永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「思いやりの心」の限界

2012.12.9


思いやりの心 」は大切です。


様々な事件が起こるたびに、
あるいは
身近なことでも、

他人の苦しみや悲しみを理解すること、
共感することなど、

あらゆるところで
思いやりの心が大切だといわれています。


場合によっては、
「 思いやりの心を持てないのは、人間じゃない鬼や畜生だ


などと言われることがあります。


しかし、
これほど「思いやりの心」が大切だと強調されても、
つい自分優先で考えてしまったり、

なかなか
簡単に出来ないからこそ、

余計に
「 思いやりの心 」の重要性が叫ばれているのかとも思います。


教育的課題でも、
どうしたら「 思いやりの心 」を育成することができるのか?
政治的課題でも
どうしたら「 思いやりの心 」を育む社会を作ることができるのか?


ちょうど
選挙を行っていますから、
候補者の中には「 思いやりの心 」を訴えている方もいると思います。


どうしたら、
他人の苦しみや悲しみに共感する心、
理解する気持ちが生まれるのか?


「 思いやりの心 」の大切さを一生懸命に説き続ければ
私たちは皆、本当に「思いやりの心を持つことができるでしょうか



実は、
私たち自身をよく振り返って考えてみますと、


私たち人間というものは、
そもそも、

私自身」と、私を含めた「身内」のことしか、
そのままその苦しみや悲しみを味わうことができません

もともとそうなっているのです。

つまり、
別の言い方をすると、

他人の苦しみや悲しみについては、
そもそも共感できず理解もできない性質を、私たちは持っているのです。


こう言うと、

「 そんなことはありません。
  私はちゃんと他の人の痛みや悲しみにちゃんと共感できています。 」

と感じられるかもしれませんが、



そういう方にこそ、是非、
次にあげる例を通して、
自分自身の心についてよく振り返ってみていただきたいと思います。



まず、
私自身の苦しみ、痛み、悲しみについて想像してみてください。

失恋した」「怒られた」「病気をした」「怪我をした」「お金がない」

これらの感情は、
実際に私自身が大いに苦しみを味わうことが想像できます。



そして次に、今度は
身近で大切子ども、親、恋人などの身内について、

同じように
「失恋した」「病気になった」「失業した」
などと想像してみます。

すると
自分自身がなった時とほぼ同様な衝撃や苦しみを感じることがありますし、

場合によっては、私自身の苦しみ以上のものを味わうこともありますし、

大切な身内に大きな危険が迫っていれば、
思わず身を呈して守ろうとしたり、
できればその苦しみを替わってあげたいとさえ思うものです。


人間の本能の一面です。



では、次に、
全く赤の他人」について同じように想像してみてください。

果たして
全く同じように感じることができるでしょうか?

私は、
身を呈してその危険を回避しようとするのか?
本当にその苦しみについて自然に共感できるようになっているのでしょうか?


さらによく、素直に、
自分の心を観察してみると、


他人の苦しみについて共感するということは、

実は、
その他人の苦しみを
私が同じ目にあっていたらと思うと辛い 」
大切な身内のことだと思うと悲しい 」

決して他人事だと思えない

などと、瞬時に、
自分、あるいは身内の苦しみに変換して
あたかも私の苦しみのごとく共感する仕組みになっていることに気づかないでしょうか?


