永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「原発事故の情報開示について」

2011.5.15
前回からの続きです。

2か月前
私たちは、原発事故の映像くぎ付け になり
その不安がピークに達していました。

もちろん
現在も大変深刻な状況であり、全く予断を許さない状況です。

しかし、
2か月前の緊迫状態とは、
NHKのテレビカメラも数10km離れたところからしか撮影できず
実際に何が起こっているのか、極めて不明
そして
一瞬先に何が起こるのか、
「 チェルノブイリ 」「 メルトダウン 」・・・
想像することすら恐ろしい、真っ暗闇の中での張りつめた緊張状態

「 数トンの水をかけることすら、おぼつかない 」

このまま一体どうなるのか?
不安が増す一方でした。


もちろん現在も予断は許しませんが、
一定の監視下にあることや、対応策について、状況についてなど
質やレベルが全く違う深刻で危機的な不安感であったはずです。


当時の
私たちが抱いた計り知れない大きな不安丁寧に思いだしていただければ、
多くの方が同感していただけると思うのですが、

あの時の私たちは、
日本中はパニック寸前の極限状態だったのです。



 その考えられるパニックとは、
 「 このまま関東にいては危ない! 」
 という情報がその不安感とともに瞬く間に広がって

 我こそ先にと、数百万人規模!?が
 西日本への避難へ殺到する
 駅や道路が大混乱
 空白になった首都圏のマヒ
 企業会社も空転。

 そのことによる経済への深刻で致命的なダメージ


冷静に判断するというよりも、
不安情報に対して常にアンテナを張りつめ続けていた私たちです。

事実、少なくない方が西日本に避難もしています。


今現在
このパニックが起こらずに
一定の安定状況!?(当時に比べれば)である段階で、

「 政府が情報を開示しなかったから
  隠ぺいをされた、政府を信用できない 」

と問題点を指摘するマスコミ、コメンテーターがとても多いのですが、


あの当時の情報でも買占めをした私たちです。(西日本でさえ)
正確な情報を出そうとしても、風評被害はなかなか無くならない私たちです。


集団心理とは、
正確な情報を出したからといって落ち着くとは限らない
その動向を読みづらいモノ
本質的に予測不能なものなのです。


財務閣僚の不用意な一言が
株価を大きく変えてもしまいます。


私たちは将来のことがわかる全知全能の神ではありません。
単なる人間なのです。


パニックが充分想定される極限状況で、
正確な情報とはいえ
例えば「 レベル7 」を言うことが正しかったのでしょうか?


もしも
その結果、パニックが起こってしまったら
( このもしもは誰にも検証できないのですが )

今度は
「 政府の発言が軽すぎる!!! 」
「 この大混乱の収拾をどうするのだ!!!」

と徹底的に
マスコミ、コメンテーター、そして私たちは追求するのではないでしょうか?

怒りにまかせて。


前回のブログで私は、
『 つまり、人間とは
  「 今ある素晴らしさについては、極めて実感できないようになっていて、
   問題点については、過敏なほど気になってしまう 」
  これが人間という生物の持って生まれた宿命的な さが) なのです。』
と書きました。


今現時点でパニックが起こっていない素晴らしさについては、

病気になってみないと健康のありがたさが分からないのと同じように
パニックが起こってみないと、今現時点での素晴らしさが非常に実感しづらいものだと思います。


今回の巨大震災は、本当に深刻な被害と爪痕を残し続けています。

目を開けば、悲しい光景ばかり、
思い始めると辛いことばかり、
考え始めると問題ばかり、
となってしまうのは当たり前です。


そして、私たちは
そのやり場のない悲しみ怒り苦しみを、
何かの、そして誰かのせいにしてしまいたくなります。
そして、結果苦しみが余計に増大してしまうのです


「 私たちは、
  この深刻な状況だからこそ
  あえて、
  今ある素晴らしさにより気付くように心がけるべきではないでしょうか? 」


前回も書きましたが
『 私たちが
  この身勝手な性質を持っているという現実に、深く気付くことによって
  余計な苦しみを緩和し、無くしていくことができるのです。 』





