永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライバシーの無い時代

2012.11.28


今ではなかなか考えられませんが、

昔は
プライバシーという考え方概念がそもそもありませんでした


あそこのところの夫婦は仲が悪い。今、大変だそうだ! 」

噂は
人に口に戸は立てられないと、
当然のごとく、さしたる悪気も無く、
家の周りに知れ渡っていました


「 あそこの息子は出来が良い
「 あのやんちゃ坊はどうにもならん 」


となり近所、地域で、
言わば、「 個人情報共有グループ 」が出来上がっていたのです。


だから昔は、
教育の躾の問題や、夫婦の問題などについても、

近所の人が心配したり
忠告や諌めにいくことがあったり、


醤油が足りなければ、
ちょっとお隣にもらいにいったり、
おかずが余ったら、
「どうですか?」と配ったり、

子どもが悪さをしていたら、
近所のガンコ親父!?が怒ったり、


何も用事が無くても、
隣の家に上がりこんで、話し込んだり、将棋をしたり、


ちょっと子どもの面倒を見て欲しい
と隣の家に預けたり、



結構そんな日常が、
当たり前にあったらしいのです。昔は


さすがに私もリアルタイムでは、
あまりその実感はない世代だと思いますが、
今よりは余程、「ご近所さん」付き合いがあったと記憶しています。


また、
映画や落語などでその様子が伺えます。



今の、
個人情報完全!?秘密主義の時代には考えられないことです。



もちろん、
昔は良いことばかりだったと懐古主義でもありません。


周りの目が気になって、
自由に生活が出来ずに息苦しい

地域のしがらみで、
様々な行事ごとへの参加や役員、世話役をしなければならない。

個人的な問題に他人が介入してくる

結婚相手が本人の意思と関係なく決まってしまっている。


など、
様々な問題もあっただろうと思います。



しかし私には、
今のこの個人情報徹底!?秘密主義とは、


私たちの
本来の人間性を踏まえると、

非常に危険な社会システムではないかと思えます。


次回以降、
その辺りを述べていくつもりです。
<続く>



※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。




「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
 本日二回目のコメントとなります。よろしくお願いします。
 私は老人介護の仕事をしておりますが、この仕事に就くための資格を取るための講習の内容の中に、
 あまりに自立と言う事を強調し過ぎた社会という問題の内容での話し合いがあり、意見の中に、
「ヒマラヤに籠もりて幾星霜の様な、世捨て人となってどこか山奥で自給生活でもしない限り、
互恵関係と完全に無縁な生活など無いはずで、、、。」
というのがありました。
 ところで私の母は、昭和30年代後半、中国地方の片田舎から、当時としては大都会であった兵庫県神戸市に出てきました。
 都会へのあこがれと、それこそ、
「地域のしがらみ」や「他人が介入してくる」
等の、世間というものの持つ息苦しさや、由来や根拠が分らないまま従わされる共同体ルール(それこそ今考えれば人権問題になりそうな不条理な因習、しきたり、差別、)からの逃避があったようです。
 何か一方に偏り過ぎはバランスがとれませんね。
 無縁社会が言われる一方では、
これはある新聞記事の内容ですが、
 人生で中学時代が一番しんどいと思うという事。
とにかく友人関係に気を使い、空気を読み、常に周りの反応を見て立ち位置を決め、キャラを演じる、(これに失敗するといじめという問題が出てくるのだろう。)携帯やネットの普及で、家に帰っても「即レスしなきゃ」と気を使う。狭い『世間』の中で、同調圧力に晒されながら生きている。
「親密圏」が、重たすぎる。
 コンビニの前でよくたむろしているが、彼らは礼儀知らずなのではない。寧ろ、仲間内(彼らにとって共同体内)では村八分に合わないため、気を遣いすぎて消耗している。でも周りの「公共圏(彼らにとっては余所者)」には目が届かず、迷惑お構いなしで有る。、、、
と、言う内容でした。
 もちろんこれは中学生の話なので後1~2年成長すれば、人との距離の取り方を学んでいくのかもしれませんが、
携帯電話(メールという新しい形態の電報)とインターネットが、世間というものの構成要素に入り込んできたなとも思います。これを良い方向に生かす事も考えなければとも思いましたし、兎に角、極端な方向はいかんなあとおもいました。

