永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じることの本質、自己肯定と他者否定

2012.11.5
⇒前回からの続きです。


S島は、我がA国の領土です。 」
「 それは違います。B国の領土に間違いありません! 」

「 いや、この歴史的証拠があるからA国の領土なんだ! 」
「 それは捏造で、もっと古い資料があるからB国の領土です。 」

「 捏造という証拠はない。そもそも国際法上・・・ 」
「 だいたいあなたの国の教育が・・・ 」


というような領土問題についての論争が日本と隣国で起こっています。


そもそも領土とは、
あるいは国家というものも、

初めからあったわけではなく、さまざまな変遷を経て現在に至っているので、


「 どの時点で、何を基準に判断するのか? 」


という判断基準について徹底的に合意をする話し合いを行わないと、

当事者同士が何を言っても、感情的になってしまったり
堂々巡りを繰り返してしまうのは明らかです。


ここでは、
実際の領土問題について考えるつもりはありません。


このような
利害関係のある他者に対する、

共通理解、妥協点を探って、
合意をしていく行為は、


ある意味、
数学最大公約数を求めることに似ています。


例えば、 48  60  84  と3つの数字があった場合、

共通の数字で割っていきます。

 2 )_48  60  84
 2 )_24  30  42
 3 )_12  15  21
     4   5   7


最初はとても違う数字でも、
2×2×3 は共通(最大公約数)で、最後に残った4、5、7というわずか!?な違い



s島は A国 B国 C国 の領土だ!についても

近代国家が成立した西暦1×××年以降で考えよう  )_A国   B国   C国
その後、最初に領有していた国の領土としよう    )_A国'   B国'   C国' 
                          A国''  B国''  C国''



など共通因子を見つけ出していく作業を経て、
合意形成を目指していくものです。


さて、
長くて分かりにくい前置きで恐縮ですが、


このように、
意見が違って、利害関係がある場合、
お互いの 共通点や妥協点 を見つけあっていくことが


合意する上で最も大切なことなのです。


しかし、
このような論争をしているさなか、


「 私は、S島を私の国の領土だと『 信じている 』! 」

などと主張する場面がしばしば!?見うけられます。


身近な話など、
あらゆる論争!?で、「 私はこれを信じている。・・・ 」
という場面もありますが、



私は48を信じている。 僕は60を信じてる。 俺は84を信じている。



それでは、もうそこから
共通項を探り当てる余地がなくなってしまいます。


私が48を信じているから、私の意志を尊重してほしい
私が48を信じているから、あなたは従うべきだ
実際に言葉には出さなくても、この主張をしていることとほぼ同じです。



実は、
信じること 」自体が持つその本質とは、

自己肯定宣言であると同時に、他者否定なのです。



神でも仏でも、哲学でもポリシーでも、

信じるものが違えば、
分かり合うことはありえません


住み分けは可能ですが・・・。



宗教の違いによる争いは、
歴史の上で幾度となく繰り返されていますが、


それは、

そもそも他者理解不能
信じること 」を拠りどころにしているからなのです。
<続く>




※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。




「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
本当に、話せばわかる筈の内容の話し合いがなぜ暗証に乗り上げてしまうのか、なぜ相手が納得してくれないのか、ずっと探っていると、最終的に思い込み、というか、信じることにつながりますね。信じていることが違えば共通点を探し出すことは不可能って納得です。
ただ、最近は、信じること、あるいは想念から、わゆる「現実世界」が形作られるのかなあなんて思うようになりました。
2012/11/05(月) 12:15 | URL | Sakulanbo #ZPPmqLno[ 編集]
Re: No title
Sakulanboさん
コメントありがとうございます。

