永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気料金値上げ問題で、疑問に感じること。

2012.3.8

東日本津波原発大震災による
原発問題は大変深刻です。

原発事故の収束、賠償問題を抱えている
東京電力
電気料金を値上げする方針をうち出しています。


それに対する、
東京都の猪瀬副知事や、
政府の枝野経産相の対応など、

東電はリストラを充分していない。
東電職員の過剰な福利厚生も全部、電気料金にはねかえっている。
東電は子会社と随意契約をしていて、高コスト体質になっている。
その東電子会社に、役員が天下りしている
東電がもっている資産を売却すると○○○億になる。
東電の役員の退職金は・・・・。
東電の賠償はどうなるのか。
東電は国有化すべきか。
東電は、東電は。
東電は。


東電という会社はひどい!
こんなひどい会社に値上げは許されない!

連日!?このような報道がされています。
果たしてこのまま、値上げは強行されるのか。


私は、
これらの動きを見ていて、どうにも腑におちない、大きな疑問を感じています。



果たして
『 東京電力だけが悪いのか? 』



私は、ここで、
東電だけが悪いのではなく、政府や、官僚、マスコミ!?などの責任を追求するべきだと言いたいのではありません。


次から次へと出てくる
東電の問題を見るにつけ、

じゃあ、
中部電力や、関西電力九州電力などのその他の電力会社、

それらの電力会社は同じような問題を抱えていないのか
と言いたいのです。



東電だけが
高コスト体質で、退職金や給与が高額で、資産がたくさんあって、
特別にひどい会社で、
あとの電力会社は、全て健全な経営をしているのでしょうか?



実質、独占企業であるその他の各電力会社も、

東電と同じように、
高報酬、過剰福利厚生、高額退職金、子会社への随意契約とその子会社への出向など、
高コスト体質全て電気料金に反映させているはずです。


原発事故を起こした当事者の東電だけが、
高コスト体質の改善が求められ

たまたま!?事故を起こしていない、その他の電力会社の方は、
今までと同じ高コスト体質とその電気料金への反映が、そのまま許されていいはずがありません


今、東電だけが求められている合理化策は、
東電だけの問題ではないのです。

全ての電力会社が同じように、
資産を売却し、合理化する必要があります。

そして、その合理化した分を、
原発事故被災者への賠償などに充てるべきです。


また、
電気料金の値上げも、
たまたま東電の管轄内にいる企業や人だけに負担増になってしまうということで本当にいいのでしょうか?

17%の値上げに耐え切れずに東電管轄内の企業が倒産して、
その連鎖倒産が全国に広がりはしないのか?

全国で広く薄く負担するようにしたら、値上げ幅を抑えられ、企業倒産の危険性を低下させることができるのではないか?


東電だけに賠償責任があり、足らない分は東電管内の企業や家庭の電気料金と、税金(全国の国民が納める)で補われて、
その他の電力会社は、以前と変わらぬ高コスト体質とその価格反映を許されるという状況には納得ができません。


もちろん法律上の制約などいろいろとあるとは思いますが、


東電はじめ全ての電力会社に賠償責任、あるはそれに準じるものがあって、
今までの不正な価格反映など全て見直した合理化策を、全ての電力会社が取り組んでそれを賠償などにあて、
それでも足らない分は、日本全国の企業や家庭の電気料金、あるいは税金で補う。

というような形にできないものでしょうか?


たまたま住んでいるところによっての不公平感が大きすぎます。


皆さんは
どのようにお考えでしょうか?





「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
建岳さんの仰るとおりですね。
まずは、等電と言う会社の体質改善が必要だと思います。
専門家に、きちんと体質、経営、などを判断してもらい、
無駄を削ぎ落とした後の値上げでなければ、
私たちは納得できません。
が、それをどうやって、上に伝えてゆくのか、
それすらも問題で、悩む一方です。
2012/03/10(土) 22:04 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
Re: No title
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

東日本津波原発大震災、明日で1周忌です。

もう1年経ちますが、
復興への道は困難をきわめている印象です。

世の中の大きな流れに対して、
個人が何を出来るのかとも思います。

明日は、心静かに法要を営みたいと思っています。
2012/03/10(土) 22:34 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。