永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もうひとりの自分・無意識」に素直な社会

2013.6.24
⇒前回からの続きです。

ジャレド・ダイアモンドさんの 『 昨日までの世界 』 という本があります。

ジャレド・ダイアモンドさんは
ピュリツァー賞受賞作 『 銃・病原菌・鉄 』 で知られる米進化生物学者です。

『 銃・病原菌・鉄 』 は、
(過去にこのブログで一部分だけを取りあげたことがあります⇒「ウマとシマウマ」

なぜ ヨーロッパ人 全世界を征服し、その逆にならなかったのか? 」
という問いに対して、

人種の優劣ではなく
地形などの環境要因による違いであることを、
見事に解き明かした、素晴らしい作品です。


また、
『 文明崩壊 』  では、
世界の七不思議の一つとも言われる!?イースター島モアイ像について、
明解に、科学的に解き明かしていることなどをはじめ、

これまで崩壊してきた文明についての検証とその教訓が、
私たちの今後への示唆に富む、これまた素晴らしい作品です。

まだ、
お読みになられていない方は、
2冊とも是非、読んでみてくださいね!


そのジャレド・ダイアモンドさんの
最新作 『 昨日までの世界 』 では、

私たちが今暮らしている、
高度文明社会と対比させた、

昨日までの世界である、
伝統的社会 」(狩猟採集社会、部族社会など数十人から数千人規模の社会)の特徴について、
良いところも悪いところも含めて分析され、

これからの私たちの社会の在り方の参考にしようとされている本です。


長い前置きですが、
ここからが⇒前回の続きです。


私たちは、今、
この「 高度文明社会 」で暮らしていますが、、

法律道徳倫理宗教など様々な価値観があり、

その社会から求められる人間像

社会に必要とされ
社会に迷惑をかけない


それらの理想的理性的な人間像を、
強く求められ教育され、私たちは今を過ごしているのですが、



「自分はこうならなければならない
「自分はこうあるべきだ


あるいは、
「よき母として
「男として」
立派な社会人として」
・・・。


多かれ少なかれ
私たち誰しもがもつその葛藤

本音と建前
あるいは
良心の呵責」という言葉もあります。


まさに、私たちはこの社会の中、
なかなか「 もうひとりの自分・無意識 」に素直に生きられない存在なのです。



しかし、
けれども、

伝統的社会 」に住む人は、
父親、母親の役割分担や、

危機回避のために執拗なほど!?注意深く行動するなど
ルールや掟のようなものももちろんあるのですが、


まるで、
生存本能必然的にそれを選んだごとく!?
何かの社会的役割を "演じている" ことがない。


常に自信に満ち溢れ、生き生きと自分らしく生きている人が非常に多く、


「本音と建前」、「良心の呵責」などに さいなまれることもなく
メンタルヘルス上では、全く健康であるようなのです

(注:これは「昨日までの世界」を読んだ上での、飛躍も含めた私の解釈であり、必ずしもジャレドダイアモンド氏が言及していることではありません)


ただ、メンタルヘルス上素晴らしいからといって、
もちろん、全てが素晴らしいと言うわけではなく

時として起こる 殺人 などについても、
その犯人!?(犯人という意識すらないかもしれない)は、


全く悪びれることなく、自分の立場を主張することが当然の社会でもあるのです。
<続く>




※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
失礼致します。
「やりたい」でするのが子供で、
「やらねばならぬ、やるべきだからやる」
という義務感からするのが大人でしょうか。
ある学校の先生が、しつけとは、その良しあしは別として、
その生活圏で生きるための文化の強要、強制、おしつけ、の面があると言っていました。
今私が不自由なく日本語が使えるのは躾や教育の賜物でしょうし、
「やりたい」から、「社会から求められる」「やるべきだからやる」に代わってしまったのも、これまた躾や教育の賜物でしょう。
前に「理性万能主義の限界」と書きましたが、この「理性」に期待が込められたのが近代社会であり、今に至る「高度文明社会」なのでしょう。さらに遡ると、「言葉」、「文字」、を使うようになるところに行きつくかもしれません。
(近代社会になり文盲も、教育により無くなっていき、多くの人がそれにより色々な知識が共有され、独占される事無く、皆言葉で考え、言葉を操れるようになりました。より抽象度の高い数字も使えるようになりました)「言語と思考」は地位が高くなりましたが逆に「感覚」は、低く扱われるようになったと思います。
昨日「名前の力」を読み返してみたのですが、
「文明」が起こる一つの要件に「言葉」があると思うのですが、言葉により、名前を付けることで、闇を切り開き、文字通り「文と言う明り」で訳が分からないものを「分類」し「秩序」を作っていったのだと思います。
ただ、まだ伝統社会の頃は、それが進んでいないので、「生存本能が必然的に選んだかのごとく」今より「感覚」の研ぎ澄まされた、あらゆる意味でおどろおどろしい「生命の生々しさ」の中での生活があったのでしょう。
理性万能主義の限界と言いましたが、言葉や文字で表せるものの限界かもしれませんし、思考と言うものの捉えきれる限界かも知れません。(あらゆる理屈は屁理屈の正当化だという意見には賛成です。この世界の限定的な部分しか認識できないし、言い表せませんものね。)どう表しても言い尽くせないデモーニッシュなものには恐れと言うより畏れ、畏敬の念を以て日本人は接していたと思います。

