永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濃い味かうす味か?

2012.11.14


一口、料理を食べた瞬間。


「 全然、味がしないな~ 」

なんだか物足りない。
醤油ソースコショウをかけて、
ようやく味がする。


どうせ食べるなら
味がはっきりしている濃い味付けにしたいっ!



でも、
濃い味付けの料理は、

どうしても塩分が多くなってしまうので、
後々、様々な健康の不安を抱えることになりかねません。



私たちは、常に!?、
「 美味しいものを食べたい 」と思っているのですが、
節度を保った味付けにすることが大切です。



濃い味の刺激ばかりを追い求めてしまうと、

辛いもの、甘いものなど、
調味料を大量にかけてしまうことが、
どんどんエスカレートして、


結果、
大味のものばかり、味覚障害のような状態になりかねません。
そして、大切な健康を損なってしまうことがあります。


私たちは、
もっと美味しいもの、
もっと楽しいこと、
もっと充実したこと、
もっと夢中になること、
もっと面白いこと、
もっと幸せになること、
もっと感動を!


など、
常に刺激を求めているものですが、


実は、
それらの刺激を得られれば得られるほど、
その刺激に対して鈍感になり


よりもっともっと過激なものを求めてしまうものです。


そんな生活と価値観に
どっぷりつかってしまっている私たちは、

すでに刺激中毒の症状です。


これが
私たちの今の暮らしを息苦しくさせている一因だと思っています。



さて、
日本の伝統的な価値観!?に
侘び 」「 寂び 」などがありますが、


これは実は、
うす味の妙です。


どんどん刺激を追い求めていくのではなく、


うす味の中での
微妙な味の違いを楽しむこと。


感性を研ぎ澄ませて、その僅かな変化に驚きを発見していくものです。



これは、
仏教でも同じです。

坐禅をして、心を落ち着かせ
いたずらに刺激や欲望に踊らされないように心がけ、

感性を磨いて、
現実のありのまま愛で楽しむものです。


少欲知足
吾れ足るを知る
の境地とは、


我慢をして現状に満足しましょうという意味ではなく、

瑞々しく生き生きとした心をつくることなのです。




※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。




「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
こんにちは
「吾れ、唯、足るを知る」ですか。
道は通そうです。
私は最近、逆にお金を使うことを
覚えてしまったみたいです。
目の前にある素敵なことは楽しみたいと...
でも、欲しいものを言い出したらそれこそ
きりがないですね。
現実のありのまま...難しいです。
2012/11/16(金) 15:20 | URL | Sakulanbo #ZPPmqLno[ 編集]
Re: No title
Sakulanboさん
コメントありがとうございます。

ちなみに、
「吾れ、唯、足るを知る」は
よく口という漢字のの周りに

 五
矢口隹
 止

と書いて時計回りに読んだりする書きものなどがあります。
禅をあらわすキーワードとしてよくつかわれます。


私自身も、
夢や目標など、それに振り回されていることがありますが、

それが正しいと没頭するのではなく、

時々でも自分自身を振り返ることだけでも、
とても価値があると思います。

現実のありのままの境地の楽しみ方。
私も道遠しですf(^_^;)
2012/11/16(金) 16:46 | URL | 建岳 #-[ 編集]
刺激は麻薬かもしれませんね。
こんにちは。
本当に、おっしゃるとおりだと思います。
私たちは刺激を追いかけすぎているようですね。

本来なら、人には「飽きる」という能力が備わっています。
「飽きる」などというのは我慢が足りない人がよく口にする言葉のように聞こえますが、もとは「あきらめる」から来ており「満足する」という意味がありました。「諦め」は逃避ではなく欲を折りたたんで引っ込めることでした。いまは秋もたけなわ、冬が近づいてますが、この「秋」も豊かな実りに満足する季節を指していう言葉です。

ところが味覚も視覚も嗅覚もすっかり壊されてしまった我々は飽くことを知らない愚かな生き方をしています。壊したのは他でもなく「刺激」といわれるものでしょうね。

子供たちにこれを教えてゆくのは難題中の難題です。むずかしいですね。
2012/11/18(日) 13:22 | URL | あやみ #-[ 編集]
Re: 刺激は麻薬かもしれませんね。
あやみさん
コメントありがとうございます。

