永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金は大事だから、みんなが使わないでいると・・・。

2013.3.5
⇒前回からの続きです。

お金は大切です。
 イザというときのために貯めましょう。 」

「 できるだけ生活を切り詰めて
 多く蓄えて老後に備えましょう。 」


「 貯蓄は、あればあるだけ良いのです。 」


家計のやりくりなど、
お金は大切だからできるだけ使わず貯めることが奨励されることがあります。


節約清貧こそ美徳!
仏教でも「足るを知る」などの観点で語られることもあります。


これは、
ついつい浪費をしてしまう私たち人間にとって、
大切な戒めであり、
とても尊いことに間違いはありません。


とても尊い行いであることに間違いはないのですが、


しかし、
私たち全員が皆、誰も彼も、
「お金は大事、お金は大事」と
貯金ばかりに明け暮れてしまったら、

誰も、
お金を使わないのですから、

物が売れない⇒給料が下がる⇒もっと物が買えない⇒会社がつぶれる⇒・・・・
遅かれ早かれ、経済が行き詰まって
かえって暮らしにくくなってしまうのは明らかです。


大切だから
大事だからと、
自分のところにお金を貯める一つ一つの行為が素晴らしくても、

全員が行ってしまえば
実は、みんなが困ってしまうのです。


何でも経済効率を追求することが大切だということではありませんが、
金は天下の回りもの

みんながある程度、
お金を使って循環させることが、
暮らしやすい世の中つくる、重要で必須な条件でもあるのです。


今、取り組まれようとしている、
アベノミクス!?も
企業がイザという時のために蓄え続けている内部留保や、
将来不安だからという私たちの貯金を、

市場に出させて循環させようという刺激策が、
重要な柱となっているようです。 
 

この政策の細部あるいは全てなどについて、
分析や肯定、否定などをするつもりはありませんが、

お金を循環させる必要性については、
全くその通りだと思っています。



さて、この、

大切だから
 大事だからと、
 自分のところにお金を貯める一つ一つの行為が素晴らしくても、

 全員が行ってしまえば
 実は、みんなが困ってしまう。」


これは、
経済のことだけではなく、


実は、
これまで「無縁社会」で取り上げてきた、
個人の自由や権利についても、
同じようなことが言えるのだと私は思っています。

「 自由や権利は大切です
 お互いできるだけ認め合いましょう。 」

「 できるだけお互いの自由を、
 尊重できる社会を作りましょう。 」

「 自由や権利は、認められれば認められるだけ良いのです。 」


できるだけお互いの自由を認めるために、
特別な用事がない限り、訪ねていったり連絡もしない。

面倒な義理はできるだけなくしましょう

自分のことは自己責任で全て行いましょう。

個人情報については漏らしてはいけない。

・・・・・。


それら一つ一つがとても大切なことでも、
その集約された社会の姿は、

まさしく
無縁社会 」、「 疎遠社会 」、「 孤立社会 」、「 自己責任社会 」、「 匿名社会 」です。


そして今、
その只中に私たちはいるのです。


私たちは、
本当にこのような社会を望んでいるのでしょうか?


お金が大切だからと皆が溜め込んでしまえば
経済が行き詰るように、

人権が大切だからと保護する一方では、
人間関係が硬直化限定化し、地域社会が崩壊してしまう。


経済にお金の循環が必要であるならば、
地域社会にある意味での人権の制約も必要なのではないか?


もちろん、実は!?
この人権の制約は、特に新しいことではありません。


これこそ即ち
公共の福祉 」のことだと思うのです。


けれども、現代日本では、
個人の権利が何にも侵されるべきでない聖なる権利として考えられるようになってしまっているようです。

「 公共の福祉 」は今、肩身が狭いものです。
<続く>


3月18日(月)の「 終活セミナー 」のポスターができました!
終末期セミナー
是非、ご参加くださいね!





