永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『寺おこしの会』呼びかけ

2012.6.14

御無沙汰しております。

バタバタいろいろ過ごしているうちに、
日数がたっていってしまいました。

今後、夏を迎えるにあたって、
より一層、更新がたびたびになるかもしれませんが、
(去年もこの時期お休み状態でした)

今後ともよろしくお願いいたします。


『 中外日報 』という
仏教などを中心とする宗教の業界紙に、

「 お寺のイメージをダイナミックに変革 」という表題で私が投稿した文章を、掲載していただきました。
chugai20120612
⇒PDFはこちらから

これは、

普通の檀家寺そして仏教に対して、今あるネガティブイメージをダイナミックに変換をしていこうとする

「 寺おこしの会 」を多くの寺院に呼びかけようとする内容のものです。

もしよろしければ、
⇒PDFファイル

あるいは、
投稿原文を下に載せますので、
ご興味のある方は、読んでみてください。

ブログとしては、
かなり長文になってしまいますが申し訳ありません。



『 お寺のネガティブイメージのダイナミックな変革を! 』

 お坊さんから連想する「死」のイメージは、世の中に非常に根強いものがあります。
お坊さんが黒衣姿で病院に知人を見舞うものなら、ギョッとする周りの視線と固まる空気にすぐに追い出されかねません。お参りのついでに用事があって、お宅を訪ね入っていく姿を見た近所の人が連想するのは「 ○○さんの家のどなたか、亡くなったのかしら?」。

 お寺の近所や日頃馴染みのあるところでお坊さんを見かけるのは平気でも、予想外、想定外のところでお坊さんに出くわすその刹那、「 怖い 」「 死にたくない 」「 お迎えが来た 」。まるで死神を見るような視線が突き刺さります。街なかでふと霊柩車を見かけて急いで「 親指の爪を隠さなきゃ! 」。まさにお坊さんのイメージの一面は「 歩く霊柩車!? 」でしょうか。それほど縁起が悪いお坊さん。できれば関わりたくありません。

 「 私の家には、仏壇がまだ無いから、お寺さまは関係ないでよう。 」自分自身や身近な人が健康で元気なうちは、できるだけ死や病気などネガティブなものは考えたくない、関わりたくない。差し迫ったことがあって初めて人は、仕方なくなんとなく、お坊さんお寺さんとのお付き合いを始めるのです。

 もちろん、先祖代々続く本家筋の檀家さんなどにとっては、小さなころからお寺とお付き合いすることは当たり前、自分たちのお寺を支えるために物心ともに協力を惜しまず、とても身近な存在としてお寺があるからこそ、多くの寺院がこれまで発展、存続できてきたのです。それは間違いありませんが、

 けれども他方でやはり、お寺やお坊さんに対して「 縁起が悪い 」「 できれば(一生)関わりたくない 」と思っている人たちは数多く根強く社会風土として厳然と!?存在しているのでしょうし、このことがお寺を「 葬式仏教 」「 葬儀法要仏教 」などと揶揄される要因の一つともなっているのだと思います。

 「 お寺は生きているときはあまり関係なく、死んでからお世話になるところ。 」「 死後の世界とこの世を繋ぎ、その中間に存在するのがお寺 」など世間の一般的!?な意識について、僧職である私には注文をつけたくなるものなのですが、皆さんはいかがでしょうか? お寺はもっと「 生きている私たちに身近な存在 」としてあるものであり、仏教は「 生きている私たちにとっての普遍的な心の拠りどころ 」として誰に対しても存在して欲しいという願いがあるのです。

 例えばキリスト教は、葬儀というよりも、結婚式、洗礼、日曜礼拝など、人が生まれ成長していく過程のすべてに、すべての人に関わっていく形態であって、まさに生きていく上での拠りどころであり、聖なるものであり、決してイコール死を連想させるネガティブイメージのものではありません。

 私たちの仏教そしてお寺は、本来、そのような姿を目指していかなければならないのではないでしょうか?
死生観や葬儀に対する考え方が大きく変わっていこうとしている今こそ、私たちはお寺に対するイメージを本質的に変容させる取り組みが求められているのだと思います。そして、今後のお寺の行く末を左右する大きな課題なのではないでしょうか。

 仏前結婚式の普及とその前提となる婚活支援。子どもが生まれたらお寺詣り。成人の際に2文字の生前戒名をこれまでの20年間とこれからの希望を込めて。コンサートやイベントなど。うつ病予防として仏教的考え方を元にした低ストレス社会の実現。「 癒しの日 」としての4月8日の国民的行事化などなど。このような取り組みの全国規模化を。

 まさに「 生きている私たちにとっての身近なお寺 、心の拠りどころ 」を目指してのお寺改革。ダイナミックな意識の変革。より多くの寺院が協力して工夫しながら取り組んでいくことができれば・・・。お寺の持っている力、眠っている能力を見つめ直し、もう一度掘り起こしていくいわば「 寺おこし 」。一緒に連携、協力して活動を始めてみようかという方、同じような思いの方はいらっしゃいませんでしょうか?

