永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法96条改正についてへの私見

2013.8.23

全く、突然ですが、
憲法96条の改正について、

つまり日本国憲法を改正する条件について
私見を述べたいと思っています。

本当に突然ですねf(^^;)


まず、
現在の憲法改正の条件は、96条で、
衆議院参議院の両院とも総員の 3分の2 以上 と 国民投票の過半数 の賛成」
が必要とされています。


しかし、
条件があまりに厳しすぎるので、

「 衆議院、参議院の両院とも総員の 過半数 と 国民投票の過半数 の賛成 」
と改正しようと

自民党、安倍総理を中心にした動きがあります。


一方、
この96条改正の動きに対して、

憲法とは
そもそも政治権力を制約するものだから、
時の権力によって簡単に変えることのできる条件にするのは 危険だ と、

護憲を掲げる勢力を中心に 反対する動き も起こっています。

新聞、テレビなどのメディアも、
この問題を大きく取り上げています。



さて、
憲法は、

できるだけ 変えられないものにするべきか?
それとも、簡単に 変えられるようにするべき か?

一体、
どちらでしょうか



私は、
『 憲法改正については、議論すらままならない程、
  現実的に全く変えられないほど厳しい条件ともいえる現在の96条は、
  変えるべき

  しかし、同時に、
  簡単に憲法を変えられるような規定でもいけない 』

と思っています。


つまり、
数100年の間に、たった一回も国民に提起できない厳しい規定も、
  逆に、毎年のように国民に提起できる簡単な規定も 」

両方とも駄目だと思っています。


数10年に1度や2度、国民投票がされ得るほど
現実的な規定であって欲しいと思いますがいかがでしょうか?



実は、
両院揃って改憲派が国会議員の3分の2超 」という状況は、
自由民主党誕生以降を調べてみましたが、これまで1度もありません


日本の政治風土が、そもそも2大政党だったり、
選挙制度が小選挙区制度のみだったりすれば、

過去にも、3分の2 を超えることがありえたかもしれませんが、


多党制に馴染んでいる日本のこれまでの政治風土と、
それをある程度前提にした選挙制度が続く限り、


この「 国会議員の3分の2超規定は、
理論上は可能だけれども
現実の日本の政治状況では、限りなく不可能に近いもので、


単に憲法改正の議論をすることですら

どうせ、変えれっこない )
( 改正できるはずがない
など、非現実的なこととして長く受け止められてきたと思います。


ところが、
近年、衆議院選挙制度の小選挙区化が高まって
(小選挙区制度の導入と、その後の比例代表制の議席減の為)

良くも悪くも圧倒的な議席独占の状況が生まれ、

ようやく本腰を入れて、
現実的な議論をし始める雰囲気ができるようになったのです。



それでも、 参議院定数の半分3年毎改選のため、
3分の2規定をクリアすることは、


これだけ政治課題が複雑化している中、
憲法改正だけで政権が選ばれないこと

3年毎に政治状況が与党から野党、野党から与党へと、
変わりがちなことなどを考えれば、

100年に一度の奇跡 」みたいなものです。


そのミラクルな状況が、今一歩のところまできているのです。
この機会を逃すと、また、次のチャンスはいつになるのか?


実際のところ、
もう2度と無いかもしれません。


私は、
現在の憲法96条の規定は、緩和するべきだと思います。
もっと現実的に、真剣に国民が憲法改正について考え、その問題を突きつけられ

そして結論を出す国民投票をする状況を、
数10年に1度ぐらい可能な程度にまで条件を緩めるべきだと思っています。

しかし
安易に簡単に変えられるようでもいけないのです。


ですから、
その意味では、

現在の安倍政権の改正案、
「 国会両院の過半数、国民投票の過半数 」には、反対です。


基本的に与党は国会で過半数を占めるものです。
いわゆる、ねじれ以外の状況では、
いつでも国会両院の過半数 」条件を満たしています

であれば、
ほとんど毎年のようにでも、いつでも憲法改正の国民投票ができてしまい
結果的にコロコロ変わってしまう憲法になりかねません


憲法は
やはり、一時の感情などに左右されない
過半数だけで決めることのできない、特別な制約が必要なものだと思います。


このような観点を前提に、
全くの私見ですが、


実は、私は、
6割6割 」にしたらどうかと思っています。


つまり、
国会衆参両院の 6割超 への緩和と、
国民投票6割超 への強化です。


国会両院の6割超であれば、
これからの政治状況でも、

簡単ではありませんが、充分起こり得ますし

さらに6割超の国民が賛成するような状況であれば
憲法は変えるべきだと思います。


また、
憲法を変えるべきでないと考える人についても、
6割超6割超 」なら、
納得せざるを得ないのではないかとも感じます。



憲法改正論議が今後一層盛んになるかとも思いますが、
3分の2過半数 の単純な二者択一ではなく、

憲法改正条項の現実的なあり方について、
より実のある検討がされることを願っています。






※永正寺のメルマガを月に2回発行しています。
 ご希望の方は下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒永正寺メールマガジン登録フォーム