つまり、
私たちは、私自身と身内の苦しみについては自然に共感することができますが、

私たちは、「他人の痛み」を直接感じることはできないのです。
それを自分のことのように置き換えて初めて、間接的にその痛みに共感ができるものなのです。


ある意味、
思いやりの心 」にあふれている人とは、
つまり、他人の痛みをあたかも私自身の苦しみに変換する能力の高い人であり、

「 思いやりの心 」が無いといわれる人は、
その置き換え能力が低いということなのです。



この
他人」と「身内」についての私たちの心の決定的な断絶
その本質的な人間性について、正確に理解をすることが大切だと思っています。



さて、
大変長い前置きで申し訳ありませんが、、、


本当に長くなってしまったので次回に続きます。
<続く>



※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。




「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/12/11(火) 13:47 | | #[ 編集]
No title
私は、37歳の時に、椎間板を3つ潰し、3年間程も寝たきりの生活を送りました。
その生活を変えてくれたのが、気功治療であり、それを補ってくれたのが、
鍼灸、漢方薬、そして、何より、今の主治医との出会いでした。
病院では「寝たきりか、車椅子になるよ」と、言われていた私を、
気功治療の師匠、そして、身体中が腫れるほどの蕁麻疹を根気よく治療してくれた主治医、鍼灸の師匠、
この3人のお陰で、今の鍼灸師として、「人を治療する立場」の自分があります。
寝たきりで、再起不能を宣告されたに近い私が立ち上がれたのは、矢張り「治療家」という、「人」のお陰でした。
だから、自分も、そういう人の立場に立って、人を癒したい。
それが、鍼灸師になったきっかけです。
だから、どうしても患者さんに入れ込んでしまって、
1人30分の治療のところを、2時間もかかって診てしまったり、無農薬の野菜を届けたりと、
つい、治療家以上の事をしてしまいます。
仕事と、自分の気持ちとが割り切って考えられない事が、今は問題ですね。
2012/12/11(火) 23:56 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
Re: No title
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

様々なご縁と大変なご経験が今をつくっていらっしゃいますね。

心の底から有難さや感謝を感じ、またそれを拠りどころとして、
そして今度は施術者として患者さんの苦しみを和らげ、癒されていく。

なかなかできることではありませんし、敬意を持ちます。

確かに、仕事と気持ちの区切りは難しい問題だと思います。
2012/12/13(木) 11:47 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
こんにちは
最近、結局、究極状態では、自分や身内(特に子供)のことくらいしか考えられないのが人間なんだなあと思うようになりました。子供の頃から、他人を思いやらない人や、家族と他人を大きく区別する人たちのことがとっても不思議だったのですが、私がそう思うのは、たまたま、いつも恵まれた立場にあって他の人を思いやれる立場にいたからなのですね。追い詰められたら私も同じように、まず自分第一ってなるかもしれないなあって思っています。本当に徳の高い人というのは、傍目には不幸と思われるような状況や物質的な欠乏状態にあっても、他の人を思いやれる人なのでしょうね、きっと、
2012/12/13(木) 14:32 | URL | Sakulanbo #ZPPmqLno[ 編集]
No title
 失礼致します。「身内」と「赤の他人」と言うのは、もう少し広く言うと、以前私がコメントで書いた、中学生の事についての新聞記事の、「親密圏(共同体内、世間体が気になる範囲、部族内、おらが村)」と「公共圏(共同体外、よそ者、独立した市民の集合、世間体では無く公徳心が必要な範囲)」に、分かたれるのではないでしょうか。「親密圏」では村八分に逢わぬよう神経をすり減らす中学生が、コンビニ前などの「公共圏」では迷惑お構いなしで有る。どういう事か、
2012/12/14(金) 14:48 | URL | yk #-[ 編集]
No title
「共同体内」と「共同体外」はそれこそ決定的な断絶があり、ルールも違うダブルスタンダードである。
共同体内を守るためなら、よそ者はどうなってもかまわないと、言うものです。其の善悪は此処では問いませんが、その共同体自体が今では崩壊して寄る辺ない個人に分断されていると思います。
2012/12/14(金) 15:09 | URL | yk #-[ 編集]
No title
 例えば、日本の公害問題に対して書かれた本の中の内容の一部ですが、戦後、天皇崇拝や村落共同体の衰退の受け皿になったのは、本来は「共同体」ではなく「機能集団」である筈の「企業」でした。(日本型経営。終身雇用。勤め先をわが社と呼ぶ事。電車でお年寄りには席を譲らないのに上司には譲る事。会社家族主義。等ですね。寧ろ戦前の方がドライでモダンな資本主義労働市場だったとの指摘もあります。)そんな日本では、「内部告発」は行われない。自分の勤め先が公害の発生源であるとわかっていても、それを「チクる」ことは、恩義のある勤め先を裏切り、利益や社会的信用を失墜せしめるのみならず、そこで働く多くの人やその家族の名誉を失墜させ、職場を奪い、路頭に迷わせるかも知れない。それを秤にかけた時、「公害に苦しむ地元住民」は、残酷なことだが、「所詮よそ者」と言う事になる。という事でした。度々ですがその是非善悪は此処では問いません。しかしそれほど強固であった「企業共同体、愛社精神、会社家族主義、」も「失われた20年」ですっかり衰退したと思います。(長すぎて1つにまとまらず3回に分けましたすみません。)
2012/12/14(金) 17:42 | URL | yk #-[ 編集]
Re: No title
Sakulanboさん
コメントありがとうございます。