永正寺 副住職 中村建岳(オリジナル原稿)





「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
素晴しいですね~。
どんどん、同様なお寺さんが増えると良いと思います。
この記事が波紋となって、大きな効果を呼び起こすことを期待しています。
2012/06/14(木) 22:46 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
No title
こんにちは。
実に楽しく拝読いたしました。
私の父の実家は京都でした。それこそ町中お坊さんだらけ、お盆のころに祖父母のもとに遊びに行くとスクーターで忙しそうに爆走するハイカラなお坊さんなどもよくみたものです。私自身は東京育ちですが、小さい頃からお寺の境内でよく遊んだもので、なにより小学校の理科の先生は頭を丸めたお坊さんだったのです。
お寺というものにあまり暗いイメージは持っておらず、お坊さんという方々に対しては周囲の大人たちと同じ人間というのに加えて「お父さんやおじいちゃんが知らないことを知っている人」というような見方をして育ったような気がします。
誰かが亡くなるとすぐさまお寺のお世話になるのが「当たり前」になっていますが、なぜそこでお寺やお坊さんが必要なのか考えたことすらない人が殆どでしょう。この世の刹那な生き方がそうさせるのでしょうか。そんなことも、お寺を身近に感じられないことの理由のひとつではないでしょうか。

これから暑くなりますが、ますますのご活躍をお祈りいたします。
2012/06/15(金) 05:30 | URL | あやみ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/15(金) 08:16 | | #[ 編集]
Re: No title
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

たくさんのお寺が
坐禅会や法話、コンサートなど、様々取り組まれているのですが、

単体でお寺が取り組むのではなく、
お寺のイメージを「 生きている私たちと共にある 」と変えていこうという
共通の目標を明確に掲げ、連携し、社会的影響力を生み出し、働きかけていきたいと
構想しています。

まず、
近隣のお寺など10ヶ寺ぐらいで「寺おこしの会」を発足させたいと思っています!
2012/06/15(金) 10:30 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: No title
あやみさん
コメントありがとうございます。

あやみさんはお寺を身近に感じていただいていたのですね!
ありがとうございます。まさに、京都はお坊さんだらけです。
私も京都で、数百人規模のお坊さんがする托鉢の一人として参加したことがありますが・・・(汗)

私たち日本人は、意識的にではなく、なんとなく、
お坊さんを本能的!?に嫌がって避けていても、
いったん何かのご縁があれば、自然にお付き合いができてしまうのだと思いますが、
まったくご縁のない人にとってはやはり、なんとなく避けたいものだと感じます。

「 なんとなく 」であって「 なぜ 」と探求しないのか?
まさに刹那的な生き方がその一因なのだと思いますし、

もともと、人というものは、
必要に迫られない限り、何かのきっかけがない限り、
物事を探求していく考えていくということが、出来ないものかもしれません。

個人の能力の問題もあるかもしれませんが。

なぜこのような風習があるのか?
なぜ、お寺は葬式仏教と呼ばれるのか?
なぜ、人は苦しんでしまうのか?

深く考え続けていきながら、宗教家としてありたいと思っています。

いつも物事の本質に迫られる
あやみさんの考え方、姿勢の素晴らしさ。

今後ともよろしくお願いいたします。
2012/06/15(金) 11:20 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: No title
鍵コメさん
コメントありがとうございます。

明るく清らかなイメージのお葬式、なるほどです。
地域コミュニティの一つとして、
生きる私たちの拠りどころとして、
心を休める気楽な立ち寄りどころとして、

是非、
仏教とお寺のイメージを大きく変えていけるような取り組みをしていきたいと思っています!
2012/06/15(金) 18:55 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
こんばんは。
ご無沙汰しております^^

そうなんです。
仏教やお坊さんは、もっと身近に在るべきだと思うんです。
って、僕はお坊さんじゃありませんが^^;

宗教は死んだ人の為だけでなく、生きて苦しんでいる人の為にあるべきかと。
お坊さんも、一昔前なら身近な相談相手として在ったと思うのです。

僕は、仏教は他のどの宗教よりも「心」を見つめた宗教だと思っているので、それが活かされていない現状は非常に残念です。


応援しています!^^
2012/06/24(日) 23:54 | URL | うるちん #-[ 編集]
Re: No title
うるちんさん
コメントありがとうございます。

仏教、お寺、お坊さんは、
興味のある一部の人たちの趣味のようなものにとどまっていると思います。

そして、ともすれば、
お寺や、お坊さんが敷居が高く、権威主義に陥ってしまうこともあり、
なかなか身近なものとなってないのだと思います。

そして今、
様々なお寺の取り組みが、
ちょっと変わったもの、面白いものとして取りあげられていることを、わりと多く目にしますが、
全体の雰囲気や風土を変えていく動きにはなっていません。


何か独自の取り組みを一つのお寺でやっていることに満足しないで、
多くの寺院が
「 生きている私たちの仏教 」となるように協力して一緒に工夫して取り組み続けることが
今、必要なのだと思います。

是非、一緒に活動していきましょうね♪
2012/06/26(火) 10:37 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。