永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過度の「個人情報保護」、もう一つの形

2013.2.11
⇒前回からの続きです。

どうして
無縁社会になってしまったのか?


現代日本では、
個人の人権、権利意識が究極にまで高まり

できるだけ他人から干渉されず
自由に自分のしたいように暮らしたいという、

私たちの願い、思い、欲望がかなりのところまで実現しています。


まだまだ足りないと、
熱心な活動をされているところもありますが、

もう既に、
パワハラ、セクハラなど、
当初の重大な人権侵害問題とは別の、

少しでもストレスを感じようものなら、
何でもハラスメントと命名され、
それらを全て無くしつくさなければならないような風潮です。

いっそのこと、
コミュニケーションを放棄してしまって
あるいはお互い最小限度に留めておいて、

個人勝手に生きることを、
できるだけ認め合いましょうとするかのような世の中です。


私たちがお互い、
干渉されず、コミュニケーションもとらず、
できるだけ自分勝手に自由に生きましょうという社会。


これこそ無縁社会そのものです。


もちろん私は、
人権や自由を軽視するべきだと言いたいのでは全くありません。

その権利を追求し過ぎたり
過度に認めすぎてしまうと、

かえって私たちは
生き辛く、苦しみの多い社会になってしまう危険性について
指摘をすること。

そして、
個人を認めながらも、
無縁社会にならないような、

バランスのとれた社会ができないものかと思っているのです。


そして以前、私はこのブログで、
個人情報保護」のし過ぎについての言及をしました。
http://eishojikengaku.blog33.fc2.com/blog-entry-287.html

無縁社会を作ってしまっている大きな要因のひとつだと思っています。


それに関連して、
もう一つ問題だと感じているのは、


個人情報を保護する意識が強まるほど
匿名社会 」になってしまう危険性についてです。


匿名社会の怖さは、
ブログツイッターをされている人は、
よく分かるのではないかと思いますが、

感情にまかせた攻撃的な文章で追求したり、
悪ふざけ面白がるのが集中して、「炎上」騒ぎになってしまうなど、

無責任他罰的
人間の持っている負の面を、むしろ強調し、むき出しにしてしまうのが「 匿名社会 」です。


これはインターネットの世界だけでなく、
実社会でも程度の違いこそあれ同じです。

匿名であればあるほど攻撃的になってしまう危険性があるのです。



一方、インターネットの世界でも、
facebookのように本名を公開するものについては、

発言それぞれに責任が発生し
おいそれと気軽に!?他人を攻撃できないという配慮雰囲気が感じられます



実は、私は、
この個人情報をあえて公開する試みこそが、

このギスギスした高ストレス社会が緩和され
無縁社会から有縁社会へと転換していくための、


非常に大きなキーポイントではないかと思っているのです。
<続く>





※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
 失礼致します。

 ハンドルネームを用いて、この場でコメントを書いている私が言う資格はないかも知れませんが、

 「発言それぞれに責任が発生し、、、。」

 という個所を読んで、
 私が高校生から大学生にかけての頃よく読んだ、
先年亡くなられた、不世出の天才と呼ばれた社会学者、
故、小室直樹博士の著作(今手元にないので恐らくですが、「新戦争論」か「昭和天皇の悲劇」かどちらかだったと思うのですが、)の中で、

 「我に自由を与えよ、さもなくば死を与えよ。」

 という言葉を引用し、
 何かを主張する者は、暗殺者の凶弾を恐れてはならない。
死を恐れる者に言論の自由を語る資格はない。
 それでしか言論の自由を守る方法はないではないか。
という事を述べておられました。

 日本で言うと、

 「板垣死すとも自由は死せず。」

 という事になるでしょうか。

 「匿名社会」と言うのは、まさにその「責任と覚悟」が、
必要無くなって、あらゆることを垂れ流せるようになってしまったという事でしょうか。

 不安や疑心暗鬼から、
直接かかわりのある当事者間の事をそっちのけで、
無責任な、

 「責任者出てこい!」

 の魔女裁判的な大合唱。
 前の回に引用した、

 「無知な善人は悪人よりたちが悪い。」

 悔しいですが痛いところを突かれていると思います。

 人権や自由を軽視するべきでは全くありません。
しかし
 本来、独立の証であった誇り高き「自由」は、
誇り高きものだったはずなのに、あまりにいびつにアンバランスになった結果、

 「これが果して我々の求めた本来の『誇り高き自由』だったのだろうか」と、
 それを求めて戦った先人がおられれば、きついお叱りを受けるのではないかと思いました。
2013/02/13(水) 20:56 | URL | y.k #-[ 編集]
No title
 長くなりなしたので2つに分けます。すみません。
 世の中本当に相矛盾するモノが入り混じって同時に存在しますね。
 どちらもがそれなりの根拠を以て成立するという処が悩ましい。
 また、お互いにその主張を発展させ、その理論を深めるほど、
 だんだん言っている事が似通っていき相通ずる部分が出てしまい、はたから見るとほとんど同じに見え、
 それでも反発しあい白黒つけようとするのが、近親憎悪的に見えるのです。(180°違う事も360°までいけば重なる。)
 そもそもの『二元論』と言うものに限界があるのでしょうか。
 一方を決め付けによりやりこめてしまえば、かえって最悪の事態を招く。
 或は、何か一方をすればするほど、反対の結果が返ってくる。
 建岳氏が、折に触れて仰る
 「色即是空 空即是色」
少しずつ感じる事が出来るようになってきていると思います。
 パワハラ、セクハラ、の件でいえば、
 それで嫌な思い、大変な思いをする人もいるでしょうから、軽く扱えない場合も多いのでしょうが、
それぞれの主観により感じ方が違うデリケートな問題だというのなら、
ならばこそ、
あくまで、当事者間のケースバイケースの積み重ねであって、
トラブルになった場合、それぞれの事情に合った解決法を、事情をよく調べたうえで第三者が公平に判定するという作業を、積み重ねる事のみが解決法であって、
広く世の中に問題を共有してもらうのは大いに結構ですが然し、事情を知らないものが、過度に、
セクハラだ、パワハラだ、と糾弾するその行為は、
すればするほど、
逆に一種のセクハラ、パワハラ、になりはしないでしょうか。
ハラシュメントを超えた暴力になる事もあるでしょう。
2013/02/14(木) 09:48 | URL | y.k #-[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

私の場合はブログでも、
名前と職業を公開しているので、

また、永正寺の副住職としての発言となるので、
かなりの責任を感じながらしていますし、

際どいものについても細心の注意をはらっているつもりです。

私の能力が至らないのは、ある意味仕方がありませんが、
(そもそも完璧な人間ではありませんので)
せめて、誠実に対応できるようにと考えています。

匿名であれば、
どれだけその呪縛!?から解き放たれて、
自由に発言できるのかと、
その誘惑に駆られそうになるぐらい!?

その匿名社会の危険性について理解しているつもりです。

そして、
二元論でしょうか。善と悪として、

悪を徹底的に無くしつくし、
全てを善にしつくしてしまおうという人間の願望がありますが、

やはり、
それは願望や欲望であって、現実の姿ではありません。

その現実の本質を理解したうえで
改善を目指していかないと、
結局堂々巡りの苦しみの連鎖、

「ヒステリックに当時関係者を責め続けて、
 次の話題に興味が移るとあっけなく忘れ去られる」
なんともやりきれない状況が生み出されてしまっています。

なかなか人間の能力では、
その現実をしっかりつかむことが難しいのですが、
やはり、とても大切なことだと思っています。
2013/02/15(金) 10:36 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。