永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いやりの心のパラドックス

2013.1.20
⇒前回からの続きです。

私たちは、
本質的に利己的なもので、なかなか他人のことを思いやれない存在です。


「 私は、誰に対しても思いやりの心を持っている 」
と思っていても、

実は、
自分が利己的に振舞ってしまっていることに 気がついていないだけ のことが、
非常に多いのです。

パラドックスみたいな変なお話ですが、
私たち人間は
自分が思いやりの心を持っていると勘違いしてしまうぐらい
思いやりの心を持つこと難しいのです。

( つまり、思いやりの心持っていないという自覚がある人は、
  思いやりの心を持てるように心がけ、努力する可能性がありますが

  自分に思いやりの心があると勘違いしている人は、
  その現状の自分に満足しているので、向上する可能性がありません )


ひょっとしたら
さも自分が慈愛にあふれているように勘違いしやすい性質さえ

そんな利己的な性質さえも、
私たちは必然性があって持っているのかもしれません。


( いちいち大勢の他人に共感していたら
  その大きな精神的負担に耐えられないので

  その勘違いする性質は、
  もしかしたら、精神的なリミッターのような役割としてあるのでしょうか? )


ある意味、それほどにまで、
利己的な存在である私たちです。


本当は、
本当の聖人クラスの人でないと、
その人間性を捨て去っての慈愛であふれるようにはなりません。


その聖人クラスの人は、
人類史上一体何人ぐらいいたのでしょうか?
そして今。。。


だからこそ、
私たち普通の人間が一緒に社会で暮らしていく上では、

お互いの約束事ルールなどが必要不可欠になっているのだと思います。


「できるだけ、人様に迷惑をかけないようにしよう」
などという道徳倫理

「ルールを破れば罰則」がある法律など。


そのような、
人間の現実を踏まえた工夫知恵対応策などが必要不可欠だと思います。


けれども、
どうしてもこれだけ一見平和な世の中だと、
なんだか理想社会までもう一歩と、期待と欲望が膨らんでしまって

「 私は思いやりに溢れている 」と普通の私たちが勘違いして、
「 何故、あなたは思いやりの心をもてないのか! 」と、

思いやりの心を持てているはずの人が、他人を責めたててしまうという現象さえ、
( その最たるものが、モンスターペアレンツですが )