「プライバシーという概念がない社会」(ある面ユル過ぎ)も、逆に
「個人情報徹底!?秘密主義」(ある面キツ過ぎ)も、
それぞれにそれゆえのキツい部分があるなと思いました。
2012/11/29(木) 00:46 | URL | y.k #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/30(金) 03:45 | | #[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

仰るとおりだと思います。
どちらも、行き過ぎてはいけない。

つまり、中道が程良いのだと思います。

現状は、
保護に偏りすぎていると感じています。

そのバランスをとる方法が
なかなか現実的には難しく、具体的な提案ができないのですが、
まず、問題点を私たちが認識することが第一歩と思っています。
2012/11/30(金) 13:16 | URL | 建岳 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/30(金) 16:44 | | #[ 編集]
No title
本当に、今はお隣の人とも挨拶もしない、という時代になってしまいました。
私の住んでいるのは、北埼玉の田舎町なので、まだ共同社会の名残が残っています。
が、新しく越してきた方には、どうにも受け入れ難いようです。
私が嫁に来た20数年前には当たり前だったことが既に過去になり、
一寸昔を知っている人間には寂しい部分もあります。
が、気楽に暮らせるのは確かです。
人とのお付き合い、何処に線引きをするか、難しいところですね。
2012/11/30(金) 23:03 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
Re: No title
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

地域のしがらみがなくなった分、
本当に、気楽に生きることができるようになりました。

実は、私たちは、
その分、だんだん自分勝手になってしまっていると思います。

個々が幸せで何も問題がないうちは良いのですが、
問題を抱えてしまった時に、
公的サービスしか頼るところがないのが現状です。

まさに、どのように線引きするのか、難しいところです。
2012/12/02(日) 09:22 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
こんにちは
最近の日本の事情にはすっかり疎くなってしまったのですが、確かに、今の日本はプライバシーを尊重しすぎて、横のつながりが希薄になってしまっているかもしれませんね。逆に、アメリカの田舎に住んでいると、、日本人同士がどうしてもかたまるので、お向かいのアパートの日本人の男の子が、「お醤油をかしてください」とやってきた時には驚きました。今の場所はそんなことはないのですが。
続き、楽しみにしています。
2012/12/05(水) 15:52 | URL | Sakulanbo #ZPPmqLno[ 編集]
Re: No title
Sakulanboさん
コメントありがとうございます。

そうですか。
アメリカでは日本人同士のコミュニティーがあったりするのですね。
なるほど。

「お醤油をかしてください」は
(近くのコンビ二行ってください!)というような感じですから、
今の日本では、きっと全くないことだと思います。


「無縁社会」は先進国共通の課題で、
やはり個人の自由、人権、権利を守れば守るほど、
人と人との距離が疎遠になってしまうことが大きな要因だと思います。
2012/12/07(金) 13:20 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
「結婚相手が本人の意思と関係なく決まってしまっている」
そうです、昔は親同士が結婚相手を決めたんです。
「家」と「家」の意識が高かった時代がありました。

今は自由恋愛、個人の意志尊重の時代。
しかし本人同士の意志でしたはずの結婚が簡単に破綻する。
我慢が足りなくなってきてるのか、ほんとうに考えさせられる問題です。

物が豊かになりすぎて、心がすさんでいる典型的な例ですね。
2012/12/09(日) 01:05 | URL | 津島宝秀 #VXwPhBak[ 編集]
Re: No title
津島宝秀さん
コメントありがとうございます。

人は自由になればなるだけ、
別の不自由を抱えてしまうものですね。

色即是空、空即是色です。

不自由な時代のしがらみや
許嫁など、身分など、
縛られているものから解放されてきましたが、

私たちは、
自分勝手になりすぎてしまっているように感じます。

かといって、
古い時代に戻ればいいとは思えません。

バランスを考えた冷静な心がけ、取り組みが大切なのだと思っています。
2012/12/09(日) 16:43 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。