永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「四苦八苦」

2010.10.21

お釈迦さま
ゴータマ・シッダールタ、仏陀(ブッダ)、釈尊などさまざまな呼び名があります。
もちろん仏教の開祖です。
混乱をしないように、
このブログでは、お釈迦さま呼称に統一しようと思いますが、文脈や勢いなどで他の呼び名を使ってしまうかもしれません。その場合は、同一人物ですのでよろしくお願いいたします。

そのお釈迦さま。
今から2500年ほど前にルンビニー園というところで生まれましたが、生後1週間で母親のマーヤーが亡くなってしまいます
この母親を亡くしてしまったことが、お釈迦さまの生き方に決定的な影響を与えます。

生まれたときの親の愛情は決定的です。
人は生まれてきたとき、大きな泣き声をあげます。
赤ちゃんは大声で泣いて、それを親が懸命にあやすこと親の無条件な愛情を感じること安心するそれを何度も何度も繰り返します
親の無条件な愛情を確認することによって、自分は存在を許される存在なんだ存在していいんだという無意識での自覚・自信が芽生えます

それがこの時期充分な愛情を与えられていない子どもの方が感じてしまったら
それはおおにしてその先、深刻で大きな悩みをかかえてしまうことになってしまうのです。

「自分は存在していいのだろうか」と大きく根本的な疑問を抱えてしまう。
その確認を親以外のだれか周りの存在に求めてしまう。

大きな寂しさと不安、苦しみを抱えながら生きていくことになるのです

例えば、自分に自信が持てず周囲の人の顔をうかがってばかりいたり、自己表現が屈折してしまう人がいます。
心に大きな寂しさを感じた人は、不幸にも犯罪を犯してしまうことがあります。犯罪者のおいたちで、幼少のころ充分な愛情を与えられなかったということはよく耳にします。

逆にこの心にあいた寂しさを埋めることによって偉大な人になる場合があります
生後すぐ母親を亡くしたお釈迦さまは、自分の存在への大きな疑問、寂しさ、苦しみをもっていたために、その後出家の道を選んだのだと思います。そしてついには悟りを開くことになります。

お釈迦さまは「何故、人生は苦しみばかりなのか」苦しみながら考え続けます。

「人生は苦しみばかり」、この言葉を「四苦八苦」と表現しています。
<続く>



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
仏陀
お釈迦様の一生を、私は、
ティクナット・ハンの書かれた本で読みました。

とても解かりやすく、感動的だったので、
英語ではどういう表現がされるのだろうと、
英語でも読んでみました。

ティクナット・ハン氏は、ベトナムの出身で、
フランスに亡命し、プラム村と言うところで、
修されながら執筆活動も精力的にこなされています。

確か、今年あたり、映画化も予定されているはずです。
ダライ・ラマ氏も推奨していますので、
読んで見ると、改めて面白いかもしれません。
2010/10/21(木) 21:46 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
Re: 仏陀
白い月の風さん。
コメントありがとうございます。

私は、手塚治虫さんの「ブッダ」とか
瀬戸内寂聴さんの「釈迦」とかを読みました。

ティクナット・ハン氏の「ブッダ」ですね。
ありがとうございます。
早速読んでみますっ!
2010/10/22(金) 18:21 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。