永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗礼のお寺版!? 「永正寺・成人受戒会」のご案内

2013.10.18

12月8日
お釈迦さまが「 悟り 」をひらいた日とされ、
多くのお寺で「 成道会(じょうどうえ) 」が行われる日なのです。


その12月8日、
永正寺では、今回が初めての試みとなる、
永正寺・成人受戒会 」を行うことにしました。


「永正寺・成人受戒会」とはどんな行事なのか


これを一言で言い表すとすれば、
キリスト教の「 洗礼 」のお寺版のようなものにならないかと思っています。


キリスト教の洗礼は、
10代の多感な時期に、神聖な儀式に臨み、
その証である聖名をうけてミドルネームとするなど、

キリスト教徒だという自覚を強く促す
重要な儀式です。


しかしこれまで日本の仏教では、
葬儀の際に初めて仏教徒として戒名を受けるのが、
多く一般的になっていて、

生前に戒名を受け、
仏教徒だという自覚をもつ人は決して多くはありません。

まして、
若年層や青年層
生前戒名を持っている人は、

本当に極一部であるのが現状です。


仏教、お寺が、
葬儀・法要・先祖供養・観光だけのものではなく、

生きている私たちに必要な心の拠りどころ 」となるためには、


これから人生を切り開いていく
若い方を中心に、

幅広く仏縁を持っていただき
仏教徒であるという自覚が芽生える機会が必要だと思っていました。


そこで、
この「 永正寺・成人受戒会 」は、


そもそも仏教とはどんな宗教で、どんな教えを説いているものなのか? 」
「 お釈迦さまの 悟り とはどのようなことなのか?」


そして、
仏教は、生きている私たちに必要な心の拠りどころとなり得るのか? 」
をテーマに受戒式に臨んでいただき、


写経受戒式法話」を経て、

仏弟子の証として、
2文字の成人戒名 を授与しようとするものです。
(臨済宗妙心寺派の正式な受戒会では4文字)

その2文字の成人戒名は、
これまでの人生を振り返ってと、
これからの願いや目標を込めた2文字として、


心の拠りどころとなりうるもう一つの聖なる名前とならないかと思います。


ご参加対象は、20歳以上ならどなたでもです。
当日のお話は私(副住職)がさせていただくつもりです。

ネットでのお申し込みはこちらからお願いいたします。
「 永正寺・成人受戒会 」申し込みフォーム

ご興味のある方は是非ご参加くださいませ。





※永正寺のメルマガを月に2回発行しています。
 ご希望の方は下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒永正寺メールマガジン登録フォーム

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版

「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
 失礼致します。
 あることがきっかけになって、このブログを知ってから、以後、楽しみに読ませて頂いておりますが、伝統の上に胡坐をかかない姿勢に、いつも感心させられております。
 仏教とは関係の無い政治に関する本ですが、
説明する事柄上仏教の事が説明されており、その中に、
「多くの日本人が誤解しているが、死後の面倒を見てくれるものではない。死んだら仏になれるものでもない。この物質世界の現象的に言う、その存在が、死んでいるか生きているかは関係なく、仏になる、成仏する、事が重要なのである。
誤解されると困るが、こうしたら確実に仏になれると言うものは無い。あるものは戒を守り仏陀の行いの追体験をしてそれに至る、またあるものは、ごく稀にだが、独覚する」
というような事が書かれており、何処まで正しい説明かは分りませんが、抹香臭いという表現が有る通り、今の日本人にとって、この様な説明が必要なぐらい、今生きている人にとって、縁遠いものと思われているのが分ります。
 人生に必要なものではなく、人生の終わりに少しだけお世話になるものと言う認識でしょうか。
 それに対し私が思うのは、逆に、
ある部分においては、むしろ、若い人が抱える、人生に対する疑問や悩みに、(中学生を対象にしても良いくらいだ)これから自分の人生を引き受けていく人に、大いなるヒントを与える事が出来るのではないかと思うのです。
そういう意味でも
この試みは価値があると思いました。
葬儀改革も、ヒーリングフラワーディも、そしてこの試みも、
新時代の新常識となればいいと思いました。
2013/10/21(月) 01:28 | URL | y.k #-[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

これまでの仏教は、
葬儀仏教であり、先祖供養教であり、

あるいは、
権威主義的な学問的なものであり、

日本文化、習俗の重要な一面のようなもので、

気軽に観光寺院にいく以外は、
一部の専門家のような人を除いて、

多くの方がほとんど意識をしないで日々暮らしているのが現状だと思っています。


しかし、
まさにメンタルヘルスの問題が大きく取りざたされている今、

権威主義や学問的な仏教ではない、
本来の仏教の本質的な教えについて、

もっと私たちは親しむ場を広げていきたいし、
広げていくべきだと思っています。


「どうしたら仏教は、生きている私たちの拠りどころとなり得るのか?」
「何故、今、高ストレス社会になっていて、どうしたら低ストレス社会が実現できるのか?」


ヒーリング・フラワー・デーなどとともに、
少しずつでもできることを! と思っています。
2013/10/22(火) 20:07 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。