永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無縁社会から有縁社会へ

2013.2.5
⇒前回からの続きです。

さて、私たちは
自分が利己的であることに気づかないぐらい、

利己的な存在です。


以前、⇒こちらで、

私たち人間は、
自分と身内にしか直接苦しみや悲しみを味わえない仕組みになっていて、

その他のものについては、
間接的に自分たちのことに置き換えて、初めて共感する仕組みになっていることについて書きました。


これは、変えることのできない人間の本質です。


ペットなどの動物愛護や、
ボランティア活動などにとても熱心な方でも、

かわいいから、守りたい 」
可哀想だから、何とかしたい 」
好きだから、力になりたい 」

というのはまさに、
自分のこと身内のことのように想ってするのであって、

全く愛情を感じない その他 を相手にするわけではないのです。


もちろん私は、
愛護運動などそれらの活動を否定する意図は全くありません。
ただそれらの行いすら利己的な範囲内だと指摘するのみです。


例えば、
焼肉や唐揚げを普通に食べている人が、
(牛や鶏が食用として殺されることについては問題にしなくても)

ペットだけを守りたいと思うことについてなどです。


(ともすれば、それが行き過ぎて、
 クジラの肉を食べてはいけないことだからと
 他人の行為を妨害することなどは、まさしく利己そのものですが・・・)


また、
ボランティア活動についても、

自分と全く関係や接点のないものや
嫌な対象にするのではなく、

身内のように親身に感じるからこその行いだと思います。


つまり、
私たちは他人に対して、思いやりの心を持てているつもりのようで、
実は、身内に感じられるものにしか持てない存在なのです。


そして私たちは、今、
図らずも!?

周りから余計な干渉をされず、
自分たちの自由が最大限保障される「 無縁社会 」で暮らしています。


無縁社会が進めば進むほど
隣近所の人が誰でどんな人なのか?

関係も無ければ、名前すら知らないままです。
ひょっとしたら得体の知れない恐ろしい人かもしれないと心配してしまうかもしれません。


もし、そんな隣人失業してしまったら
「 それは困った。心配だ。何とかできないか 」と

私たちは思うことができるでしょうか?


昔のように、
隣近所、顔馴染みのような人の困りごとなら、
ほっとけない 」と思わず何とかしようとするものですが、

それこそまさに「身内意識」があるからなのです。



いうならば、
無縁社会 」とは、
身内以外の、圧倒的多数の他人を作り出す社会です。


ですから、必然に思いやりに欠け
他人の苦しみは他人事、「 自己責任 」で片付けられる風潮が蔓延するのです。


そしてギスギスした「 高ストレス社会 」となるのです。


無縁社会 」と「 思いやり社会 」は
人間の本質からすれば、両立しえないものです。


私たちは、
もう一度工夫して「 有縁社会 」を作らなければならないのではないでしょうか?
<続く>





※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
昔の隣組みのように、近所中が集まって何かを出来ると良いですね。
♪とんとん とんからり~、と、隣組♪
ま、戦時中の隣組はお互いを見張らせる為の仕組みだったと聞いていますが、
味噌や米の貸し借りなど、普通に出来ていた昔は良かったですね。
近所のおじさん、おばさんもみな知っていて、悪さをすると叱ってくれる、
今の様に、見て見ぬ振りを擦るのではなく、自分の子供と同じ様に接してくれた。
それが自然に出来ていたというのは、極々、しあわせな風景でした。
2013/02/08(金) 22:45 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
Re: No title
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

そうですよね。
昔は隣組があって、隣近所が一つの家族のようで、
助け合ってきたのですよね。

もちろんしがらみ多くて、
嫌なこともあったのですが。

江戸時代の五人組なんかも、
悪いことばかりじゃなかったかもしれません。

近所中が集まって何かする!

私は、永正寺で毎朝8時から
ラジオ体操をすることにしました!
そこから地域のつながりが少し復活してほしいと思っています。
2013/02/10(日) 21:59 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
 失礼致します。江戸時代の五人組と聞くと、
 万人が万人に対しスパイであるという、いわゆる警察国家を連想しますが、江戸時代の農民に対する悲惨なイメージ?は、明治政府によって意図的に誇張された面があったという説もあるので、仰るように悪い事ばかりでは無かったかも知れません。(その辺は当時の事情を考慮に入れながらの出来る限りでの公平な研究、検証に期待します。)
 前に私のコメントに対するレスで、建岳氏は、
「自己決定、自己責任といっても何かに影響されている。
何ににも影響されない自己とはあるのか?何を以て自己とするか?」
と仰ってましたが、
 「縁」というものを考えてみたとき、
私の好きな吉本新喜劇の喜劇役者チャーリー浜さんのセリフ、
「君たち、君たちがいて、アー、僕がいる。」
これに尽きるような気がするのです。
 お互いにとってそうで在り、時系列的な順序はあるかもしれませんが、全体としては連立方程式的に成り立っているのではと思うのです。
2013/02/10(日) 23:09 | URL | y.k #-[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

仏教の代表的な法話に、
たった一人で私は存在していない。

両親、祖父母そしてその親、先祖をたどれば、
2の累乗で10代遡れば1,000人を軽く超える人があって、
初めて私という人が存在しているのです。
だから、ご先祖様を大切にしましょう。

というものがありますが、
まさに人は独りで存在しているのではないと思います。
なかなか実感しにくいものですが。

人は、一人で自由気ままに生きていきたいという欲望が誰しもありますが、

本当は、本当に独りになってしまうと、
人は、生き苦しくなってしまうということについて、
私たちと社会全体が目覚めないといけないのではないかと思っています。
2013/02/11(月) 22:29 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。