永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永正寺護持会報114号

2013.12.11

永正寺護持会報114号ができました!
是非ご覧くださいませm(_ _)m

永正寺護持会報114号1
永正寺護持会報114号2
画像はクリックすると拡大します!



私が書いているところは(岳)としてあり、
住職の場合は(定)としてあります。


※永正寺のメルマガを月に2回発行しています。
 ご希望の方は下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒永正寺メールマガジン登録フォーム

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版


「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
失礼致します。
 永代供養合祀墓の図面とイメージ図を見て、我ながら軽薄な感想だと思いますが、単純にかっこいい(失礼)と思いました。何というか、そこだけ見ると、日本の禅寺離れした光景だと思います。
 悟りの大塔自体が、遠く、仏教発祥の地を連想させる、まるで外国の寺院っぽい(それこそ、インド、ネパール、タイ、カンボジア、インドネシア、辺りに在りそう。)感じで、それとセットになった図は、実によく練られているなと思いました。
 非常に不謹慎で失礼ですが、第二次図面と合わせ、実に
カッコよく洒落た感じの境内になるのだなと感心しました。
 決して、威厳や格式が損なわれる、と言う意味での悪口で書いている訳ではないのです。
 祖父母の墓参りを兼ねて孫のカップルがデートに来るような、空間と言うのが、現実味を帯びて感じられます。
2013/12/13(金) 21:49 | URL | y.k #-[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

先日、東京の設計士さんの所へ、住職と二人で行きまして、
さまざま打ち合わせを行ってきました。

これからさらに練り上げて、
どんな形になり得るのか、

限られた費用なども勘案しながら実現していきたいと思っています。

誰かがいつも、和みに訪れているような、
そんな空間作りを目指していきます。
2013/12/20(金) 11:05 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。