< 今回のブログ記事の主旨について >

具体例をあげるのに原発問題はかなり際どいと感じているのですが、
私たちは、そもそも何もかもを見通して問題を把握できるわけではなく、その能力に限界があるのだと。
その持って生まれた人間性を前提にしたモノの見方を心掛けることによって
( あえて、今現在が成り立っている素晴らしさについて考えるなど )

一人ひとりの苦しみが少なくなり、そして
社会に蓄積する不満が減少する効果が期待できるのではないか?
という投げかけです。

政府の一連の対応が100%正しかっただとか
まして、東電についての評価についてなどはここで言及するつもりはありません。
一つ一つの物事に対する受け止め、評価はまさに様々な意見があると思っています。

様々な評価があるはずだからこそ、
今回の政府のパニックを起こさなかった対応について、素晴らしいという評価が
全くと言っていいほどないことについては心配しています。


大変、長文になってしまい
また、説明の至らないところ、私自身の考えの未熟なところなどもあると思いますが、
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m








「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
私は、政府の対応を、評価している、ひとりです。

予測不可能な、状況の中、大きく、国民感情を逆なですることなく、事態に、誠意をもって対応せれていると、思います。

日本という国を、国際社会から、孤立させない、配慮もされているでしょう。

信仰を信じないと、安らぎを得られないなら…

国が行っている事を、信じないと、始められないことも、多いと思います。

国民にしろ、政治家にしろ、人間ですから、そして人間は、感情の動物ですから…

物凄い努力を、見えないところでされている人も、含めて、感謝の気持ちで、いっぱいです。

私は、病魔と闘っている身として、いい時代に、産まれたな、と、本心で思っています。

意見として、成立しているでしょうか?
2011/05/16(月) 01:09 | URL | 平木 治瑠 #-[ 編集]
No title
リーダーが充分な情報を適切に開示して、安心感を与えるメッセージを流し続けることが、集団にパニックを起こさせないための基本です。
2011/05/16(月) 11:08 | URL | Y.G. #mQop/nM.[ 編集]
こんにちは。
私は 政府も 東電も どちらも
評価も批判もしません。

やるべきことを
国代表、会社代表として やっているというだけで 決して
危機的状況を回避したとは 言えないと思います。

未だ続く 原発の脅威。
原発の作業員も 亡くなられた方がいるわけで、
そこに 評価は出来ないし マスコミの対応する 安全委員も 昨日今日選ばれた 回し物のような方が対応して 最初は いったい何を考えているんだと、憤慨していましたが。

「今現在が成り立っている素晴らしさについて考える」
ということ
とても 重要だと思います。
私たちは それを忘れてしまっています。

日々心がけて 暮らしてゆきたいと 思いました。


なんか、支離滅裂で ごめんんさい。。



2011/05/16(月) 11:36 | URL | ボヤージャ #-[ 編集]
No title
こんにちは
本当にそうですね
今ある素晴らしさに、より気づくように心がける
大切な事ですね。
そう思うといまここでパソコンを
打っているのもすごいことですね
しかも遠い所にすんでいる、
会った事もない副住職さんに
パンだの折り方を教えてもらって
楽しい時間をいただいた事も。

100年前の日本じゃ考えられませんよね。
これから日本は日本らしさをもっと
発揮できたらいいですね。
原子力の事、サッパリ分からない
ではいけないんだなと思っているところです。
他にいいエネルギーが在ればそっちの方がいい
とは思いますけど勉強不足です。

2011/05/16(月) 13:30 | URL | きなり食堂 #-[ 編集]
Re: No title
平木 治瑠さん
コメントありがとうございます。

平木さんが仰っていることとても良くわかります。
まさに、その通りだと思います。

特に
>予測不可能な、状況の中、大きく、国民感情を逆なですることなく、事態に、誠意をもって対応

については、
多くの人たちが、軽々とこんなことは当たり前だとしてしまっていることに
私は違和感を持っています。

ついつい
苦しみについてだけ考えてしまう中、
今ある価値について感謝されていること
とても素晴らしいと思っています。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
2011/05/16(月) 17:31 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: No title
Y.G.さん
コメントありがとうございます。

