永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽は、地球の周りを回っているのか?

2012.11.8
⇒前回からの続きです。

説明するまでもないのでしょうが、
ガリレオ・ガリレイ

地球が太陽の周りを回っていると主張した事が罪にとわれ、
裁判で有罪となりました。
その際の、
それでも地球は回っている 」といわれる言葉が有名です。


そして
ガリレオ・ガリレイの死後、350年を経た1992年
ようやく教皇が裁判の誤りを認め謝罪をしました。


天動説地動説


科学が発達していない当時のことなら仕方ありませんが、
現実は明らかに地動説が正しいのに、


どうしてこれほどまでの長い間
その正しさを認め、誤りを謝罪することができなかったのでしょうか?


それは、まさに、

太陽が地球の周りを回っていると
信じていた 」ことに深く関連しています。



信じていること 」を否定することは、
信仰への冒涜であり、神への冒涜となってしまいます。


例え、「 現実 」を突きつけても、
それを素直に認めることがなかなかできないのが、信仰の問題です。


なぜなら、
信じること 」とは、
その内容の真偽について検証しない立場であり、

そもそも
その信じることを思考の出発点とするものだからです。



「 太陽は、地球の周りを回っていると信じている 」


この考え方自体を拠りどころとして、
それを現実で検証するつもりも検証する必要もないという立場。


現実よりも、
信じることを優先する立場。


これはつまり、
信じることとはある意味、
現実無視宣言 」なのです。



の存在を信じる 」
○○仏の存在を信じる 」

日常的な会話!?、議論の場でも、

クジラは食べてはいけないものだと信じているから・・・ 」
は食べてはいけないものだと信じているから・・・ 」


ナチスは、
ゲルマン民族の優位性を信じて 」いました。



私たちは、
信じる 」という言葉を使う瞬間に、

本当にそれが現実なのか?
何故それが正しいのか?

など、
現実との検証を止めてしまうものなのです。




現実に根拠をもたない、
現実に拠りどころをもたない、


「 信じる 」という行為と内容が、


もし違ってしまって、
しかも利害関係で対立してしまったら、
あるいは、
信じていることの内容がひどいものであっても、


検証のしようがないのが

信じる 」という行為の本質です。


宗教の危険性は、

まさに、
この検証不能な「 信じる 」という行為を拠りどころとするところにあります。
<続く>




※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。




「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
信じる…良い異味では良いことでしょう。
でも、それが狂信的になってしまうのが怖い処です。
狂信的、盲信的な怖さは歴史がそれを物語っていますよね。
何故か、いきなりコメントが可能になりました。
ご心配をお掛けしましたが、今後も宜しくお願いいたします。
2012/11/08(木) 21:33 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
Re: No title
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

信じることの良い面は、
個人の心の中で拠りどころとなる範囲で、

おおいにあるのだと思います。


コメント記入、復活してよかったですね♪
私のブログでは昨日ぐらいから、
カウンターが少しおかしいです。

FC2が少し不安定なんでしょうか?

念のため、
バックアップしておいたほうがいいかもしれませんね!
2012/11/09(金) 09:35 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
こんにちは
アメリカに来てから、「アメリカ人が論理的で日本人は非論理的な考え方をする」という固定観念があっさり崩れました。この国の人たちはディベートだなんだと、子供の頃から論理的に話をするようにトレーニングされていますが、その根底にあるのは思い込みと信じること。事実があってそこから話をすすめるのではなく、自分の信じ込むことがあって、それがいかに正しいかを科学的・論理的に証明しようと必死になっている...そんな人たちなんだなあと思うようになりました。前にも書きましたが、根底にあるものが「信じる」ということだと、話はどこまで行っても平行線になってしまうみたいな気がします。
2012/11/09(金) 13:57 | URL | Sakulanbo #ZPPmqLno[ 編集]
Re: No title
Sakulanboさん
コメントありがとうございます。

全く、仰るとおりです。

お互いよって立つところが信仰である場合、
その信仰の内容が違うと、
分かり合うことは全く不可能です。

お互いの考え方の違いを
現実で検証し、それをお互いが理解することによってのみ、

本当の共感があります。

西洋思想は特に、
信じることの大切さを説きますが、

本当に
私たち人間にとって、
何かを信じることが必要なのかどうか?

