわざ自分で自分を苦しめるだけの思いなど無くしてしまえばよいのです。


このように書いてみると全く当たり前のことなのですが、これがなかなかできていないのが現実です。
よくよく考えてみる余裕がないくらい、さまざまな思いにとらわれているからなのです。


思い通りにならないと感じているとき、苦しいと感じているとき、イライラする時。
ふとその思い自体が無くならないものかと考えるだけでも、その「余裕」が苦しみの緩和になります。
苦しみのとらわれから解放される第一歩になります。

そしてここで大切なことは注意しなければならないのは
「イライラしてはいけない!!!」「ついてない日だとか思ったらいけない!!!」などと自分を追い込むようなことを思わないようにするのです。

「思ってはいけないっ!!!」は、新たな苦しみを生みだすだけだからです。


まとめますと、
苦しいと感じているときは
その苦しいと感じている思い自体が取り除けないものか
よくよく深~く考えてみること


これを生活の中で繰り返すことによって、
小さな苦しみが無くなりやすくなっていきます。


つまり、思いにとらわれて苦しむという悪しき習慣が、少しずつ改善されていくのです。
<続く>




「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
気持ちの切り替え
一寸したこと、それが良い事であっても、悪い事であっても、
実は「一つの現象」にしか過ぎないのですね。
それを「良い事」と、見るのか、
「悪い事」と見るのかは、本当に自分の心一つなのです。
佐々木老師にも諭されましたが、
「淡々と、ただ受け入れてゆくこと」が、日常の修行。
日々是修行なのです。
ああ、明日からろう八摂心が始まりますね。
私も、体の許す範囲で坐ろうと思います。
風邪を引かないように、体に気をつけて、頑張って下さい。
私も、頑張ります。
2010/11/30(火) 23:51 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
Re: 気持ちの切り替え
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

「現象」が苦しいのではなく
「私の心」が苦しいのでしょうね。
そして、
「淡々と、ただ受け入れてゆくこと」
とは、常に安定した心の状態を保つことなのだと思います。
そうすれば、心が苦しむことはないのだと。

ろう八摂心でひたすら坐ると、その境地を体得することができるのかもしれません。

どうぞお身体に無理のない範囲で坐って下さい。
2010/12/01(水) 10:09 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。