永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛いと感じていること、そのもの

2012.4.14
⇒前回からの続きです。


臨済禅師は、いきなり師匠・黄檗に棒で叩かれ続けます


「 痛いっ! 痛いですっ!
  師匠なぜいきなり私は叩かれなければならないのでしょうか?
  私が何か悪いことでもしたのでしょうか? 」
             (臨済禅師 心の声:以下同じ)


  『 悟りの奥義とは、
    この痛いと感じていることそのものだ!どうだ、わかったかっ! 』
                (師匠・黄檗 心の声:以下同じ)


「 いきなり叩かれるなんて、辛いです。
  今までずっと、私なりに真面目に修行に励んできました。
  意を決して、悟りの奥義について質問に参りましたが、
  私には、まだ、その奥義を伺う資格がないのでしょうか? 」



  『 いや、小僧!
    違うのだ。お前がごちゃごちゃ考えれば考えるほど悟りから遠ざかる
    現実は、今、お前が痛いと感じていることのみなのだ! 』



「 師匠!
  私はわけもわからないまま叩かれ続けています。

  とても悲しいです。

  私はこれから一体どうしたらよいのでしょうか? 
  私は、私は、私は・・・ 」



  『 臨済っ!
    今、わしが言葉で説明することは簡単だが、
    せっかくここまできたのに、
    それでは台無しになってしまう

    それではお前はその奥義を体得できない
    悟りとは、自分自身、自らが気づかねばならないのだ! 

    お前は本当に、本当の痛みを感じているのか

    痛みを感じているのは、一体、誰だ? 』



このような心のやり取りがあったのではないかと
私は想像しています


そして、
臨済禅師は、ついに気づくのです。


「 私が、いろいろごちゃごちゃ考えていたこと、思っていたことは幻想だった。
  そして、その幻想こそが現実の自分の全てだと思っていた。

  それは間違っていて、
  ただ単に、痛みを感じていることこそが、現実の全てなんだ! 」と。


私たちは、子どものころ(今でも)
注射を打つとき
針が皮膚を刺す前から、恐怖におののきます。逃げ出したくなります。

そして、注射が終わった後も、泣き出してしまいます。

でも、
本当の現実は、針が刺さって薬剤を注入する間に感じるチクッとした一瞬の痛みそのもののみです。


臨済禅師は、
棒で叩かれ続けていたときに

師匠に認められていないと感じて悲しかったり、
プライドが傷つけられたり、これからの目標を見失ったり

とても悲しく辛く苦しく感じていたのですが、

それは、
本来の身体の痛みとは別の
そして、自分自身が生み出した幻想の世界の苦しみだと悟ったのです。


そして・・・、
<続く>


※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。


関連シリーズ
⇒「 もうひとりの自分・無意識 」





「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
棒で叩かれて、いきなりへし折られたプライドで、痛む「心」の痛み、
実際は、そうじゃない、但単に棒で叩かれて痛い、という事実のみ。
それを悟った瞬間というのが、凄かったのでしょうね。
当に閃きの瞬間、
自分にもそういう瞬間がいつかあったらいいな、と思い直して、
また明日からを頑張ります。素晴しいご褒美も貰ったことですし♪
2012/04/15(日) 23:02 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
No title
ほんとうに、そんな心の葛藤が目に浮かぶようです。
時々ですが、実際の痛みや苦しみよりも、苦しかろう、つらかろうと勝手に推測して身構えてがんじがらめになってしまっている自分がいることに気がつきます。というか、正確には、そんな封にしている人の姿が目に入って、私もそうなんだろうなあっと。師匠から棒で叩かれて、その瞬間に悟ることができたらすばらしいでしょうね。
2012/04/16(月) 14:22 | URL | Sakulanbo #ZPPmqLno[ 編集]
Re: No title
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

まさしく凄かったのでしょうね!
悟りの瞬間とは、まさしく稲妻に打ち抜かれたような衝撃があるのだと思います。

あともう一つ、
今まで、自分が自分だと思っていた全てが、
実は、幻想だったという、

もう一人の自分の存在に衝撃を受けたのだと思います。

私には、程遠い世界です(汗)
2012/04/16(月) 23:05 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: No title
Sakulanboさん
コメントありがとうございます。

今回のブログは、
できるだけ臨場感のある表現をしたいと思っていたので嬉しいです♪

悟りというものは、
頭でわかったつもりになっているのではいけなくて、

本当に心の奥底から身体全体で理解できなくてはいけないものなので、
そうしようそうしようと思っていてもなかなかできない、とても難しいものです。

まさに、棒で叩かれて悟る瞬間!
それらの苦しみから開放される特別な瞬間なのだと感じています。
2012/04/16(月) 23:19 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。