永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利己的な人間性

2013.1.10
⇒前回からの続きです。

私たち人間というものは、

本質的に、そもそも、
なかなか他人のことを思いやれない存在だということを、

前回述べました。


それでは、
どうしたら良いのでしょうか?


私たちは「 思いやりの心 」を
なかなか持つことができないので、
人間教育や、倫理、道徳などのものを、

繰り返し繰り返し、折にふれ、
その重要さを説き続けていくことが最も大切なことでしょうか?


あるいは、テレビなどで、
身を呈して他人を救った英雄のストーリーを、
人の本来あるべき姿として取り上げ、

とても素晴らしい話としてスポットをあてるような番組を、
どんどん増やしていけばいいのでしょうか?



もちろん、それらの取り組みは、
一定の効果を生み出しますし、

絶対に無くしてしまってはいけないものだと思っています。


けれども、
あまり過度にやりすぎると、
説教じみてしまって!?
かえって嫌がられてしまうことになるのかもしれません。


また、そもそも私たちは誰しも

「 誰よりも幸せになりたい
「 誰よりもお金持ちになりたい 」
「 誰よりも人気者になりたい 」
うらやましいと思われたい 」
「 誰よりも、才能が欲しい 」

「 私の子どもは、誰より可愛い
「 私の子どもにスターになって欲しい 」

「 私の国は、どこよりも素晴らしい 」

などと根強く思い、願い続けているある意味身勝手な存在なのですが、
ごく一部の聖人クラスの人を除けば、
その本質が大きく変容することは現実問題考えられません


( ちなみに、上記の言い方だと欲望に直接過ぎて、

 「 私の輝いている瞬間が一番好き 」
 「 夢を追いかけている 」
 「 私は子どもに、無上の愛をそそいでいる 」
 「 I love Japan 」 

  などと耳障りが良くなるような言い換えを、
  無自覚に悪気無く行っている傾向がありますが、

  耳障りが良いからといって、
  思いやりの心があるとは限りません。 )  


私たちは、人間について
その良い悪いの評価は横において、

そもそも
そのような利己的なものだという現実の視点に立って、

より地に足の着いた対応を考えていくべきだと思っています。
<続く>


※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
本質を見失わないように何度も示唆下さり、有難うございますm(__)m
大般若祈祷会が無事に終わられたことを、お慶び申し上げます^^

いつか四国旅行に参るときには、そういう行事に合わせて、陰からこっそり建岳さんを拝見するのが私の夢です♪

小冊子「宗教の危険性」が届きました!フェイスブックでのやりとりを存じなかったので、興味深かったです! 本当に有難うございましたm(__)m

今回の記事ですが、
「自分さえ良ければ」「我が身が一番可愛い」みたいな発想は、おっしゃるとおり、人間の本質です……orz.

とても悲しいことですが、その通りです。

半端に人へ期待していた自分の考えは押し付けにすぎない、と気づき、恥ずかしくなりました。

いつも真正面からの正直で誠実なお言葉を有難うございます。

それなのに、 「 私は子どもに、無上の愛をそそいでいる 」みたいなおためごかしで自己弁護するのは、

「寒い」だけでなく「寒いのをどうにかしたい」という余計な心を持つのと同じなのですね?

以前の記事で建岳さんがそう教えてくださったことを思い出しました。

昨日、「今、自分は利己的な発想をしているな」と気づかずに、「しょうがないじゃない。だって・・・」と、余計な自己正当化を昨日も考えました。

今日からは「寒い」を「寒い」だけにとどめて、一回でも多く、自己中な自分から目をそらさないようにしたいです。

何度も建岳さんからこう教えられ、いつも一度は分かったような気持ちになっているのに、

しっかり心に落ちていなかったり、すぐに忘れたりして、全然なっていなくて、恥ずかしいです。

こうして、いろんな例や言葉を尽くしながら、教えてくださるおかげで、自覚できました。本当に有難うございます。

「では、どうしたらいいのか?」という続きを楽しみにしております! 
2013/01/12(土) 10:45 | URL | 多聞あろ #4n3Myn9Y[ 編集]
No title
 今晩は、お邪魔いたします。
 「身も蓋もない」(失礼)と評している方が居られましたが、視線をそらさずまっすぐ見つめる鋭い人間観察だと思います。
 あまりに綺麗事にはしると前提条件や本当のところが見えて来ず甘い見通し(クリアするにはレベルが高すぎる)しか立たずに失敗するのでしょう。
 そして今、自分自身を省みれば、「とても素晴らしい話」を誰かに説教したりするのは、言った事が自分に跳ね返ってくるというか、自分に刃物を突きたてるような気分になり、とても耐えられそうにありません。(それでも立場上教育者としてその様に振舞い、よき大人の手本としてそんな話をしなければならない学校の先生は大変ですね。自分にはできない芸当だ。)そんなヘタレですが、そのくせ立派な行為をした人の話を聞くと憧れたり感動したりと、これまた身勝手な矛盾を抱えていたりします。
 前回の内容も含め、痛いところを突いているなと思いました。鋭い指摘有難うございます。
2013/01/12(土) 20:12 | URL | y.k #-[ 編集]
Re: 本質を見失わないように何度も示唆下さり、有難うございますm(__)m
多聞あろさん
コメントありがとうございます。