人は刺激を求めるものですが、
求めるほどその刺激に対して鈍感になってしまうという、

非常に矛盾した存在だと思います。
まさに刺激は麻薬です。

そして、これもまた、
「色即是空、空即是色」という現実のひとつだと思います。

あやみさんにご指摘いただいている、
飽きる、諦めるのネガティブな意味だけではない、
「満足する」というところについて、

私たちはより意識していかなければならないと思います。

何でもない日々が
かけがえなく素晴らしいと思える境地を育てていくことが大切ですが、

大きな災害や、不幸、病気になってみないと
その有難さが実感できないことが、私たち人間の苦しみですね。

まさに難題です。
2012/11/19(月) 09:46 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
今晩は、
 もっとOOをというのは、有る意味魅力的な言葉で有り、 何かの動機付け、努力目標として有効に機能する事も有りますね。 
 綺麗事では無く、(そんな事言ってる場合では無く、)社会全体が一丸となって餓鬼の如きハングリー精神でやっていかなければならない時代や場合が有るのだと思います。
 (日本でいえば、365歩のマーチが流行った時代。あの歌詞の言わんとする深い意味は兎も角、表面から感じるのは、明日は更に進歩したOOをという時代の熱気です。)
 この社会を築き上げてきた先人たちの努力を否定するわけでは更々なく、
 然し、では十分に衣食足りた後の時代の在り方として「薄味の妙」は、なかなか魅力的に感じます。
 飽きるという言葉が否定的な意味だけに捉えられるようになったのも、兎に角、疑問を抱くことなく頑張らなくてはならなかった時代が有ったからだと思います。
 飽きるだけでなく否定的に捉えられるようになった言葉に、
「いい加減」という言葉があります。怠けているように見えますね。
 徹底的に、或は過剰になさなければだめだ、努力が足りぬ、という事なのでしょう。
 然し本来「いいかげん」とは「良い加減」の事であり、やりつくすのではなく、丁度の加減です。
 「程々に、」もそうですね、「程の良さ」を大切にする。
とは言えやはり刺激的なものには弱い自分にとっても難題です。
2012/11/20(火) 22:38 | URL | y.k #-[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

これだけ物質的に豊かになり、
医療が進歩して、私たちの健康が保たれ、

科学が発展してなお、

私たちは、もっともっと、
成長していかなければならない強迫観念が蔓延していると思います。

「 2位じゃ、だめなんでしょうか? 」
と一言言おうものなら、
その表面的な言葉を面白おかしく騒ぎ立ててしまう、

悩ましい世の中になってしまったと思っています。

仏教は、「2位」どころではなく、
「 中道 」ですね!
まさに
「いい加減」「程々に」です。

侘び寂びは、

そもそも戦国時代、
もっと、少しでも自分の領土を広げようと躍起になっていた、
下克上の時代で、

もっともっとと考えてしまう時代だからこそ、
より必要とされたのではないでしょうか?
2012/11/21(水) 09:05 | URL | 建岳 #-[ 編集]
いつも新しい知識を有難うございますm(__)m
「足るを知る」は、好きな言葉でしたが、禅の用語とは存じませんでした! 

金持ちでも有名人でもない私ですが、基本的に「足りている」と思っておりますし、たくさんの「おかげさま」で生かしていただいておりますので、毎日幸せです(*^.^*)エヘッ ←思ってるだけかもですが(恥)

けれども、そういう考えを「ちっぽけだ」とか「安い」と思っておりました。せいぜい、良く言って「清貧」程度だ、と、消極的に認識しておりました。

ですので、健岳さまの「感性を研ぎ澄ませて、その僅かな変化に驚きを発見している」、「瑞々しく生き生きとした心」と、温かくも力強い、肯定を拝読し、目からウロコでした( ゚o゚)ハッ

ここまで積極的な見解を教えて下さって、有難うございました! おかげさまで、今後は、周囲や、子供に、自信を持って「足るを知る」ことの良さを勧められます~(^_^)/

建岳さまブログは、驚きと感銘とインスパイアの連続です~>< 

それと、先日こちらのブログに書き込みいたしました私のコメントを的確とおっしゃってくださり、感激しました(ToT)ダ-

「物事を伝える上で一番大切なのは、正確さではなく、的確さ」というお考えは、まさに、「どう伝えるか」を追究した方ならではで、従容と心に染みました。

大切なことを、惜しまずにお教えくださり、本当に有難うございますm(__)m
2012/12/02(日) 20:50 | URL | 多聞あろ #4n3Myn9Y[ 編集]
Re: いつも新しい知識を有難うございますm(__)m
多聞あろさん
コメントありがとうございます。

私たちは
気付かないうちに欲望の虜になってしまています。
他ならぬ私自身もその一人です。

なかなか、
言うは易しで、「足るを知る」境地には至りませんが、
心がけるだけでも、
欲望の暴走の予防にはなりうると思っています。

私は茶道の稽古に通っているのですが、
ぜんぜん本当に上達しないのですがf(^_^;)
まさに大味な感覚では、
何が楽しいのか、どんな意味があるのか全く分かりません。

心を落ち着かせ感性を研ぎ澄ませる訓練かと思うと、
だんだんその楽しさを味わえるようになってくるものかと感じます。

それは、
坐禅そして仏教の本質に通じるものだと思います。


今の社会は刺激中毒になりすぎて、
高ストレス社会になってしまっています。

是非、ポジティブな「足るを知る」境地を広めることで、
「低ストレス社会」の実現を果たしていきたいと、静かな決意をもっているところです。

また、ブログでの表現は、
いつも私なりに四苦八苦、試行錯誤しながらですので、
上手くいく場合と、上手くいかない場合とあります。

自分自身の考えていることを明確化して、
その内容を、できるだけ相手の方に伝えるにはどうしたら良いのか?
いつも頭の中で思いをめぐらせています。

その意味で、「どう伝えるか」を追究!?あるいは追求し続けているつもりです。
多聞あろさんのご推察どうりです♪ありがとうございますm(_ _)m

そして、
目指すところが同じだからこそご共感いただけていると思います。
とても心強いです♪

まだまだ発展途上、
至らないばかりの私ですので、ごれからもどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
2012/12/03(月) 15:33 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。