信じていることが違うのは
お互い妥協する余地の無く、
歩み寄る取っ掛かりすら無い違いなので、

やはり、決定的です。

私はこれからの世の中、
信じるものの違いに振り回されるのでなく、
その違いを乗り越えた共感、共同、仲間意識を

培っていく取り組みが大切なのではないかと思っています。

また、
信じることや想念から「現実社会」が作られているということは、
多くの場面でそう思います。

「必ず出来る!」と信じ続けて発明した成果が
今の文明社会の一つ一つを作ってきましたし、

通貨、法、国家そのものが、
集団が同じ約束事やシステムを信じること、想起することで、
成り立っているのだとも思います。

「思えば実現する」
「思わなければそもそも何も実現しない」
と言われるのは、そのようなことがあるからだと思います。

ただし、
だからといって、どんなことでも信じることでできるかといえば、

現実を無視したものについては、全く実現できないはずで、
あくまで、現実的なものに限るのだと思います。

その見極めが難しいのだと思いますがf(^_^;)
2012/11/05(月) 21:35 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
 2度目のコメントになりますよろしくお願いします。
一通り読ませていただいたのですが、
 大雑把に、或は乱暴に分類すれば、外来宗教とはいえ仏教も日本に布教されてからの歴史は長く、生活に溶け込んでいる『伝統宗教』と言えるでしょう。
 大変失礼ながらその関係の方のご意見である事に、(あるにも拘らず、)
「何と開かれた考え方なのか。」(本当に失礼で申し訳御座いません。)と思いました。
 仰るように今の新興宗教も時代の流れの中で世間になじみ角が取れ丸くなってゆくのかもしれません。
(無害化して社会の道徳装置と見做されることは、宗教側から見れば世俗化で有り、堕落と感じるかもしれませんが?)
 もうひとつ無礼を承知で言えば、今の日本で、仏教に対し
「跡取り息子が出家してしまった。息子をとりやがって赦せん。取り返しに行く。」
などという「家族奪還運動」をしている話題など聞いた事がありません。本当に時間がたてば今の新興宗教もおとなしくなっていくような気もします。
 ところで、信じるものが違えば分りあえるところがない。
住み分けは可能。
その通りだと思います。
 差別をせず、相手を十分尊重したうえで「住み分け。」
これが今のところ最も現実的な方法かもしれません。
 私が高校生の頃ですが、社会科を担当してい恩師との話の中で、なぜ宗教戦争が起こるかについての話題になり、先生が、
「・・・・君の考えは正論だ、しかしね、其れが通用しない、其れは『真理』という言葉が持つ意味合いの中に、厄介な事に
いつでも、どこでも、だれにでも、という『普遍性』が含まれるからなんだ。」

「これがスタンダードなんだと相手にも強制するのですか?」
先生
「そうすることで、自分たちの拠って立つ基盤や、自分たちの倫理観や行いが正しい、正義である、と証明したいんだ。」

「其れは絶対的な正しさが在るわけではなく、(自分としても若し、そんなものが有るなら自分の生きる指針、基準として欲望されますが)あるのはどちらが悪魔の手先かではなく、立場の違いであり、相手も同じことを考えているはずなのに・・・。」
先生
「人間が真理の一部をつかむ事があっても限定的なものだろう。断片にすぎないものを全部だと思いあがっているのかも知れない、相手の奉ずるものも同じもののまた別の側面かもしれないのにね。」

「それでお互い殲滅するまでやりあうなら、その教えの創始者が一番嫌う事をやる事になりませんか?」
そのようなやり取りをした事を思い出しました。



2012/11/15(木) 20:19 | URL | y.k #-[ 編集]
Re: No title
y.kさん
コメントありがとうございます。

一通り読んでいただいてありがとうございます♪

文字ばかりですが、
私なりに表現を試みていますので、お読みいただけること自体が嬉しいです。

それから、「失礼」「無礼」なことは全くありませんよ。
私が書いていることは、
いたって普通のこと、まともなこと!?で、

学術的なものではありませんし、
高度なものはもともと理解できません。

小難しいのは権威主義ととても相性がよく、
「 なんだかよく分からないけれど、
  偉い人が言っているのだから素晴らしいことに違いないっ! 」
という風潮も好きではありません。
もちろん私自身、全く偉くもなんともありません。

私なりの表現をこれからもしていこうと思っています。

さて、
仏教も2500年前の誕生のころは、
仏陀自身が王子の身分を捨てて出家してしまい、

大問題になりましたし、その後、自分の息子まで出家させてしまいました。

そのことが釈迦族の衰退の一因ともなり、
仏陀が生きている間に、釈迦国は滅亡しています。

道を求めるためとはいえ、
見方を変えれば非常に反社会的でしょうし、
儒教などでは全く許されないことだと思います。

また、
「 信じるもの 」の違いは、
まさに、分かり合うことはありませんね。

分かり合うとしたら、
お互いが信じることを乗り越えて、

現実を拠りどころにすることのみだと私は思っています。

ただ残念ながら、
お互い信じることに固執してしまうのが私たち人間です。

その場合は、住み分けしかないでしょうね。
2012/11/16(金) 09:02 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。