永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジティブ刺激とネガティブ刺激

2012.9.1
⇒前回からの続きです。


もうひとりの自分・無意識 」の教育方法についてです。


前回のブログで、

人はともすれば、言葉だけ
勉強しなさい 」といわれるほど勉強したくなくなる一面をもっているのに、


ストレスを与えない言葉だけの教育というものが成立しうるのか


まれに、
スーパー教師が理想的な教育を実現することがありますが・・・。
というような取り上げ方をしました。


ただし、人間は誰しも
顕在意識 」と主導権を握っている「 もうひとりの自分・無意識 」が同居して存在しているので、

スーパー教師、スーパーお母さんといえども、
「 顕在意識 」だけに働きかけて、

「 もうひとりの自分・無意識 」を無視するような教育は、実は 不可能 です。


例えば、
「 よくこんな大変なことが出来たね♪ 」と言葉で「 褒め 」たり、
「 これだけ頑張って、この目標が達成できたら、お祝いしようね! 」と「 ニンジン作戦 」をとってみたり、


つまり、
「 もうひとりの自分・無意識 」が 喜ぶ 、言わば「 ポジティブ刺激 」を駆使しているのです。


反対に、先に例をあげていた、

しつけ)、
強く叱ったり、叩いたりなどは、「 ネガティブ刺激 」とでも言えると思います。



私は
もうひとりの自分・無意識 」の教育方法については、

その
ポジティブ刺激 」、「 ネガティブ刺激 」、

両方ともを、バランス良く工夫されるべきだと考えていて、


現在の教育においては、
「 ネガティブ刺激 」を全否定し、「 ポジティブ刺激にばかりスポットを当てている風潮が問題だと感じています。


次回は、
「 ネガティブ刺激 」の必要性とバランスについて述べたいと思います。
<続く>




※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。


関連シリーズ
⇒「 もうひとりの自分・無意識 」





「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。