永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「六道」

法話を入門から順序良く理解しやすいように体系的に話してみたいとは思います。
その前提として必要な自分自身の仏教に対する理解と思考の体系化がまったく不完全で未熟なまま、思いつくテーマから書き出していきます。仏教そして禅に対する自分自身の理解が、いつか再構成して体系化できるほど、深化していくように期待しています。
さて、表題の「六道」は、今年の5月に臨済宗黄檗宗合同高等布教師講習会に参加した際の私自身に課せられ発表を行った課題の一部です。当面はこの講習会の課題がとっかかりになると思います。

「六道」とは地獄餓鬼畜生修羅人間の6つの世界を言います。
地獄といえば閻魔さま。針の山地獄や煮えたぎる湯や炎、そして地獄の鬼が大活躍する苦しみの極まった世界です。子どもの頃地獄の話を聞いて恐ろしかったことを微かに覚えています。
餓鬼とは、飢えと渇きに苦しむ世界です。ようやく手に入れた食べ物や水が口に入ろうとする瞬間に燃えてなくなってしまうと言われています。なんて苦しいんでしょう。お腹が膨れた餓鬼の絵は一度見たら忘れられない衝撃があります。
畜生は、けだものの世界です。貪欲、淫欲に振り回されます。本能のまま本能のみで生きていますが、これも苦しみの多い世界と言われています。人間などに使われ、利用される存在です。
修羅は闘争してやまぬ者、争う生存者といわれます。この世界も苦しみが多いとされています。
人間は、私たちが住む人間世界です。苦しみと楽しみが半々といわれています。みなさん苦しみと楽しみ半々で過ごしていますか?
そしては、楽しみのみの世界です。

私たちは生きている時の行いによって(行いが良ければより上の、悪ければより下の)、次に生まれ変わるステージが変わっていくと言われています。そして永遠にその生まれ変わりつまり輪廻転生を繰り返していく。これを六道輪廻といいます。

仏教の究極の目的って知っていますか?

この苦しみが無くならない六道輪廻のサイクルから抜け出すこと が究極の目的なんです。六道輪廻からの「解脱(げだつ)」です。別の言い方をすると、「悟りを開く」と六道輪廻のサイクルから抜け出すことができる ということなんですね。

では六道輪廻のサイクルから抜け出して、一体どのような世界に行くというのでしょう?
それが四聖の世界と言われています。<続く>
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。