私は両親が共に教員の家庭に生まれ育ちましたので、
経済的には問題なく、安定していて、
殺伐とするような危機感を感じることがありませんでしたので、
(決して裕福なお金持ちではなかったと思いますが)

比較的金銭面で、楽観的に考えるたちで、
だからこそ、他人のことまで考える余裕のある時期があったと思います。

でも結構、今はぎちぎちしていますがf(^^;)

自分に余裕がないときにも他人を思いやれるのか?
私には、全然できないことです。まさにエゴを滅しつくす境地ですね。

マザーテレサなどの聖人が思い浮かびます。
2012/12/14(金) 19:01 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

ムラ意識、共同体の仲間意識が、
その他について攻撃的になり、身内を守るダブルスタンダードとなることは、
よくわかります。

今でも原子力ムラはあるのでしょうし、
マスコミ権力についても同じことを感じますし、
その他さまざまありうると思います。

そのあたりのダブルスタンダードについては
今回のテーマのつもりではありませんでしたが、
関連してくるかもしれませんので、検討してみようと思います。
2012/12/14(金) 19:21 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
 度々失礼致します。「前回のプライバシーの無い時代」に続いて、「古き良く時代」とされるあたりの事について、そのマイナス面を取り上げ否定的なコメントの様になってしまってないかと思いまして、、、。
 決して否定される事ばかりではない。失われた「よき伝統」もあると申し添えておきたいと思います。
 それこそ「身内」のごとく付き合い、思いやり、心配しあい、相互扶助を行い、世話焼きな人、おせっかいな人、がいる「親密圏」の濃い時代の良い面にノスタルジーを感じる人がいるのも無理なからぬ事と思っております。(但し、ドロドロしたいやらしい部分、理不尽な部分と、切り離すことが出来ないと言いたかったのです。)
 企業共同体にしても、良い面があり、バブルがはじけるまでの、或ははじけても、その後の数年間位までのサラリーマンにとって(会社の一員だという)よき人生を与えるものだったと思います。
 これもある人の分析ですが、拠って立つ基盤としての「共同体の崩壊」が、大きな問題で、しかも日本は遅れて「近代社会」になったせいで、「親密圏」で通用するルール、「世間様」に対しての顔向け(世間体)、までしかなく、それを全体にあてはめようとした事(恣意的にあてはめようとして当てはまったのか私としては疑問ですが)。本当なら、「独立した個人」を育成し、それにより成り立つ「市民社会」、「公共圏でのルール」(それこそ信念や信仰、行動様式の違う、よそ者同士が相手の立場を尊重する(思想、良心の自由と言う事も含め)ことが前提の「共同とすみ分けのルール」)を作り、公徳心を養わねばならない筈であった事。というのを聞いた事があります。(ただ、相手の立場を尊重するのは重要だし、それぞれの信念と言うデリケートな問題を孕むのは分るが、(「思想、信条、良心の自由」、別名、「悪魔の自由」、「面従腹背の自由」、も良く理解できるが、)すみ分けは極端になり過ぎると、それこそ過度なプライバシー重視に近づくと思います。
 さて、今の時代に合わせたものをどう模索していくか、という事ですね。
2012/12/15(土) 21:20 | URL | yk #-[ 編集]
Re: No title
ykさん
コメントありがとうございます。

様々な概念が交差する難しい内容の引用で、
私には少々、理解がむずかしいく特にありませんが、

単にノスタルジックでもなく、マイナス面だけでもなく、
できるだけシンプルに考えていく姿勢を持ちたいものと感じます。
2012/12/19(水) 20:59 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。