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム


「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
 失礼致します。
 いつも、世の中をよく広く観て、深く御考えだと思います。
専門家で無いので、つたない読書経験と、高校、大学、等で学習した内容から考えた感想になりますが、
 仰るように憲法とは、
①政治権力を制約するもの(権力の横暴を絶対に許してはならないという前提。絶対主権というものが、国家{トマス・ホッブスの言を借りればリヴァイアサン}というものが、いかに恐ろしい力を持ったものなのか、身にしみて思い知らされてきた西洋人が編み出した、それに対する最終的な拘束具であるという前提。)である事。
②つまり国家の統治の在り方への命令であり根本である事。
③憲法と言うのは条文法であっても大切なのはそれが現実に合致していて機能しているのかどうか、つまり本質的には慣習法で有るという事。
 それらを踏まえての事になりますが、
少し、いや、かなり違う話になりますが、私の知っている人でこんな事を言う人がいます。
「真理って、発見したと思っても、それを言葉に表したとたん陳腐なものになる。」
 これは、いささか極端かもしれませんが、
人間の捉えきれるものは限定的なものだから、何かつかんだと思っても、移ろいゆく世の中で、どんなにその一刹那に素晴らしいと思えるものでも、賞味期限と言うものがある。
出来たと同時に崩れ始めるのである。
 世の中で、その時代の倫理、道徳や、常識も、善悪の判断でさえ、自明とされる事でさえ、いずれ形骸化するかもしれない。
 何故それを頑なに持戒しているのかよくわからない状態になるかもしれない。
 「不磨の大典」なるものを作れると思ったら、それこそ思いあがりというものでしょう。
 憲法は、どのようにしても変わらないというのでは如何にもまずい。
かといって、コロコロ変わる様ではいかん。
 それを考えた時、仰るやり方は妥当ではないかと思います。
 どの様な国家にするのか、国家の在り方を規定する事を多くの国民が考えられるようになることは重要な事ですね。
2013/08/25(日) 01:05 | URL | y.k #-[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

私こそ拙い知識で憲法問題を語ってしまっていますが、
専門家でない私たちでも、
しっかりと憲法について議論できることが大切だと思っています。

私たちの禅宗では、
「不立文字」という言葉がありますが、

悟りは言葉では表せない。表しつくせない。
まさしく、言葉にした瞬間に、悟りとは別のものになってしまう。
という考え方があります。

未来永劫価値が不変の言葉などは無いのだと思います。

その意味でも、
変わりゆくこの世の中で、

私たち国民に実質的に検討できるほど身近で、
しかも一時の感情で軽々には変えられない、
憲法改正規定を定めることが、

本当に私たちの憲法になり得る重要な条件ではないかと思います。

「6割超、6割超」などと提起しているのは、
今、ほとんど誰もいないでしょうが、

是非、これからの実のある議論を期待しています。
2013/08/26(月) 09:09 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
全く、憲法改革は、大きな問題ですね。
私も、全くの無知、素人ですが、
矢張り、憲法がコロコロ変る世の中では、いけないと思います。
でも、かといって、全く変えられないものでも、困ると思います。
矢張り、生きて行く上で必要な憲法は、時代、時代でその背景を反映するべきだと考えます。
さて、どうなるでしょう。これからの政治に期待です。
2013/08/30(金) 21:20 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
Re: No title
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

私も素人で恐縮ですが、
素人にも身近で確かな憲法であるべきかとも思っています。

コロコロ変わるのではなく、全く変えられないものでなく、
まさにそのような96条にするべきだと思っています。

これから、一国民の意見として、
政治家に投書をしようかと思っています。
2013/09/03(火) 11:11 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
 すみません。コメントに書き間違いがありました。
「条文法」では無く「成文法」です。申し訳ありませんでした。
この「成文法」ではあっても本質的には「慣習法」であると言うところが肝心であり、国家に対する足枷であり命令である「憲法」の精神が現実に生かされて、遂行されているのでなければ、国家としてし死に体です。
 どんな事が書かれていても、それは所詮紙切れにすぎません。憲法の精神を実現しようと努力し、内容が「慣習」として定着している事が重要です。
 であるからこそ、憲法の精神を守る事や、逆に、現実(時代背景)に生かせる内容か(慣習として定着しているのかどうか)如何によっては、補足や修正や、「改正」が出来る事が、「国民の意思にかかっている」事が重要であると思うのです。そういう意味でも96条改正の議論の意義は大きいと思います。
2013/09/03(火) 21:48 | URL | y.k #-[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

なるほどです。
有名無実のような成文法では意味がなく、実質的に慣習法となるように、
適切に検証され、補足や修正、改正がされていくことが、

私も大切だと思っています。

憲法96条が適切に改正され、
憲法が本質的に私たち国民の意思となった時、

その自信が行動に表れ、

世界に影響を与え、
世界を平和的にリードしていくような日本となり得るかもしれません。
2013/09/09(月) 08:22 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。