2013/06/24(月) 23:53 | URL | y.k #-[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

私たち人間が、文明を手に入れ、
安全や便利を追究し、社会を発展させていく過程で、

私たちはその反作用で社会に適応、順応し、
あるいは矯正され、
生きていかなければならないようになりました。

教育そして、「言葉」「文字」についてのご指摘、
そのとおりだと思います。

そして、
「理性万能主義の限界」と同じく、
それらにも限界、あるいは現実の私たちの姿との乖離が生まれてしまいます。

なかなか私たちはその現実から目を背けてしまいたいのか?
気付くことができません。


仏教では、言葉や文字の限界のことを、
「不立文字」といっています。


ただ現実を生ききる境地。


日本人が本来持っていたメンタリティーこそ、
取り戻さなければならない価値があるのだと思います。
2013/06/25(火) 10:11 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
こんにちは
いつもブログを拝見していて、私の考えているユング心理学的な「無意識」と建岳さんが書かれているもうひとりの自分・無意識の定義が、もしかしたら微妙にずれているのかもしれないと思っていました。前回のコメントの回答にあった『私自身は、気分屋であったり、怠けてしまったり、すぐに意地になったり、拗ねてしまったり...」というのを読んで、「あ、これは、私の中の4歳の男の子 」とぴんと来ました。 

精神的にかなりすさんだ生活を送っていた高校生の頃には気がつかなかったのですが大人になって、むちゃくちゃな我儘勝手をしなくなってだいぶたってから、忽然とこの男の子が再登場して何もかもぶちこわそうとして、「あ、」これ、これが私の中のインナーチャイルド」と気がつきました。私の場合、この男の子の言いなりに振舞っていたら、かなり大変なことになります。なにしろ、この男の子は、あと一科目、このレポートさえ書けば晴れて卒業という最後の最後になって、おまけに、それまですべて珍しくオールAを通してきたのに、、「いやだ、レポートなんて絶対に書かない。学校なんて絶対卒業しない」と言って暴れ出すひねくれものですから。

私にとって、建岳さんがおっしゃる「もうひとりの自分に素直になること」とは、決してこの男の子の言いなりにふるまうことではなくて、この男の子が、なぜそれほどにあれはてて暴れまくっているのか、この男の子が真に怯えているものはなんなのか、なにをほしがっているのかを見極めて、その希望をかなえてあげることなのだと考えています。
2013/06/25(火) 15:24 | URL | Sakulanbo #ZPPmqLno[ 編集]
Re: No title
sakulanboさん
コメントありがとうございます。

なるほどです。
仏教そして禅宗では、「仏性」、「本来の面目」、「仏心」など様々な言葉で表されている
「もうひとりの自分」ですが、

私は、「私」という顕在意識とは別の、「もう一人の人格」のこと全てについてを想定しています。

それを別の言葉で置き換えてみると
無意識、潜在意識、下意識、es、本能などとなるかもしれないと思い、
一般的には「無意識」がいちばんしっくりくるかもしれないと使用しています。

「インナーチャイルド」という概念もまさしくそれを表していますね。
ありがとうございます。

ユングの「無意識」については、勉強不足のところがありますので、
改めて、その定義など理解をしていこうと思いますf(^^;)


そして、
時として暴れだす、厄介なもうひとりの自分。
その「もうひとりの自分」といかに向き合って生きていくのか?

多かれ少なかれ、現代社会に生きる私たち全てに突きつけられている課題だと思います。

その「もうひとりの自分」に素直になる工夫。
まさしく、
言いなりにふるまうのではなく、希望を見極めたうえでの対応の工夫です。

私の意図するところまで、
見通されていて、嬉しいですし、さすがSakulanboさんと思います。

うまくその工夫を表現できるか分かりませんが、
私なりに書いていこうと思います。
2013/06/26(水) 15:51 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。