今一度、
立ち返って考えたいものと思っています。
2012/11/09(金) 15:56 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
こんにちは。
「信じる」は、やまとことばではなく漢語由来の言葉だということに気がつきました。そして、「信じる」に相当するやまとことばは多分ないと思います。(あるかもしれないので調べてみます)

太古の日本でカミやヨリシロに対して抱く感情は「シンジル」ではなく「おそれる」「とうとぶ」「いわう」だった筈です。そして仏教がやってくると今度はその教えを「まもる」ことを本道としました。
つまり、信じるという概念が昔の日本にはなかった(=カミを畏れるのは当然のことで敢えて言葉にする必要がなかった)のではないか、という気がしてきました。


本当に興味深い命題ですね。いろいろ思いをめぐらせて見たいとおもいます。
2012/11/10(土) 09:52 | URL | あやみ #-[ 編集]
Re: No title
あやみさん
コメントありがとうございます。

なるほどです。

日本人は無宗教といわれますが、
太古の昔より、「 信じる 」という概念がなく、

畏れ、尊び、祝いながら、
現実=自然=神のありのままを受け止め、
受け入れてきた民族なのかもしれないですね。

目を見開かされます。

ある意味、
覇権的な西洋思想のシンボルとして、
「 信じる 」という言葉も、

あやみさんが取りあげられていた「 自由 」という言葉とともにあったのかもしれませんね。

実は、
この「 信じる 」という言葉、
近年の日本で非常に流行しています。

スポーツはもちろん、TV、文化、教養など、
いたるところで片時のすきも与えないぐらいの勢いで埋め尽くされている感があります。
猫も杓子も「信じる」「信じる」です。

何かそこに、
何ともいえない違和感や居心地の悪さを感じていたのですが、
一つ理解ができた気がします。


冷静に考えてみれば、
私たちが生まれたころの40年前などには、
全く流行っていなかったはずですよね。


私は、もっと現実的に、
人と人が分かり合えるような世の中を作っていくために、
「 信じる 」危険性を乗り越えるような心がけが必要なのではないかと思っています。
2012/11/10(土) 15:01 | URL | 建岳 #-[ 編集]
信じること
信じることって、本当は、客観的事実を含めた数多くの現実を見つめ、受け止め、受け入れた果てにしか、成り立ちえないものだと思います。

何かを信じるなら、自分が信じてるものに当てはまらない例外と向き合うこと。
そして、自分が信じたものに固執せず、信じたものと現実に乖離がみられるなら、自分の思いや考えを改めていく柔軟さを持つこと。

これらが、ホント大切なんじゃないかなーと思います。
2012/11/11(日) 08:31 | URL | 喜多村龍庵 #-[ 編集]
Re: 信じること
喜多村龍庵さん
コメントありがとうございます。

「信じれば必ず叶う!」という言葉がありますが、

例えば、鳥のように空を飛び回りたいからと、

「いつか必ず私は空を飛び回つことができる!」と信じて、
イカロスのように羽根を作ってみたり、
身体をいくら鍛えても、結局、

願いは叶いませんね。

信じれば叶うとは、
非現実的なものは叶わないのです。

ですからまさに、
>自分が信じたものに固執せず、信じたものと現実に乖離がみられるなら、自分の思いや考えを改めていく柔軟さを持つこと。

という姿勢がとても大切です。
つまり、常に現実との検証を怠らない姿勢です。

しかし、頑なに信じているさなかの人には、
なかなか理解されないのが問題だと感じています。
2012/11/11(日) 19:41 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。