永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永正寺「悟りの大塔」

2010.11.16

永正寺の山門のとなりには
satori

このような
永正寺悟りの大塔
があります。

違う角度から

satori1

かなり逆光気味(汗)

裏から見ると

satori2

こんな感じです。
高さ6mぐらいになる塔です。

これは1985年に
永正寺の先住職である月江和尚が
(私の祖父にあたる人です)
お写経を一万巻みなさんにしていただき、たてたものです。

この大塔のモデルは
その月江和尚が1974年に訪れた
インド・ブッダガヤー
マハーボディ寺院なのです
写真素材 PIXTA
(c) fa50写真素材 PIXTA

(この写真はブログ用の無料素材をお借りしました。
 他の使用なら料金が発生するのですが・・・。
 こんなこと出来るんですね~。大変勉強になりました。)


お釈迦さまが、
今から2500年程前に
まさに悟りを開いたといわれる
土地に建てられた高さ50mといわれる大塔です。

私も、このお寺の世界に入る前
5年ほど前ですが、実物を目にしてきました。



そのマハーボディ寺院をモデルにした
永正寺悟りの大塔

四半世紀の歳月を経て、
すっかり真っ黒になってしまいました。

このところ
私、時間を見つけては高圧洗浄機を使ってクリーニングをしているのです。

すっかり綺麗になった暁には
またこのブログで披露したいと思いますので



乞うご期待っ!




「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
「悟りの大塔」の中には、一万ものお経が納められているのですか?
凄いですね。
四半世紀も経つと、確かに汚れが目立ってきますが、
まさか「高圧洗浄機」で綺麗にされるとは、思っていなかったでしょうね(笑)
私のお寺での作務のイメージは、は、
矢張り、手ぬぐいでの鉢巻、たすき、
雑巾がけ、たわしでゴシゴシなので(笑)
2010/11/17(水) 21:51 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
Re: No title
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

確かに「高圧洗浄機」は作務のイメージとは程遠いですね(汗)

何軒かホームセンターを回って最適なものを購入して、
驚くほど綺麗になっていくさまを、悪気なく楽しんでいました。

お寺の伝統を守っていくものと変えていくもの
お寺の世界に合わないはずの合理

そのバランス感覚を私なりに考えていきたいです♪
2010/11/17(水) 22:57 | URL | 建岳 #-[ 編集]
「悟りの大塔」
おはようございます^^

永正寺「悟りの大塔」には
そんな意味がこめられて
たんですね。

建岳さんもこの世界に入られる前に
実際に現地まで行かれたお話し
素敵だな、と勉強になりました。

追伸、無料写真の情報ありがとう!
ございました。 皆さん、写真の掲載
どうされてるんだろう??と思ってたので
 ブログ、初心者なので、また教えて
下さいね。

ありがとうございます。



2010/11/18(木) 08:06 | URL | 真中さき #-[ 編集]
決して
いえ、決して、批判していると言う訳ではありませんよ~。
「良い時代」だな~、というのが、言いたかったんです。
だって、高圧洗浄機って、本当に驚くほど綺麗になりますもの~。
そういう「時代」を、素直に受け入れられる姿勢が、いいな、って、思ったのが、本音です。
2010/11/18(木) 20:22 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
Re: 「悟りの大塔」
真中さきさん
コメントありがとうございました。

この世界に入る前に
どうしても仏教の原点に行ってみたかったんですよね。
昔なら命をかけてというところですが、
訪れることができて良かったです♪

写真は散々探しまわった挙句、
このPIXTAというサイトで
偶然、ブログは無料というのを見つけて
小躍りして喜んでいたのです(笑)
情報としてお役に立つのでしたら
何よりです♪
2010/11/18(木) 22:54 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: 決して
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

私の心の奥底で、
ひょっとしたらいけないかもという気持ちがあったのかもしれませんね。
ありがとうございますっ♪

ふと気付くと本当に良い時代だと思うことがありますね♪

蛇口をひねって水が出てきて、
何て素晴らしいんだろうと時々本当に思うんでうよね。

昔なら、今でもところ変われば、井戸から水を大変な思いをして
汲んでこなければいけませんし、
ローマ時代でも、あんなに巨大で精密な水道橋などのインフラ整備で
やっと出来ていたことです。

現代テクノロジーの極みだとつくづく感じます。
2010/11/18(木) 23:16 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。