永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「晴れ、晴れ、そして晴れ」

2011.5.2

TV天気予報を見ていると、
お天気キャスターの

「 今日は残念ながら雨模様です。
  明日は晴れるといいですね! 」

という内容のコメントがよくみられます。


まあ他愛ない言葉として
「 そうだなぁ。晴れたらいいなぁ 」と
素直に同感していますが、


それでも本当に
「 晴れ晴れそして晴れ 」が
ずっと連日続いたら、困ってしまいます。


天気は、
晴れもあればもある。曇りもあるし、、そして時にはなど。

それら全てが、
私たちにとって人間にとって、生物にとって、地球にとって・・・
現実なのであり必要なものだとも思います。




実は、
心の問題
同じようなことが言えるのではないでしょうか?


嬉しいこと楽しいこともあれば、
悲しいことつまらないこと苦しいこと、そして時にはもある。


それら全てが、
私たちにとって、まさに
現実なのであり、ある意味、必要なのではないか



最近の風潮、傾向として、
とにかく、
楽しくいたい
面白くないといけない
充実していたい

という強迫観念のような集団心理
あらゆるメディアなどを通して感じられます


でも、
晴ればかりを願っても、晴ればかりになりませんし、
もし
晴ればかりになってしまったら

健全な状態ではないので
必ず何らかのしっぺがえし負の影響を生みだしてしまうものです。


「 晴れ晴れそして晴れ 」という
ある意味幻想にとらわれたり幻想をふりまいても
かえって苦しみが大きくなるのではないか?



には傘をさしには頑丈な建物の中で過ごすように、
それぞれの「  」にあわせた過ごし方を工夫して
現実を生きることだと思います。



この境地こそ
仏教の「 癒し 」です。







「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
喜怒哀楽を素直に表現して、周りの、喜怒哀楽を、自分なりの、方法で、受け入れられたら、癒しになるのですかね?

ちょっと、漠然と、していますか?
2011/05/02(月) 16:48 | URL | 平木 治瑠 #-[ 編集]
Re: No title
平木 治瑠さん
コメントありがとうございます。

自分自身の中にある喜怒哀楽について、喜と楽だけになろうなろうとするのではなく、
怒も哀も全て自分にとって必要なものとして、受け止め、受け入れていく。という意味で書きました。
自分一人の中でのことです。

人間関係において、
素直に感情を表現をしていいのか?あるいは、周りの人の怒りなどをどう受け止めるのか?については、
複雑で難しい問題ですね。

何でも言い合え、表現しあえるような人間関係が理想的とも思いますが、
なかなか理想的になれないものだと思います。

人間関係において、「自分が感じた不快感」などについては、
受け入れられないもの は 受け入れられないまま 認め、放っておく。
むしろ無理矢理!? 受け入れようとしないことが大切なのではないかと思いますが・・・。

答えになっているでしょうか。
2011/05/02(月) 19:53 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
それをしてしまうと、結果的に、自分を追い詰めてしまいそうなので…

私は、受け流す、選択をしています。

話半分で、どんな素晴らしい、言葉でも、話半分でいいのでは、でないと、自分がなくなってしまうような気がします。
2011/05/02(月) 21:24 | URL | 平木 治瑠 #-[ 編集]
Re: No title
平木 治瑠さん
コメントありがとうございます。

受け止め、受け入れるという表現が適切でなかったかもしれません。
「受け流す」で良いと思います。

ある意味で自分が無くなるような
「無」「空」の境地を目指すのが
仏教の「悟り」なのかと感じています。
2011/05/02(月) 22:58 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
私にとっては、写真を撮っている時が、建岳さんのいう、

『無』『空』という、精神状態に近いと、思いました。
2011/05/03(火) 00:04 | URL | 平木 治瑠 #-[ 編集]
Re: No title
平木 治瑠さん
コメントありがとうございます。

写真を撮っているとき。

それに夢中になっているときは
あたかも私という存在が無くなっているような状態です。

苦しみも楽しみも感じる私自身がいないのです。

常に何に対しても夢中になれるような、それに近づいていけるような、
そんなあり方を目指していきたいと思っています。
2011/05/03(火) 16:50 | URL | 建岳 #-[ 編集]
現実に“生きる”
こんにちわ。
いつもためになる話、ありがとうございます。

雨が降れば傘を使う幸せ。
晴れの日はお日様から元気をいただく幸せ。
くもりであれば、過ごしやすい気温の幸せ。
嵐であれば、それを避ける場所がある幸せ。

そんなたくさんある幸せに気づいてって
神様が言っているのかもしれませんね。

癒しは自分で気づき作り出せることができるんですね。

今日も建岳さんに感謝してます。
2011/05/04(水) 11:40 | URL | ぜん #-[ 編集]
Re: 現実に“生きる”
ぜんさん
コメントありがとうございます。

>癒しは自分で気づき作り出せることができる

そうですね。
なかなか自分自身難しいのですが(汗)

どんな状況でも、
その状況なりの過ごし方を工夫する考え方になれるような
そんな心がけが大切だと思っています。

今の状況に対してストレスを感じたり、嫌だからといって、
常により良い世界だけを求め続けてしまう人間の性(さが)に
苦しみの原因があるのだと感じています。
2011/05/04(水) 20:37 | URL | 建岳 #-[ 編集]
はじめまして
Once-in-a-lifetime chanceというブログをやっておりますかっちんと申します。

この度はご来訪&ありがとうございます。

ひとまず御礼にまかり越しました。

拙い内容ではありますが、気が向いたらまたお越しください。
2011/05/05(木) 00:27 | URL | かっちん #TWKI4.eY[ 編集]
Re: はじめまして
かっちんさん
コメントありがとうございます。

ご丁寧に御礼をいただきありがとうございます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
2011/05/05(木) 21:55 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。