永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝修業!?

2013.12.4

私がお坊さんになってから、
初対面の方などに多く、

ご修行、大変ですね」
とお声をかけていただくことがあります。


「やっぱり、滝にうたれたりされるんですよね!」
と言われれば、


もちろんっ!」
と勢いで答えそうになりますがf(^^;)


永正寺は臨済宗(禅宗)ですので、修行は坐禅公案、そして作務が中心となっており、
残念ながら!? 滝修行や荒行、護摩行などは無いのです。


けれども、
私はこの夏から、毎朝お風呂場で 水浴び を続けています。

昔の武士などが朝一番、井戸水を汲んで
エイッ!」とかける姿をイメージしながらなのですが、


やってみると、

水を浴びる瞬間は冷たいのですけれど、
すぐ次の瞬間、身体の中から熱が生み出され温かく感じられます。


水滴を拭いて、服を一枚一枚着るたびに温かさが感じられます
頭もシャキッとして覚醒する気がします。
そして、この間の体調も良好です。


私たち人間の身体は、

寒いからと言って
部屋を暖め続けたり、

温かいお風呂に入っているばかりでは、
冷え症になり、身体はどんどん寒さに弱くなるようです。


その意味では、
乾布摩擦冷水摩擦
あるいは水浴びなどで身体を鍛えることが大切なのだと思っています。


以前、「色即是空、空即是色」で取り上げましたが、
⇒「 http://eishojikengaku.blog33.fc2.com/blog-category-25.html


私たちの現実は、

温かくするほど寒くなる。冷たくすれば温かくなる。
無菌状態にするほど菌に弱くなる。ある程度、菌があるところにいれば耐性ができる。


子育てで、親の愛情が大切であることは言うまでもありませんが、
その愛情がどこかで行き過ぎると「 過保護 」になってしまう。

まさに「 色即是空、空即是色 」であり、
そして、その両極端でない「 中道 」が大切なのです。


考えてみますと、
現代日本に暮らす私たちは、

快適、便利になり過ぎて、
言わば「 過快適 」、「 過便利 」になってしまっているのかもしれません。


とはいえ、
私もこの「水浴び」、このひと冬を超えるかどうかはこれから次第なのですがf(^^;)



※永正寺のメルマガを月に2回発行しています。
 ご希望の方は下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒永正寺メールマガジン登録フォーム

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版

「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
失礼致します。
 気にしたことはあまりありませんが、地味な事でも、日々の雑事の積み重ね、日常の何気ない「すること、しないこと、あれこれ」って思えばこれ、たいへんなこと、すごい事だと思います。
(もちろん本当は、常に今ここの、この時、一瞬、一瞬、しかないのでしょうが、記憶、或は記録にすると、膨大な積み重ねになりますものね。)
作務は、修行として実に大した事に思えます。

 私の仕事は、定休日が無く、土、日、祝日も関係ありません。夜勤業務もあり、正月勤務の場合もあります。
 だからというわけでは全くありませんが、
「過快適」「過便利」もそれを下支えする労働があるから、
我々の我儘な要望に対し、それに応える、かゆい所に手が届くサービスを行う努力があるからこそであって、只では無いと思うのです。
 いつの間にか当たり前になった正月なんて関係ない通勤風景。
 日曜なんて関係ない仕事。
閉店時間なんて無い深夜営業のスーパー。
24時間営業のコンビニエンスストアー。
年中無休のレンタルビデオ屋。
けじめや、段落、区切り、を、無くしていくと、便利ですが、
気分的にもせわしなく、
より楽になるように、と思っていたのに、、、、、
より、しんどくなってないか?
と、ふと思う事もあります。
その努力は認めて評価したうえで、
バランスも考えた方がいいかなと思っております。




2013/12/05(木) 21:12 | URL | y.k #-[ 編集]
No title
こんにちは
水浴びですか。
時々、女性誌などで、湯上りの温冷水シャワー(最後に冷水)がいいとか言われてやってみるのですが、冬になって浴室が寒くなるととたんにくじけます...
中道が大切なのですね。
快適すぎるアメリカの生活にすっかり慣れきってしまっている毎日です(反省)
2013/12/07(土) 06:54 | URL | Sakulanbo #ZPPmqLno[ 編集]
おはようございます
全く仰る通りですね。
モノは加減、まさしく中道ですね。

両極端を離れた中道にこそ
真理があると思います。

「加減を知る」という事が大切ですよね。
よいお話をありがとうございました(合掌)

2013/12/07(土) 09:25 | URL | ショウセイ #BKAF9FeE[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

ご返事遅くなりまして申し訳ありませんでしたm(_ _)m

「お・も・て・な・し」のサービスは、
まさに世界に誇れるものなのですが、
一体どこまで行きつくのか?
その下支えをしている労働者の精神環境が心配されます。

ローマ時代は午前中のみが仕事で、
午後からは、ゆっくりとくつろいでいたとのことで、
その意味では、理想的な生活があったのかもしれません。

限られたパイを奪い合うサービス合戦のさなか、
私たちの生き方について、考え込んでしまいます。
2013/12/11(水) 10:36 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: No title
Sakulanboさん
コメントありがとうございます。

ご返事遅くなりまして申し訳ありませんでしたm(_ _)m

私自身、このひと冬超えるか不安ですが、
皆さんに公言することで、自分を追い込もうとしていますf(^^;)

快適すぎる私たちは、
いざ、ライフラインが壊れた時にはお手上げですものね。

中道で頑張りたいと思います!
2013/12/11(水) 10:42 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: おはようございます
ショウセイさん
コメントありがとうございます。

ご返事遅くなりまして申し訳ありませんでしたm(_ _)m

私たちの人間の気持ちは、
ともすれば、加減を知るということを知りません。

正義感、使命感をも伴って、
もっと快適に、もっと素晴らしく、もっと安全に、
もっと長生きに、、、

際限がありません。

そうなればなるほど、
心が落ち着き、豊かになり、
心の苦しみが無くなっていくのかと言えば、

実は、そうならないのが現実の難しいところだと思います。

「加減を知ったうえで求めていく」姿勢が
大切ではないかと感じています。
2013/12/11(水) 10:49 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。