> リーダーが充分な情報を適切に開示して、安心感を与えるメッセージを流し続けることが、集団にパニックを起こさせないための基本です。

まさに仰る通りだと思います。
ありがとうございます。

つい現在の状況から、当時の問題点ばかりが気になりますが、
今の状況があるのは何故か?
と考えてみるきっかけとしていただければありがたいと思っていますm(_ _)m
2011/05/16(月) 17:36 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: こんにちは。
ボヤージャさん
コメントありがとうございます。

評価も批判もしない姿勢、
とても素晴らしいと思います。

ともすれば
あまりに大変な状況ばかりに目がいって
つい批判がちになってしまいますが、

そんなときだからこそ
少しブレーキをかける試みが必要だと感じています。

何といっても
私たちは今ある素晴らしさについて実感することは、
「 不得手 」ですので。

支離滅裂なんてとんでもないですm(_ _)m
ありがとうございますm(_ _)m
2011/05/16(月) 17:45 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: No title
きなり食堂さん
コメントありがとうございます。

今の世の中、気付いてみれば
素晴らしいことだらけですね。

間違いなく
人類史上最も豊かで平和で、人の権利が守られている世の中だと思います。
だからこその苦しみや弊害も感じますが。

本当に
インターネットがなければ
決してお知り合いになることのない「きなり食堂さん」と
こうしてコメントのやりとりができること
素晴らしいですね♪

私は、あえて
「豊かだからこその苦しみ」に
陥らない工夫、心がけが必要と感じています。
2011/05/16(月) 17:54 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
非常に為になる

お話でした

2011/05/16(月) 19:42 | URL | frammento #-[ 編集]
こんばんは!
苦しみを、取り除く、という、考え方から、人の努力を評価する、に、考え方を、変えると、面白いほど、価値観が変わりますよ。

是非、試してみてください!
2011/05/16(月) 21:55 | URL | 平木 治瑠 #-[ 編集]
己のあり方
建岳さん、こんにちは。

建岳さんの言うとおりですね。

いろいろな物に振り回されて、恐怖がでることで、怒りが芽生えたり・・・

そのときに、「己はどのようにあるべきか」を考えると良いのかもしれませんね。

僕は政府の皆さん頑張っていてくれてありがとう、東電の皆さんも頑張っていてくれてありがとうと思っています。

もちろん、完全な情報を知っていて隠しているとしたら、
社会的に問題かもしれませんが・・・

僕らは僕ら自身が幸せ豊かになるにはどうすればいいのか。
今幸せなことは何だろう?
って、幸せ・不幸では幸せな方向にアンテナを張ることができるんですね。

政府がどう行動しようが、社会がどうであろうが、
結果的に自分が幸せに感謝に気づければ、
そのような日々が過ごせるのかもしれませんね。

恐怖に負けて、怒りを相手にぶつけるよりも、
幸せに気づいて、すばらしい日々を生きることが
僕ら自分自身で得られる学びなのだろうなぁと思います。

気づきをありがとうございます。
2011/05/16(月) 23:14 | URL | ぜん #-[ 編集]
こんばんわ!
とても良い問題提起・・・・と感じました。大きな不安を宥めてくれたのは出来るだけの正確な情報と専門家による詳しいアドバイスだったと思います。単なる不平や不満、不安を抱き続けることの魂への弊害には、ぬぐえないほどのものがありますから・・・建岳さまの仰るようにそこにある真実を観ること!! そして感謝すること!!人は それぞれ感覚はことなっていますが、・・・人の努力や良心の輝きはかすかにでも見えるはずですから・・・一日も早い収束を願いつつ。。。被災者の方々に希望を、と念じています。。。
2011/05/16(月) 23:15 | URL | Msmimi #-[ 編集]
Re: No title
frammentoさん
コメントありがとうございます。

今回
私の世の中に対する違和感や引っかかりを表現させていただきました。

>為になる

と言っていただいて、ありがとうございます。
考えていただくきっかけになれるとすれば、この上ない幸いですm(_ _)m
2011/05/17(火) 00:25 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: こんばんは!
平木 治瑠さん
コメントありがとうございます。

そうですね。
今ある苦しみに着目するのではなく、
今ある人の努力に着目することが大切だと思います!