※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
 失礼致します。
 前回の私のコメントの利己的なのは必然性もあってというのと少し関係がありますが、
「金は天下の回りもの」
というのはつまり、
 古典経済学(アダム・スミス等)に影響を与えた、
バーナード・マンデヴィルの「蜂の寓話」に出てくる、
「私悪、即、公益。」
 個人の意図と全体の結果の食い違いへの驚きであり、
個人が自分の為だけに、利潤を追及したり、『得たお金を浪費』したりする結果、『全体が豊かになる』。「(利己的な)個人の悪徳は全体の美徳」ということですね。
 彼は、「誰もが飲み食いしなければならない事が、市民社会の絆になっている、、、、、利己心が社会を支えている。」
と言ったそうです。
 18世紀と今とでは、単純に比較はできないかとは思いますが、そういう話があったという事です。

 それから、そも、『人権』とは何ぞや、ということで人権について調べてみましたが、
 人権とは『人間の尊厳』の事とありました。
では、『人間の尊厳』とは何ぞや、と、調べてみました。
尊厳とは『人間の侵してはならない誇り』の事だそうです。
 個人が人間として有する権利を『相互に尊重する原理』ともありました。
 この、『相互』にと言うのが非常に重要で、『尊厳』(誇り)と言うものがどうやって獲得出来るのかを考えればわかるとおり(産まれたてのその人を誰が初めに肯定してやれるのか)、初めから『関係性』の中にこそあるのではと思います。
 そうであるのにもかかわらず、それ(人権の尊重)を求めすぎた結果、(『関係性』の中にこそ見出されるべきものの筈なのに)孤立し、無縁社会になるなら、何のための人権なのか本末転倒です。それは人権とは似て非なる非常に厄介な何かでしょう。
 『人権』 とは本来何で、何の目的であるのか、本来のところをもう一度見直す必要を感じました。
2013/03/06(水) 23:06 | URL | y.k #-[ 編集]
No title
ご無沙汰しておりました。無縁社会シリーズは興味深く拝見いたしております。

なるほど、お金と人権をならべてみると接点が見えてきますね。読んでいるうちにあることに気がついたのですが、お金と人権のちょうど間に「知識」というものもあるのでは、と思います。

ものを製造したり、都市や建物をつくる知識、医術、その他人のためになる知識は開示して共有すれば世の中は良くなるはずですが、ここでもまた「著作権」「企業秘密」なるものが介在すると話が変わってきます。
この権利の行き着く先はもろにお金です。なにか運命的なものを感じてしまわずにはいられません。

本当の職人技であれば開示したところで誰にもまねはできません。しかし工場生産業やいくらでもコピーが可能なソフト産業などはその域に入れることは無理で、企業の財産を法律で守る必要が出てきます。その根底にあるのはやはり資本主義化されたこの世の中の構造です。

人権を守ろうとすれば無縁社会が広がり、
お金をためようと思えば守銭奴社会になり、
知識を守ろうとすれば秘密主義社会になり…

世の中、風通しが悪いですね。
そろそろ桜が咲きだす頃でしょうか、またお便りいたします。
2013/03/07(木) 17:42 | URL | あやみ #-[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

「私悪、即、公益」ですか。
かなり、思い切っている言葉ですねf(^^;)

さすがにここまで言い切る勇気!?は私にはありませんが、
「色即是空、空即是色」と同じく、

相矛盾するものが
そのまま存在している現実の一面を
表している言葉だと思います。

「必要悪」という言葉もありますが、
単純でない現実の姿に翻弄されないように、
私たちは考えていかなければと思います。

人権についてもなるほどと思いました。

人権とは他人との関係性の基に成り立つのに、
人権を追求すればするほど、
その関係性が失われてしまい、
その根幹が崩れてしまうということですね。

その通りだと思います。
まさに、私たちは冷静に見つめ直していく必要があると思います。
2013/03/08(金) 21:09 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: No title
あやみさん
コメントありがとうございます。

3月に入って、
ぽかぽか陽気が続いています。
はじめは4人だったラジオ体操が13人になりました!

工夫をしながら
「顔見知り社会」を作っていきたいと思っています。


「知識」、「知的所有権」についても全くその通りですね!
なるほどです。

人権、お金、知識、
どれも大切なものでないがしろにすることはできませんが、

何事も行き過ぎては、
息苦しいし世の中になりますね。

適度な抑制、開放などの工夫が大切だと思いますし、
また、今の世の中、
急激な変化を求めてしまうことが多いのですが、

欲望に振り回され疲れ、
良いように使われてしまっていることがあると感じます。

一見では分かりにくいかもしれない先人の知恵や工夫について、
冷静に見つめ直していく姿勢が大切だと思います。
2013/03/08(金) 21:42 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。