永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じることへの執着

2012.10.7
⇒前回からの続きです。


夫婦や恋人間で起こる
DVドメスティック・バイオレンス)の問題では、


周囲が心配して
早く別れたほうがいいよ
と忠告しても、


なかなか別れることができません


その理由はさまざまありますが、

私が選んだ人を、私が否定すること 」は
私自身否定してしまうこと 」になってしまう。

だから、
私が選んだものについて、「 強く執着してしまうこと 」があげられます。


これがもし、
恋愛初期の、まだ相手を探っている段階
客観視できる冷静さをもっている時の暴力であれば、

すぐにでも
別れることができるのでしょうが、


私が、その人を選んでしまった後では、
そう簡単にその執着を無くしてしまうことはできません。


自分が選んだことの正しさを証明しようとして、
本当の彼の姿は優しい人 」
「 今の彼はこうだけど、彼は必ず変われるはず

より一層、
のめり込んだり、入り込んだりしてしまうことになりかねません。



さて、実は、
私たちの宗教も同じような仕組みの危険性を持っています。


一旦、
それが私にとっての拠りどころになってしまうと、
その神様仏様の大ファンになってしまうと、


例え、
経済的に困窮しようとも、
少々、周りの人に迷惑をかけようとも、

私自身の存在をかけて
より一層、頑なにその信仰にこだわってしまうのです。



「 信仰は聖なるもの 」だと
思っているうちに、

信じることでの成功体験を積み重ねる度に、

どんどん
好きになってしまいます。


この神様がいれば、私は大丈夫 」
「 この神様がいないと、私はダメ


その段階に入ってしまうと、
それ以前にできたはずの冷静な判断が、

できなくなってしまうのが私たち人間です。


その結果、その宗教が
素晴らしいことだけをしているうちは良いのですが、
危険なことをし始めてもそれに気付くことができません


宗教がもつ共通の仕組み、
「 信じることへの執着 」は、

普通の判断力を失わせる危険性をはらんでいるのです。
<続く>



※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。




「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
ほんとうに、いわゆる巷の「新興宗教」に嵌ってしまった人を見ると、はたで見ていて大丈夫かなあとちょっと不安になります。私は、4歳か5歳くらいの時に自然に信じてしまったキリスト教の神様について、教会学校の先生から、「神様は信仰を強要なさることをしない。人間の自由意志にまかせているのです」と教えられて、その言葉も自然に信じました。13歳から10年くらいは、理屈に合わないキリスト教の信仰を捨てようと散々屁理屈を捏ねたのですが、どう理屈で打ち負かしてみたところで結局信仰は捨てられず...といろいろあったのですが、基本的に、死んだら天国にいけるとか、地獄におちるとか、奇跡がおきたとかいうのは、どれも、ある意味、信仰の強要に近いものなので、こういった教えで信者をひきつける宗教にはあまり魅力を感じません。でも、この感覚を理解してくれる人は少ないですね。宗教を信じていなかった人に限って、何か、奇跡に近いものを見せられると途端に信じ込んでしまうような気がします。
2012/10/07(日) 14:26 | URL | Sakulanbo #ZPPmqLno[ 編集]
Re: No title
Sakulanboさん
コメントありがとうございます。

宗教を信じてしまう仕組みは、人間性を利用した実に巧みなもので、
強要しないといって実は強要していたり、
信じると良いことがあると思わせて、その欲望を気付かないうちに肥大化させ、

しかも、本当はそれは我欲であるにもかかわらず、
その信仰が「 聖なるもの 」であるとカモフラージュして、
より一層その宗教にハマる仕組みになっているのです。

そしてそれは、新興宗教に限らず、伝統宗教も全て共通の仕組みとなっています。

一旦、その宗教を好きになって信じ込んでしまうと、
まさに、DVからなかなか逃れられないような葛藤を抱え込んでしまいます。

頭では、理屈ではわかっても離れられない。

このような、
魔力的な魅力をもった宗教の危険性について、
冷静に私たちが考えられるようになれないものかと思っています。


「 奇跡 」については、
やはり、私たちは誰しも、その「 奇跡 」に救われたいと願い続けているものだと思います。

私ですら!?
ピンチの時には思わず奇跡を願わずにはおれません(困)