日常起こっているのです。


さて、私たちは、
この思いやりの心を持つことを前提に、
現在の無縁社会を作っている。

あるいは無縁社会は、

私たちが思いやりの心を持たないと
成立しえない社会だと思います。


しかし、
私たちは、本質的に思いやりを持つことが難しい利己的な人間なのです。


次回以降、この辺りを述べていくつもりです。
<続く>


※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
難しい問題ですね。
自分では思いやりと思っても、他の人から見たら、お節介に見えてしまったり、
やりすぎだと思われてしまったり。
特に私たち治療家は、治療して、治癒させるのが目的ですから、
患者さんたちの心の中まで入り込んでいきやすいのです。
その様な環境の中で、何処まで入り込んで良いのか、迷う時もありますね。
下手をすると、新興宗教じみてしまうからです。
そういった中で、気喘とした自分を持って、治療に当たらねばならないと、思っています。
2013/01/20(日) 22:15 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
No title
 お邪魔いたします。
 「共産主義が、なぜ失敗したのか、それは、人間の知性や理性に無邪気なほどの期待を寄せ、理想化された人間性に幻惑され、人間性を見誤ったからだ。」
と、言っていたある評論家の話をなぜか思い出しました。
 まあ、「無縁社会」というものも「近代思想」にもとづいて設計された社会が生み出した産物でしょうから抱えている病理としての根っこが同じなのかもしれません。
 利己的に振舞っているのに気づいていないだけ。
よくあることだと思います。
前の回のコメントに、
「親の引いたレールを歩いてもらいたいというのが子供に負担になっている」というコメントがありましたが、
 身内の事を本当に思って「良かれ」というつもりで行う事でさえ、そう思っている「思いやりのある自分を押しつけて」いる事に気づかず、反撥されると、なぜ親の気持ちがわからないのか、と嘆き、場合によっては強制的に言う事を聞かせる事もあるかもしれません。(少し冷静になって考えれば、自分自身にも反抗期というものがあったなと思えるでしょうし、考えも幼稚で人生経験も少ない「若者」が言う事が頼りなく、甘く、未熟なのはむしろ当然のことで、それでも一生自分が子供の面倒を見られるわけではなく、子供の人生は子供のものだ、と思えるはずですが。)
 それは兎も角、「利己的」であることは、やはり、人間性の中に含まれ分かちがたくあるのでしょう。
 それを捨て去るというのは、ある種、「人間性を捨て去る」という事になるのでしょう。
 それを強引に捨て去るのは生き苦しいことなのかもしれません。
 だから人間の心の外にある規範としてルールとか道徳、倫理が必要なのは分ります。
(ただ自分としては、「倫理」は心の内なる規範に近いと思うし「理想社会への期待と欲望」と親和性が高いと思うので、「約束事」、「ルール」の方がしっくりきます。)
 それにしても、善き事を求めれば求めるほどハードルが高くなり生き苦しくなる。
「期待と欲望が膨らんでしまって」とありますが、それを求める事すら、「欲望」なんだと自覚しなければと改めて思いました。
 誰が言ったかは思い出せませんが、
「徳ですら節度を持たなければならない」
という言葉があります。これに当てはまるかは分りませんが、相手にそれを期待して、相手を責め立てるなど矛盾以外の何物でもなく、それこそ「節度がない」のでしょう。
 やはり前提条件としての期待値の立て方に問題があったという事かも知れません。
2013/01/20(日) 23:26 | URL | y.k #-[ 編集]
Re: No title
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

仰る通りですね。
個人の心の自由をどこまで尊重しうるのか?

施術者と患者、親と子ども、教師と生徒、友人関係、宗教家と信者など、
人間関係全てにおいて、

良かれと思ってすることが、
あるいは利他だと思ってすることが、
実は自分勝手にふるまってしまっていることがありますし、

自分が大切な人以外についての対応との落差など、
悩ましい問題と思います。

その上で、
私たち自身の行動をしていければと思っています。
2013/01/21(月) 11:49 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

現在は少子化で、大切な子どもに愛情を注いで、
立派で、無事で、自分の思い通りの人に育ってほしいという、

愛とか願望とか欲望とかが複雑に混じってしまっている思いを、
より子どもに強制とか、影響を与えやすい社会になっています。

教育あるいは政治について、
正確な現実の人間理解をおろそかにして、
勝手に期待値を高めて、理想状態を追い求めてしまうこと、
それこそが苦しみの原因になってしまっているのです。

「 徳ですら節度を持たなければならない 」
初めて目にした言葉ですがその通りですね。

まさに仏教の本質と同じです。
2013/01/21(月) 12:02 | URL | 建岳 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/01/24(木) 17:48 | | #[ 編集]
般若心経
「般若心経」の本を少し読みました。262文字に般若経の本質が書かれているというので興味を持って。
「空」についてはよく理解できませんでした。
「無」については、今までの自分の既成概念を捨て、そこから新しい自分の概念を構築していきなさいということでしょうか?
2013/01/24(木) 21:11 | URL | タンポポ大好き #C9/gA75Q[ 編集]
Re: 般若心経
タンポポ大好きさん
コメントありがとうございます。

般若心経は、仏教の真髄ともいえる「無」や「空」の境地と262文字で表したものだといわれています。
ただ、その意味は文面をおって理解しようとすると、ある意味その文面自体が矛盾しているので、
その理解は難しいものですね。

私なりに解説を試みていますので、
よろしければ、是非お読みいただければと思います。
http://eishojikengaku.blog33.fc2.com/blog-category-25.html