実は、
私自身がとても自己中心的な人間ですのでf(^^;)
余計によく実感できてしまっていますし、

ここ数日、そのせいで失敗をしてしまい、
お相手の方に、大変申し訳ない態度をとってしまったと、
丁度、反省をしているところですm(_ _)m

私自身がなかなかできていないことですから、
恥ずかしいことですし、悩ましいものです。


また、最近の風潮では、
耳障りの良い言葉に置き換えて、自己中心的な考え方の罪悪感を薄めていくようなことが、
さまざまな場面で感じられます。

私たちは、そのような時こそ、
現実を正しく見る「正見」でもって挑んでいかなければならないのだと思っています。

明快な解決法は残念ながらありませんが、
これからひとつ提言をしていくつもりですので、どうぞよろしくお願いいたします。


あっ!それから、
私のお寺は、愛知県にありますから、
四国に行かれるほど、遠くではありませんからf(^^;)

お近くに来られることがあったらぜひお寄りくださいね♪
お抹茶を一服差し上げます♪
2013/01/13(日) 21:39 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

私たちは希望や願望で、
人を単純な理想状態で理解しようとしがちですが、

現実の人間は、
「身勝手な矛盾」を抱えていたり、
とても複雑でよくわからないような、悩ましく難しい存在だと思います。

そのありのままの姿を、
正しく見ていこうとする姿勢を持っていたいと思います。

その上でどうして行けばいいのか考えて行きたいと思っています。
2013/01/13(日) 21:52 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
本当に、人というのはつくづく利己的な存在だと思います。ここ数日小さなゴタゴタがあって、自分の心の小ささを実感させられました。
開き直りではありませんが、人とは本来利己的なもの。生物学的にそのようにプログラムされているものと思うと、自分の行為がなんとなく許せる気がしてきて、そうすると、人のことも許せる気になってきます。実に自分勝手な自己肯定なのですけれども。
私の最近のモットーは、「人を羨んだり妬んだりしないために、まずは自分が幸せになろう」というものなのですが、ますます自分勝手ですね(笑)
2013/01/15(火) 14:11 | URL | Sakulanbo #ZPPmqLno[ 編集]
No title
小冊子、ありがとうございました。ここの所、老眼が進んで、「うっ!」と思いながら読ませていただきました。
本当に、人間というものは、利己的な存在なんですね。
私にも娘と息子が居ますが、親の引いたレールの上を走って貰いたい、
という気持ちがとても強くて、彼らには重荷になってしまっているようです。
もっと、謙虚にならなければいけないな、と、子供をを通して、思いました。
2013/01/15(火) 22:13 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
No title
 度々失礼致します。
 Sakulanbo様、白い月の風様のコメントを読ませて頂いて、
「人というのが利己的な存在である」というのを、わきまえたうえでなら、その「ありのままの姿」で、寧ろそれでよいではないかと思えました。
 誰が代わってくれるわけでない「その人自身の人生」なのだから、「自己中心的」である事を、安易にではなくしっかり認識したうえでなら、Sakulannbo様の生き方は大いに肯定したいと思いました。
 それは「開き直り」ではなく、「あきらめ」でもなく「覚悟」だと思います。
 自分がそうであるなら、相手に対しても其れを認める。
自分のご子息に対してもそれを認めるという事にお気づきになられた白い月の風様もそうであられると思います。
 (何か、すごく偉そうなことを書いて申し訳ありません。そういうおまえはどうなんだと言われるとただただ平伏するしかありません。)
2013/01/16(水) 11:59 | URL | y.k #-[ 編集]
Re: No title
Sakulanboさん
コメントありがとうございます。

仰られていることとてもよく分かります。
私も、自分の心の狭さで、ここ数日失敗していまして、
複雑な思いの中、過ごしています。

自分の心に余裕が無い時は、
他人に対して優しくすることがとても難しいので、

まず自分の心の余裕を作り出そう、まず自分自身が幸せになろうと、
よくそんな思いを抱きます。

無理して自分や他人を理想的な型にはめることは辛いことですし、
なかなかできませんので、

現実の利己的な人間性については、
ある意味あきらめて、だからこその協力関係をつくろうとする方が、
私たちにとってより良いのだと感じています。
2013/01/16(水) 19:52 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: No title
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

小冊子の件、ありがとうございます♪
ちょっと文字が小さかったかもしれませんねf(^^;)
すいませんm(_ _)m

自分自身も、周りの人も、政治も、経済も、
すべて自分の思うようになって欲しいと思ってしまう私ですがf(^^;)

本当は、水のようにさらさらと
どのようにも形を変化させられる心でありたいと思っています。
(程遠いにも程がありますが・・・)
2013/01/16(水) 19:59 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

ある意味、現実的でない理想論に振り回され、
自分も周りも苦しめてしまうなら、

その現実を認めてしまって、
現実的な対応策を工夫するほうがより良いのだと思います。

何故上手くいかないのか?と精神的に追い込まれるのでなく、
もともと上手くいかないものだからと現実を認識し、
ではどうするかを考える!

仏教的思考法の真髄ですね♪
2013/01/16(水) 20:05 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。