一旦奇跡らしきものを見てしまうと、
その魔力から逃れることは、本当に難しいでしょうね。
2012/10/07(日) 16:20 | URL | 建岳 #-[ 編集]
奇跡
建岳さま こんにちは

無心論者を名乗る方々は死後の世界も奇跡も「ない」と信じます。

それはそうと、彼らは何事も数式と化学反応で解こうとする割には、人間というものがたった30種類程度の原始からできている物質であるにも関わらず、記憶し、恋をし、子を成し、恨み、嘆くことのできるいきものであるという「大奇跡」に気づかないのです。こえは恐ろしい矛盾です。

彼らの信じる「近代思想」も多分に信仰の要素を感じます。人は死んだら何も残らない、だから嘘をつき、人から盗んでも罰など当たらないという「教義」を守っているのではないでしょうか。

記事からすこしずれてしまいました。すいません。
2012/10/07(日) 17:35 | URL | あやみ #-[ 編集]
Re: 奇跡
あやみさん
コメントありがとうございます。

合理主義といわれるような無神論は、
全く自分たちの都合のいいように解釈をするだけで、
本質的に矛盾しているということですね。

確かにそう思いますし、
私たちはそれに何らかの価値観、倫理、宗教などで対抗しなければならないのかもしれません。

あるいは、歴史、文化、知恵など
私たちの先輩たちが累々と積み重ねてきたものについて、
敬意を払い、また、その価値を見つめ直す必要があるのだと思います。

現在の世界に生きる私たちは、
気づかないうちに、
グローバルな経済論理が最優先され、それに振り回されています。

お金の奴隷であり、
ごく一部の富裕層をより富ませる仕組みの一部となっていると感じます。


それに対抗しうることは、
今の私に明確な道筋はありませんが、

私は、現実を正しく見るという「 正見 」を広めていくことが大切なのではないかと考えています。

すいません。
ご返事になっているでしょうか f(^_^;)
2012/10/07(日) 23:48 | URL | 建岳 #-[ 編集]
とても分かりやすくて、有難いです^^
ブログランキングから、タイトルに惹かれて、こちらへ飛んで参りました。

宗教への危険性をDVと共通する執着心からご説明くださっているのが、すごくピンときて、納得いきました。
それと同時に、こういう例を引き合いに出す勇気に敬服いたしました。本当に望ましい関わり方で宗教と接してほしいからこそのご英断だとひしひしと伝わってきました。

以前、歎異抄を読んだとき、「ひたすら帰依するのが、一番効果がある」(意訳ですみません)とあって、当時、私は「それが一番効果はあると思うけれど、現代日本では、本当に帰依していい宗教なのかどうかをまず見分けないと。怖い宗教が多すぎる」と思ったことを思い出しました^^

穏やかで冷静なお言葉に、とても心温まり、感動しました(*^.^*)エヘッ

「正見」というのは、客観視みたいなものでしょうか? 私もそういうものは大切とかねてより思っておりましたので、おこがましいですが、とても共感しました♪

本当に有難うございました(ぺこり)
2012/10/17(水) 09:23 | URL | 多聞あろ #4n3Myn9Y[ 編集]
Re: とても分かりやすくて、有難いです^^
多聞あろさん
コメントありがとうございます。

宗教とは心の拠りどころとなる大切なものであると同時に、
だからこそ、DVと同じような「強い執着心」をもってしまう本質的に危険なものです。

そのことが、
歴史上多くの悲劇を生み出してしまいましたし、
今現在も、様々な問題を引き起こし続けています。

宗教関係者は、ある意味、
「 信じる 」ことに対しての綺麗な面ばかりをお話しするものなのですが、
私はそれではいけないのだと思っています。

宗教家として未熟な私ですので、
余計にそう思うのかもしれませんがf(^_^;)

また、
「正見」とは、仰るとおり「客観視」のことです。
現実を、人の願望や願いなどのフィルターを通して見るのではなく、
ありのままに正しく見ることです。

私たちは、
なかなかこの「正見」に気付くことができないので苦しんでしまうというのが、
仏教の最も本質的な考え方なのです。

ご共感ありがとうございます♪
とても心強いです!
今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
2012/10/17(水) 14:29 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。