永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険な宗教の見分け方

2012.10.25
⇒前回からの続きです。


これまで、
宗教の仕組みと危険性について述べてきました。


これは、
いわゆる新興宗教のみについてのことではありません


伝統宗教も歴史の中で、

神が望んでおられる 」を旗印に、
聖地奪還を目指して宗教戦争を引き起こしました。


数え切れない犠牲者を出し、

奪還を果たした神殿では、
異教徒の血の海の中、

神に感謝の祈りが奉げられました。


その後、
二百年にわたる争いの歴史。


これを宗教の危険性といわなければ、
他に、何と表現できるのか?




私の神の素晴らしさだけを証明するために、
究極にまで自らのエゴを肥大化させた成れの果て。




私たちは、
そこまで宗教にはまり込む前に、

冷静に判断をしなければならないはずです。



そもそも、
ほとんどの宗教は発生当初

権力を否定し、対立することなどによって、
必然、過激になるものです。


そして、
長い歴史を経て、

広く一般の人たちに根付くことによって、丸く落ち着くものでもあります。



今現在、過激である新興宗教!?も
いつか落ち着くのかもしれません。



宗教の違い、神の違い、仏の違いに関係なく、

全ての宗教に共通する仕組み、
信じること の危険性


私たちが
ささやかな願いを込めて、心の拠りどころにしているうちは安全です

大いに心の拠りどころにして、
夢に向かって立ち向かい、人生を歩んでいけば良いと思います。


しかし、
それがいつの間にか、

狂信になって、
危険なものに変わってしまいます。


それ以前にできたはずの冷静な判断が失われてしまうのです。



その分岐点



その分岐点は、
以前に取り上げた魔法の言葉


あなたの信じる力が足りない 」です。



この言葉以前であれば
私たちは冷静な判断がそれなりに出来ますが、


この言葉以後は、
その宗教にはまり込み、冷静な判断出来なくなってしまうのです。



危険な宗教とは、
伝統宗教、新興宗教に関係なく、


信じる力が足りない! 」と あなたに迫る 宗教です。
<続く>




※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。




「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
メールマガジン発刊、おめでとうございます。
早速、登録させていただきますね~

確かに、「信じる力が足りない」と迫られたら、
自己犠牲をしてまでも、もっと、もっと、と思いつめてしまいますね。
宗教の怖さ、改めて思います。
かつて、婚約者が某宗教の信者で、それが元で破談になった事が、
私に限って、2回も続いた事がありました。
一生懸命さと宗教にのめりこんでゆく事が、一致したような人でした。
もう、20年以上前の事ですが、未だに、胸が痛む出来事でした。
2012/10/26(金) 20:56 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
Re: No title
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

そうでしたか。
宗教にのめりこむ人は、
真面目な方が本当に多いです。

でも、
それが例え善意に基づいていたとしても、

結局のところ、それがエゴであって、
周囲に迷惑をかけてしまうことになる可能性を考えられないことが、
残念でなりません。

私たちの社会通念として、
コンセンサスとして、

宗教はそもそも危険であって、
はまり込めばはまり込むほど、
エゴが肥大化する性質をもっているという認識が定着すれば、

かなりの多くの人を救うことが出来、
不必要な苦しみを味わなくてよいと思うのですが・・・。
2012/10/27(土) 00:16 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
学校の歴史の時間に、信仰を基盤にして信者が戦争を起こすと、もう「死」すら恐れないのだからこんな厄介なものはないと先生がこぼしていた気がします。イエスキリストも、将来的に人々が自分の名前の故に互いに争うことになるであろうことを予言していますね。同じイエスキリストの教えの中にある、「その果実からその宗教が正しいものであるかそうでないかを見分けなさい」というのを、唯一の手がかりとしようと思うのですが、布教活動やお布施あつめに熱心な(でも、すごくよい人と皆から慕われている)信仰宗教の教祖様のお話などを聞くと、いったい何を判断材料にすればよいのやらわからなくなります。ま、私が信者になるわけではないのですけれど。
2012/10/27(土) 12:37 | URL | Sakulanbo #ZPPmqLno[ 編集]
Re: No title
Sakulanboさん
コメントありがとうございます。

信仰を基盤にして起こす戦争は、
まさに集団的自意識が肥大化したもので、
結果も醜く、おぞましいものとしか言いようがありません。

本当に、
何とかならないものかと思います。

私は、
神の優劣や、教えの優劣などあまり関係ないのだと思っています。

どちらにせよ、
人の願望やイマジネーションが作り出したものですし、
どんな宗教でも、
ほとんど同じようなことを言っています。

同じ宗教でさえ、
少しの違いを大問題にして戦争をするほどです。

ですから、内容で、
見分ける術はそもそもないのだろうと思います。


ある意味、
「君子危うきに近寄らず!?」
が健全ではないか?と

私は思ったりしています。
2012/10/27(土) 16:56 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。