永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 ポジティブ刺激 」と「 ネガティブ刺激 」の違い

2012.9.9
⇒前回からの続きです。

前回、
褒めたり、ニンジン作戦をするなどの
ポジティブ刺激 」について述べましたが、

叱ったり叩いたりなど、
躾(しつけ)に代表される「 ネガティブ刺激 」について述べたいと思います。


繰り返しになりますが、私は、

教育とは、
従たる「 顕在意識 」への働きかけに偏重することなく


人の主導権を握っている、
もうひとりの自分・無意識 」へのアプローチを重視する必要があり、

ポジティブ刺激 」と「 ネガティブ刺激 」の両方共を使って
バランス良くなされるべきだと思っています。


褒める、ニンジン作戦などの「 ポジティブ刺激 」は、
個性を見極め、個性に合わせた、個別の対応が基本です。

個人によって好みが違うので、見極め、タイミングなどを工夫して、
粘り強くする必要がありますし、
学級運営などの集団指導の場では、
その個性をまとめるさらなる工夫が必須になります。


これが、
叱る叩くなどの「 ネガティブ刺激 」は、

怖い、痛いなど、
人間を含めた動物共通の生存本能に直接作用し、

反射的な危機管理信号が働くものなので、
「 ポジティブ刺激 」ほどの個別対応は必要ありません。


集団の中で、
流行り言葉など、楽しいことが伝染するのは
最初は、小グループからじわじわと広がり、
その中で廃れるものは廃れ、
数少ないものが、全体に流行るような仕組みで、その伝達のスピードは遅いです

しかし、
恐怖や痛みなど、悪い噂話などは、
瞬く間に集団全体に伝わります。

その最悪の例は、
パニックなのですが、

それほど私たちは、本能的に、「 ネガティブ刺激 」に、敏感に、伝染するものなのです。


だからこそ、
人間教育の根幹である躾(しつけ)として、
「 もうひとりの自分・無意識 」教育に伝統的に取り入れられているのだと思います。


また、
勉強しなさい
「 勉強するのが、あなた自身のためだよ 」
「 あなたは、将来何になりたいの? 」
口だけで注意されているだけで、本人がどうにも乗り気にならないうちは

「 うん。わかった 」などと言って、
聞き流したり受け流すことが案外できてしまいますが、


叱ったり叩いたりされたら、
勉強するか、そこから逃げ出すか、次に同じようにされないようにするにはどうしたら良いのか?
など、何らかの対応をせざるを得なくなります



ここまでをまとめますと、

ポジティブ刺激 」は、
個性に合わせた工夫が必要で、効果が遅く粘り強くその成果を待つもの

ネガティブ刺激 」は、
強制性即効性があり、集団に効果が伝播する。


というような違いになります。


このように、
ネガティブ刺激 」は、
「 もうひとりの自分・無意識 」の教育に、より効果的(強制性・即効性・全体性)なのですが、


よく効く 」も、効きすぎると大変なことになってしまうように、
よく効く「 ネガティブ刺激 」も、効きすぎると大変な事故人権侵害になってしまうので、


なら、よく効かない「 薬 」だけで治療しましょう!
つまり、「 ポジティブ刺激 」だけで教育しましょう!

となるのでしょうか?
<続く>




※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

関連シリーズ
⇒「 もうひとりの自分・無意識 」




「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
ご無沙汰しておりました。

とても難しく、そして大事な問題ですね。
「躾」というものはすでに親のミエともいえるものに変質してしまったようにおもえます。「あの子は躾がなってない、いったいどんな親なのか」…子供のためというよりは人目を気にしてするものに成り下がってしまいました。

「教育する」ことの目的ですが、日本人はここで道に迷ってしまっているのではないか、そう思えるのです。学校で高得点をとりいい大学に進み高収入を得る、それが目的で子を育てるのならば子供は不幸です。学校で運動部に入りインターハイに出場しオリンピックを経てプロ選手にするために、あるいは医者に、弁護士に、芸能界に、N響に、大学の研究室に…とにかく「その道」で大成することばかりを子供に押し付けそれを教育とよんでいるのではないでしょうか、この別名はまさしく「調教」です。

ニンジン作戦も、体罰も、どちらも必要だとは思います。でも目的が「調教」でしかないのであれば子供たちは牛馬と同じ扱いを受けていることになるのではないか、そう思います。

次回を楽しみにしております。

2012/09/09(日) 06:13 | URL | あやみ #-[ 編集]
Re: No title
あやみさん
コメントありがとうございます。

人格の完成として、何を目指すのか?
その方向性を一歩間違うと、まさしく「 調教 」になってしまいますね。

戦前の日本の軍国教育は、
「 体罰 」と教育者の絶対的な威厳をもとにした、「 調教 」になっていたと思いますし、

現代的には、「大成」「成功」することばかりを親が望み、
子どもに押し付けてしまっている構図。まさにあやみさんがご指摘いただいている通りだと思います。

教育者として、我欲が優先してしまっているのか、子どもの為が優先なのか、
適宜自省することが本当に大切なのだと思います。

また、
正しい子どもの教育、人格の完成の目標設定とはどのようなものなのか?を考えると、
非常に難しいです。

先日私が出席した研修会では、
江戸時代に寺子屋で行われていた「論語」の素読が取り上げられていました。

そもそも、儒教が目指す人間像と仏教が目指すものは、
かなり違うはずだと思いますが、

小さな子どもには、仏教ではなく、
儒教、道徳教育がやはり必要なのではないか?

でも、儒教的な考え方で個性を押し殺してしまう弊害についてなど、
深く考えさせられました。

今後も考えていきたいと思っています。
2012/09/09(日) 20:12 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
こんにちは
よく効きすぎる薬と副作用、難しい問題ですね。
スポーツ選手とか周りの人間とか見てみても
ほめて伸びるタイプとしかられて伸びるタイプが
いるみたいで、この見極めが難しいとこですよね。
2012/09/10(月) 14:40 | URL | Sakulanbo #ZPPmqLno[ 編集]
Re: No title
Sakulanboさん
コメントありがとうございます。

ほめて伸びるタイプ、しかられて伸びるタイプがありますね!

私はどちらかといえば、
ほめられて伸びるタイプでしょうか?

きっと、
ほめられて伸びるタイプが多いのだと思います。

私は、ほめられて伸びるタイプの人でも、
ほめられるオンリーよりも、時々、叱られることで、
より効果的になるのではないかなどとも思っています。

また、逆もしかりかと。

次回、
効きすぎる薬(ネガティブ刺激)の使い方について、
私なりの考えを述べたいと思っています。
2012/09/11(火) 10:05 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。