永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛みを感じているのは、一体誰だ!?

2012.4.24
⇒前回からの続きです。


臨済禅師

「 私が、いろいろごちゃごちゃ考えていたこと、思っていたことは幻想だった。
  そして、その幻想こそが現実の自分の全てだと思っていた。

  それは間違っていて、
  ただ単に、痛みを感じていることこそが、現実の全てなんだ! 」

と、ついに悟りをひらきます。


そして、その瞬間
今まで自分が自分自身の全てと思っていたものが、幻想であったことに愕然とします

「 私は、本当の痛みを感じていなかった。
  本当の痛みを感じていたのは一体誰だ!? 」



臨済禅師は、
自分自身の中に、「 もうひとりの自分無意識 」がいることに気付くのです。


私は、叩かれている間
辛かったり悲しかったり苦しかったりしたのですが、
そんなこととは関係なくただ痛みを感じている、もうひとりの自分無意識



後に、臨済禅師が、
修行僧を前に説法をした内容が「臨済録」に残っています。


『 赤肉団上一無位の真人有って、常に汝等諸人の面門より出入りす。未だ証拠せざる者は、看よ看よ。』

現代語訳
「 この肉体には無位の真人がいて、常にお前たちの顔から出たり入ったりしている。まだ、これを見届けておらぬ者は、 さあ看よ! さあ看よ! 」


いかがでしょうか?


この「 無位の真人 」とは、
まさに、「もうひとりの自分無意識」のことなのです。


そして、
孫悟空お釈迦さまの掌の上で得意になって動き回っていたことのように、
⇒参照①「私は孫悟空!?」  ⇒参照②「無意識には逆らえない」


もうひとりの自分無意識の大きさに気づくのです。
<続く>



※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。


関連シリーズ
⇒「 もうひとりの自分・無意識 」





「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
こんにちは
自分の中の無意識の存在ですか。
邦訳を忘れてしまったのですが、 Eckhart Tolle.がThe Power of Nowの中で、同じようなことを書いていますね。たしか、絶望のどん底でもう耐えられないと思っている自分とそれを見つめている自分がいることに気がついたとたんにものすごい衝撃的な体験をしたとか、そんな内容だったのではないかと思います。無意識は、考えれば考えるほどよくわかりません。
2012/04/24(火) 15:34 | URL | Sakulanbo #ZPPmqLno[ 編集]
Re: No title
Sakulanboさん
コメントありがとうございます。

Eckhart Tolleという方は、まさしく悟りについて書かれているみたいですね。今、検索してみました!
まさにその衝撃こそ、稲妻に打たれたような悟りの瞬間だったのだと思います。

この悟りとは、頭で理解しているだけでは不十分で、

本当にそのもう一人の自分こそが、自分自身の主人公なのだと、
それこそ衝撃的に、人生観が一変するような、革命的な価値観の変革を伴うものだと思っています。

でも、
人とは、どうしても今の私(意識)に執着してしまうものなのですよね。
私自身を振り返ってみて、悩ましいものだと思っています。
2012/04/24(火) 21:40 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。