そうするとまさに価値観が変わり、
世界が違って見えますね!

是非お勧めしたいです!
2011/05/17(火) 00:31 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: 己のあり方
ぜんさん
コメントありがとうございます。

ぜんさんの仰ること全くその通りだと思います。

そして
>恐怖に負けて、怒りを相手にぶつけるよりも、
>幸せに気づいて、すばらしい日々を生きることが
>僕ら自分自身で得られる学びなのだろうなぁと思います。

この言葉にすべて集約される気がします。

私たちは、恐怖や苦しさについ負けてしまって
問題点ばかりに着目してしまうのですが、

本当は、
人間だから気が付いてないところ、気がつきにくいところに
素晴らしいことがあるのかもしれないですよね♪

まさに
「己のあり方」です!
2011/05/17(火) 00:41 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: こんばんわ!
Msmimiさん
コメントありがとうございます。

仰る通りです。

>単なる不平や不満、不安を抱き続けることの魂への弊害には、ぬぐえないほどのものがありますから・・・

いたずらに批判を繰り返してしまうこと
それが目に余るような状況こそが、まさに心配なのです。

一人ひとりが、
情報や風潮に惑わされずに、

そして人が本来持っているどうしようもない人間性をも乗り越えて

敢えて、真実を見ようとすること、そして感謝することが
今、大切なのではないかと思っています。

一日も早い収束と希望を実現するためにどうすればいいのか?
私たちが、冷静に判断して行動し、
そして、私も祈りたいと思いますm(_ _)m
2011/05/17(火) 00:53 | URL | 建岳 #-[ 編集]
建岳さんは、凄い人だと思います!
問題提議をし、それに対する、回答に、誠意をもって、応えられていらっしゃる。

宗教家だから…

そうでは、ないと思います。

私が、建岳さんの、立場だったら、同じ事が出来るだろうか?



考えました。


今の私では、とても難しい事…

私も、人や社会の、欠点ばかりが目についていた時期があります。

それが、若さ、なのかもしれませんが…



それは、自分に対しても、欠点に、目が行き、隠そうとばかりしていました。


自分は、等身大の自分なんですよね、自分と向き合う、という、意味が、やっとわかりかけてきた、若輩者ですが、今後とも、ヨロシクお願いします。

2011/05/17(火) 21:49 | URL | 平木 治瑠 #-[ 編集]
Re: 建岳さんは、凄い人だと思います!
平木 治瑠さん
コメントありがとうございます。

とんでもございませんm(_ _)m
大変恐縮していますm(_ _)m

未熟な自身の考えを自分なりに表現して、

皆さんのさまざまなコメントや拍手など直接お寄せいただいたり、
目に見えない無形の反応までも含めて全てのことが、

新たな発想や、
物事を考えることに、表現していくことにつながっていること、
そして、自分自身の考えの足らないところを
つくづく感じています。

もちろん
私なりに一生懸命ご返事をさせていただいているのですが、
見当違いなことを書いてしまっていないか
心配していることもありますm(_ _)m

私が表現していることで、
皆さんが考えてみるきっかけとなったとすれば
それ以上の冥利につきることはありませんm(_ _)m

人は誰しも弱いものです。
そのままで癒されることについて、
私自身が考えと体験を深めていきたいと思っています。

これからも
私なりの仏教を通して、いろいろ表現をしていこうと思っていますので
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
2011/05/18(水) 13:30 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。