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2013/01/25(金) 16:39 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
こんにちは
「自分が思いやりの心を持っていると勘違いしてしまうくらい...」というのはいいですね。
多分、その昔、米国で流行ったらしい歌に歌詞に、「地獄への道は善意で満ち溢れている」なんていうのがありました。

本当の意味での人への思いやりというのは、あるいは感じたことがないかもしれません。聖書に「どのような立派な行いも愛がなければまったく無意味である」というような言葉があって、どういうことなのかいまだによくわからないのですが、お菓子を焼く時だけは、とっても温かな気持ちで、私の心のありったけを注いで作っているのがわかるのです。(あ、気分が乗っている時だけですが)。同じ思いを、人に対しても持てたらいいなあと思うのですけれど…
2013/01/28(月) 01:43 | URL | Sakulanbo #ZPPmqLno[ 編集]
Re: No title
Sakulanboさん
コメントありがとうございます。

「地獄への道は善意で満ち溢れている」ですか。
刺激的な言葉ですが、確かに的を得ていますね。

ローマ時代のカエサルの言葉として、
「悪い結果であることのほとんどは、はじめは善意からはじまっている」
というものがありますが、
実に悩ましい人間性を表していると思います。
私を含め多くの人は、なかなか本当の意味でこの現実に気づけないものですね。

それから、
「愛」については私ではとても手が出せない難しい問題ですf(^^;)
いつか私も考察したいと思っています。

心を注いだ作品は、美しく、そして美味しいのですよね♪
芸術作品などはその注いだ分の心が、
何らかの形で伝わるからこそ評価されるのかな?と感じます。

私もそのような心を注ぐ時間を作っていきたいと思っています♪
2013/01/28(月) 20:06 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
 失礼致します。
 「地獄への道は善意で満ち溢れている。(塗り固められている。)」を調べてみたところ、
 フランスかドイツあたりの古い諺だそうで、一番最初に言ったのは誰か定かではありませんが、カール・マルクスも言っていたそうです。
 建岳氏の仰るカエサルの言葉も紹介されていましたが、同じ系統に属する引用として、
 フィレンツェ共和国外交書記官ニッコロ・マキャァヴェッリの、
「天国へ行くための最も有効な方法は、地獄への道を熟知することだ。」
という言葉も紹介されておりました。
 後智慧からならいくらでも批判は出来るが、国家も個人も「何が正しいかは結果からしかわからない」ので、その判断と行動は、一寸先は闇であり運命の分かれ道です。
 (用意された正しい道、正しい教えなどありはしないと覚悟を決め)当然政治は「結果主義」ですが、だからこそ場合によっては道徳、倫理、社会正義、その時代の常識と切り離し、極論すると「結果として成功」なら、どんなえげつない方法がとられても「途中の過程を正当化」できる。
 逆に「良かれと思いする事」でも、結果が悪ければ、どんな理想的な綺麗なやり方でも「負ければ賊軍」であるという、厳しいリアルを生きた彼らだからこそ説得力があるのでしょう。
 「無知な善人は悪人以上に性質が悪い」という引用も載っていました。
 ただ、ここまで言い切られるともう私自身はついていけくなるので、「無知な小市民」であるという身の程だけは、わきまえておこうと思います。
2013/02/08(金) 11:33 | URL | y.k #-[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

仰られていること、全くそのとおりだと共感しますし、
マルクスやマキャァヴェッリんついては勉強になりました。
ありがとうございますm(_ _)m

今の世の中は、
結果論から批判することが多すぎます。
そして、
良い思い、悪い思いについてのとらわれも非常に根強く存在しています。

私は、ある意味、
人間の善意や悪意は、薄皮一枚の紙一重の違いしかないと思いますし、
ある意味浅はかな人間の思いにとらわれることなく、

そのような良い悪いの判断をできるだけ除いた
現実のありのままを理解する努力が大切なのだと思っています。

と言いつつ私ももちろん、
「無知な小市民」の身の程をわきまえなければなりませんがf(^^;)
2013/02/10(日) 21:53 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。