永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ワーカーズ』を観てきました!

2013.9.20

一昨日、名古屋駅西にあるシネマスコーレに行きまして、
シネマスコーレ

ワーカーズ 』という映画を観てきました。

『 ワーカーズ 』とは、
ワーカーズコープといって、
労働者」が5万円の出資をしあって、全員自らが「経営者」になるという

新しい働き方を取り上げたドキュメンタリー作品です。

チラシはこちら↓
ワーカーズ3

ワーカーズ4
(それぞれクリックで拡大します)


朝日新聞の記事もご参照ください。
「出資・経営する労働者、広がる新たな働き方」(朝日新聞デジタル 2013.9.12)


私は中日新聞の記事で関心をもったのですが、
この勝ち組、負け組の格差社会が拡大していく一方の世の中で、

ワーカーズコープが、
雇用のセーフティーネットになりうるのだろうか?

そうだとすると、
お寺はその活動にどのようにして関わることができるのかと
興味深く観に行きました。

感想としては、
協同労働と、地域社会で私たちが共にいきていく理念などは、
非常に素晴らしいと感じました。

しかし、
実際にその理想を実現するためには、

その組織、運営、行政との連携など、
非常に難しい課題が多大であると思いました。


もちろん、
経済原理優先のこの社会で、
どの企業も生き残りをかけてしのぎを削っているわけで、

素人が協同して何かを実現しようとしても、
非常に困難であることは明らかです。


この映画を観れば、
少しはその疑問に解決の光が見えるのではと期待していたのですが、

残念ながらその疑問については
観了後変化はありませんでした。


ただ、
これからの私たちの生き方について、
大いに参考になる
「協同労働」「出資した労働者がそのまま経営者」という考え方。

ご興味のある方は
是非、映画を見に行ってくださいね!






※永正寺のメルマガを月に2回発行しています。
 ご希望の方は下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒永正寺メールマガジン登録フォーム

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム

「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
今晩は。
 以前、私のコメントにたいする、御返事を頂いた時すこし述べられていた取り組みの内容の事ですね。
 社会人になりたての頃の私が以前、勤めていた会社の部長クラスのある人物が、アルバイトに来ていた人に向い、(その人にどんな不始末があったのかは知りませんが、)
「おまえを雇うために、仕方がないが、お前にたいして時給を払わねばならない。伊達や酔狂で雇っているのではない、ボランティアや慈善事業の様な、そんなどうでもいいような、なまっちょろい事をやっているのではない。利益を生み、飯を食っていかなければならないんだ。もういいから帰れ。この能無しめ。ああ、時給を払うのがもったいない、、、、、。」
 延々ねちねちと、その人物を前にイヤミを込めて責め立てていましたから、あまり気分がいいものではありませんでしたし、只のバイトの人に言う事かとも思いましたが、
 綺麗事なしで考えてみると、
雇い主が、使用人を雇い、仕事をさせるとは、そしてその中で利潤をあげ、安定した生活をするとは、
つまり、そういう事なんだなと思いました。
労働者が企業に雇用されるという事も、
つまり、そういう事なんだなと思いました。

さて、出資した労働者がそのまま経営者。

難しい事も多いのでしょうね、今までにない考え方だとは思います。
資本家であり経営者であり労働者である。
「うーむ、、、」
今一度、自分の人生にとって働くとは何なのか、仕事とは何なのか、自分のしたい事とは何なのか、
その目的とは何なのか、
考えてみます。


2013/09/24(火) 22:21 | URL | y.k #-[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

昔に比べて今は、
労働者に対して求めるレベルが格段に上がってしまっているのだと感じています。

昔は、単純作業、ルーティンワークでも、
それなりに価値が認められていて、
その業務で生計を立てていた人がいたと思うのですが、

今、その業務の多くをコンピューターや自動機械、ロボットなどが肩代わりし、
私たち人間の出番がありません。

バイトといえども
高度で煩雑な情報処理の業務を求められるのが当然となってしまっていますし、

単純作業をする人に対しては、
まるで無能者の烙印を押されるかの如く、低賃金で働ざるをえません。

今は、そんな世の中です。

つまり、
経済原理が求める有用な人間の「型」に、私たちは振り回され翻弄され、
実際にその中で生活を営んでいるのです。

その経済原理に振り回されない生き方が、
私たちの協同で実現しうるのか?

ヘンデの「地域通貨」、
新興宗教に見られる共同生活など、
またこの「ワーカーズ・コープ」という発想。

今の私では明確な道は描き出せませんが、
考えていきたいと思っています。
2013/09/27(金) 08:54 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。