永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主従関係2

2010.11.3
前回からの続きです。

私たちは誰しもが、自分の中に「無意識」という他人と同居しています。
どちらが「」で、どちらが「」なのか。

「私」は自分自身を支配し、動かしているつもりになっていますが、
実は、その最終決定は「無意識」が行っていて、
」だけでは一時的にしか私自身を動かすことができません

それでも指示しているのは「私」だから、「私」が主人だろう

と思いたいところですが、

それは、「無意識」から指示を送られていることに、「私」が気付いていないだけなのです。
いやむしろ、「」を無視して、「無意識」が勝手に動いているのです。

「お腹すいた~」
「眠い~」
「さぼりたい~」
「楽しいことしたい~」
「あの人好き~」「あの人怖い~」

その指示をうけて「私」が具体策を考えさせられているとも言えます。
また、その「無意識」をなんとか制御しているのが「私」です。

つまり主は、主人は「無意識」で、従、家来は「」なのです。

あるいは
」は、無意識が支配している私自身に、一部寄生しているかのような存在。
とでも言えるでしょうか。

つまり、もともと私自身を思い通りにするようにできていないのです
にもかかわらず、私たちは、「」が私自身の全てであるかのように思いこんでしまっている

この思いこみが様々な苦しみをうみだす一因となっています。



そして「私」と「無意識」の不調和状態がまさに「ストレス」だと言えます。

それに対して、その究極の調和を目指すのが仏教であり、その究極の調和の完成悟りなのです。



この内なる他人そして主人である「無意識」との不調和。
「私」と「無意識」、この「二人」の性格が全く違うことが大きな問題なのです
<続く>




「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
もうすぐ、600アクセスですね!
悟りの瞬間、禅の歴史の中では、
「え?」と、思うような瞬間も多い様ですね。
足の骨をバキッと折った瞬間に悟られた師、
ほうきを叩きつけられた瞬間に悟られた師、
ふと風を感じた瞬間に悟られた師、

それでも、悟りというのは永続に続く訳ではなく、
その後の悟後の修行と言うものが大変な事だと
伺っています。

かの白隠禅師も悟後の修行を乞食達の中で
過ごされたのも数十年に及んだそうで、
禅の世界の奥深さと厳しさを感じます。

さて、私もいつか、悟りの世界に辿りつき、
その後の修行も続けられるでしょうか~?
ぬるま湯の様な生活に浸っている内は、ダメでしょうね~。
2010/11/03(水) 22:13 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
悟り
高野山真言宗 觀音寺の太釈と申します。

ブログ拝見いたしました。
「悟り」とは何だ?と檀信徒に聞かれて上手く答えられなかったことがあります。
分かりやすく説明できないのは、自分の中で理解していないことです。

「悟り」とは「意識と無意識の究極の調和」と表現されておられます。
なるほど。またひとつ教えてもらいました。

ありがとうございます。
2010/11/04(木) 09:16 | URL | 太釈 #-[ 編集]
Re: もうすぐ、600アクセスですね!
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

私の思いつきのようなブログが、皆さんに見ていただきコメントまでいただけて嬉しい限りです♪
延べ600。そして、それまで全くかかわることの無かった方とのやりとりの始まり。
少なくない驚きと不思議さを実感しているこの頃です。

悟り。

私の今のところの解釈では、「私」の小ささに「えっ?」と気付くことなのかと思います。
その小ささに気付いたとしても、究極の調和の完成を体得することが難しく、それを悟後の修行で行うのではないか?と思っています。

もちろん悟りとは、頭でわかったつもりになったとたん、それは悟りではないと言われるほど難しく、奥深く、
「悟った人」にしか悟りの境地はわからないものなので、私が軽々に論じてはいけないのだとも思いますが、
敢えて、とっかかり!?として、私なりの「悟り」の理解をこれからも表現していきたいと思っています。

白い月の風さんのブログを拝見すると、とても「ぬるま湯」ではありませんよ。
大変良い刺激を受けさせてもらっていますし、私のいい加減さを反省します。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
2010/11/04(木) 17:59 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: 悟り
太釈さん
コメントありがとうございます。

「悟り」とは「意識と無意識の究極の調和」

これは私が、このブログで私なりに表現したかったことの一つです。

実は、もう一つ!?
「悟り」について私なりに表現したいことがあります。
そしてそれを表現したいがためにこのブログを私は始めました。

そのことを、このブログに書くのはもう少し先になりそうです。
どうぞこれからもよろしくお願い致します。
2010/11/04(木) 18:15 | URL | 建岳 #-[ 編集]
ほんとうですか
「私」と「無意識」の究極の調和を目指すのが仏教なんですか!?自分は「仏教」と「無意識」の両方に興味をもっているのですが、ふたつをくっつけて考えたのは今日が初めてです。驚きました。このブログを拝見させていただくのも何かのご縁でしょう。ありがとうございました。
2010/11/04(木) 19:30 | URL | ジャンプイルカ #-[ 編集]
Re: ほんとうですか
ジャンプイルカさん
コメントありがとうございます。

仏教が目指す「悟り」とは、「私」と「無意識」の究極の調和をもとに、
瑞々しく生きることだと思います。

あくまで私の理解の範囲ですが・・・。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
2010/11/04(木) 21:48 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。