永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素直になることの難しさ

2013.6.13

今、あなたの目の前に、
、二手に分かれている道があります。

あなたは、右の道に進もうと思います。

しかし、
不思議なことに、
あなたの意識に逆らって、

体が勝手に
左の道を進んでいってしまいます。

右に行かなきゃ
思えば思うほど、どんどん左の道を進んでいってしまいます。


「 自分自身が思い通りにならない 」


実は、私たち人間は誰しも、
程度の違いこそあれ、この不思議!?な体験をし続けている存在なのです。



これは、私たちは、
私という「 意識 」のみだけではなく、


無意識本能潜在意識esといった、もう一人の人格を、
そして、
なかなか私の言うことを聞かない、駄々っ子のような、

そんな「 もうひとりの自分・無意識 」を、
例外なく誰しもが抱えているからなのです。


そして、
その「 もう一人の自分・無意識 」が私の主導権を握ってしまっている。


このブログのメインテーマの一つといも言える、
もうひとりの自分・無意識 」で、

そのようなことを書いてきました。


前回、
自分に素直になること 」の難しさと大切さについて実感したと書きましたが、


その素直になるべき自分とは、ある意味、
まさしく、この「 もうひとりの自分・無意識 」のことなのです。


つまり、

自分の「 本能 」に素直に、
自分の「 潜在意識 」に忠実に、
・・・・・。


食欲、睡眠欲、性欲、さまざまな欲望など、
本能に素直になることが、果たして可能なのか


文章にしてみるだけでも、
怖ろしく感じてしまいます。


私たち人間は、
それらの欲望を理性でコントロールできるからこその人間であるはずです。


しかし、
だからといって、
私たちは、その「 もうひとりの自分・無意識 」を完全に無視することはできませんし、


」 が 「 無意識 」を
完璧に支配することは不可能なのです。
<続く>




※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
失礼致します。
 なるほど、何に「対して」という対象を、この場合そう捉える事が出来る様ですね。
 只、「無意識」と名づけることで、それを定義づけ、それを余すところなく確実にとらえ、調伏し、支配下におけるのかは難しい気がします。
 これが理性万能主義の限界でしょうか。
どう切り離して捉えても、厄介な事に、自分であることには変わりないので。
 そして、自分に素直になる事が、可能なのか、恐ろしく感じる。
これも良く分かります。ある意味、建前上の儀礼に則り形成されているのが、社会の枠組みであり、制度の設計であり、
道徳、倫理、等の規範、それらにお墨付きを与える権威であり、文化や文明と言う人類が守り続けている努力の体系ですものね。
 我ながら本当に「自信」が無い。「自らに信」を置いていない。自分の外のみに基準、規範、を求め頼ってしまう。
 もしかすると、信用されないと、信頼されていないと、余計にひねくれて自分の顕在意識に逆らう動きを見せるかもしれませんね。
2013/06/15(土) 09:44 | URL | y.k #-[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

私のブログの限られた表現であるのにも関わらず、

驚くほど的確に、
そして私が言及しようとしてしていた内容までも!

見事にご指摘いただいていると、
非常にありがたく感じています。

まただからこそ、
とても勉強になりますし、刺激になります。
おかげさまで、より理解が深まりました。

特に、
「 理性万能主義の限界 」というキーワード。
とても素晴らしいと感じました。

そして、まさに、
私たち人間は、社会からの要請によって、
様々な制約の中、生きているのです。

そのあたりを次回、私なりに書いていこうと思っています。

>もしかすると、信用されないと、信頼されていないと、余計に・・・。
と感じてしまうぐらい私たちにとって難しく、
しかし本当に、重要な問題ではないかと感じています。
2013/06/16(日) 00:02 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
こんにちは
潜在意識、本能、無意識...
どれがどれと考えていくとちょっと混乱します。
でも、自分に素直になることは難しいですね。
私の場合、理性ではコントロールできない
自分がいるということで、この点については、
さっさと降参してしまった気がします。
ほとんどの理屈はよくよく考えれば屁理屈の
自己正当化にすぎませんが、神の存在に
ついては、理屈で、ほぼ100%証明不可能な
ばかげたものと考えています。
でも、4歳の時に身につけてしまった信仰は
理屈でどれだけ否定しもて捨てられなかったので
あきらめました。
2013/06/19(水) 11:15 | URL | Sakulanbo #ZPPmqLno[ 編集]
Re: No title
Sakulanboさん
コメントありがとうございます。

3つ子の魂、100まででしょうか。
私自身は、気分屋であったり、怠けてしまったり、
すぐに意地になったり、拗ねてしまったり、

私の理性ではなかなかコントロールし辛い、
「もうひとりの自分」が存在します。

私たちはその「もうひとりの自分」の本当の気持ちを、
理解しているつもりであっても、なかなか理解できていないことが、
心の苦しみの根本原因になっているのだと感じます。


もうひとりの自分に、「素直になろうとすること」によって、
(とても難しいのですが)、
はじめて本当の気持ちを理解できることがあります。

このことが、
心の問題を乗り越えていく重要な鍵になるのではないかと思っています。
2013/06/19(水) 13:32 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。