永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちはちゃんと現実を生きているでしょうか?

2011.4.17
前回からの続きです。

私たちは、実は
問題の解決に振り回されて苦しみの虜になってしまっているのではないか

問題の解決に躍起になるのではなく、
そもそも
「 できるだけ苦しまない心のあり方 」を求めて
苦しみを和らげ、無くしていきましょう

というご提案をしました。


それでは、その
「 できるだけ苦しまない心のあり方 」とは、どのような心のあり方なのか? です。


そこで前回、
「 私たちは、果たして、今、ちゃんと現実を生きているでしょうか? 」
という投げかけをしました。


ちゃんと現実を生きているのでしょうか?


私たちは現実を生きているのが当たり前で、
現実を生きていないと言われたら、不思議な感じかもしれません


( 質問の意図が、すぐには伝わらないかもしれません。 )



それでは、一例として、皆さん。

注射をされる場面を思い出してみてください。

 「 痛い~ 」
 「 怖い~ 」
 「 嫌だ~ 」
 さまざまな思いが駆けめぐります。

針が刺さると思うだけで恐怖と苦しみが襲いかかります
注射嫌いな子どもは、もう針が刺さる前から泣いています



でも、よく考えてみますと、

この場合の現実とは、実は、
「 針が刺さって薬剤が注入されている一瞬
  チクッと痛い 」だけです。

それのみです。

この注射より痛いことはたくさんありますし、
まして、針が刺さる前から
私たちは怯え恐怖に苦しむのです



これが、もしも、
私たちがちゃんと現実のみを生きているのだとしたら、

「 針が刺さった瞬間に、チクッとした痛み分 」
の苦しみを味わうだけで済むはずなんです。

それ以上の苦しみは、現実の苦しみではなく、自らがつくりだしてしまった苦しみです。



つまり、
私たちは、ちゃんと現実を生きているのではなく
自分の中で勝手に!? 恐怖と不安を増幅させた世界に生き、そして苦しんでいるのです


いかがでしょうか?


私たちは
現実を生きているつもりでも、
ふと気がつくと、現実と違う世界、
自分自身の思いの世界で生きそして苦しんでしまっていることが
実はとても多いのです


 もっとお金持ちの家に生まれればよかった。
 もっと、カッコ良ければよかった。
 もう年をとりたくない。
 私は、もっと能力があるはずだ。
 ・・・・。


私たちは
現実を生きているようで生きていない。


私たちは、
現実と違うことを願い続けている存在
現実と違う理想を追い続けている存在なんです。


言うならば、
私たちは、現実とは別の、
「 自らが作り上げた仮想世界バーチャルな世界を生きている 」のです。
<続く>



追記です。
前回の記事への多くのコメント、拍手をしていただいた皆さん。
本当にありがとうございましたm(_ _)m

FC2ブログの不具合で
その一部が表示されない、反映されない状態になってしまい、
メンテナンス後も
その回復はできないようです。

鍵コメの方には
ご本人様のブログにてご返事をさせていただきました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m






「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
No title
確かにおっしゃる通りですね…
注射の例えはとても解り易く、子供の頃の事を思い起こしてみるとその通りです。
しかし大人になり、痛い注射の向こう側を考えられるようになりました。
この注射を打てば、インフルエンザで苦しむ事を回避出来る、この注射を打てば体が少しは楽になる…
今の不安や恐怖より、もう少し先にある安心を考えられるようになれば、幾分かは打ち勝つ事が出来るのだと思います。
2011/04/18(月) 08:42 | URL | chiaki #-[ 編集]
Re: No title
chiakiさん
コメントありがとうございます。

chiakiさんが仰るとおり、
自分がつくりだしてしまった恐怖や苦しみに、
「自分自身が打ち勝つようにすること」が まさに大切なことだと思います。

もともと現実ではないのですから。

そのような心のあり方を
私自身求めていきたいと思っています。
2011/04/18(月) 10:06 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
未来に起こるかもしれない不安を想像して今を不安で生きる事がもっともおろかな事である。と、言われたことがあります。
確かに、注射の痛みを想像して怖がるよりも、その後の罹患しない安心を想像した方が心のためには良いですね♪
続きを楽しみにしております(*^_^*)
2011/04/18(月) 10:29 | URL | りな #GTE555uc[ 編集]
Re: No title
りなさん
コメントありがとうございます。

>未来に起こるかもしれない不安を想像して今を不安で生きる事がもっともおろかな事である。

そうですね。
また、過去に起こってしまった失敗や失恋について、今、ずっと悔やんで苦しんでしまうこともあると思います。
人は皆、多かれ少なかれ、自分自身のバーチャルな思いの中に生きているのですね。
そして苦しんでしまっている。

続きを楽しみにしていただいて嬉しいです♪
是非これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m
2011/04/18(月) 13:40 | URL | 建岳 #-[ 編集]
全ては中立
中村建岳さん、
いつもためになるお話、
ありがとうございます。

起きることは全て中立なのですね。
ただ、その現実・現象が存在している。
そしてそれに加える感情は自分が作り出すもの!!

注射をして、病気にならないのなら、
「痛いけど嬉しい!!」
ってことですもんね。

きちんと現実を見つめること、
そしてそれに加える感情を自分で選ぶこと、
とっても大切なことなんだなぁって思いました。

今日も気づきをありがとうございます☆
2011/04/19(火) 10:47 | URL | ぜん #-[ 編集]
Re: 全ては中立
ぜんさん
コメントありがとうございます。

>ただ、その現実・現象が存在している。

この境地こそ、仏教のもっとも根本的なテーマだと思っています。
その受け止め方は、その人次第。
個人個人のバーチャルな現実を、より優しいものに変えていけたら
きっと癒されて生きていくことができると感じています。

ためになるなんてもったいないお言葉ありがとうございます。
恐縮していますm(_ _)m
2011/04/19(火) 13:44 | URL | 建岳 #-[ 編集]
プラス思考で生きる
私は体が弱い分、プラス思考で生きています。
「死ぬかも」と言われながら、それを乗り切って、鍼灸師になる決意をした時、
学生中に再び、三度、と入院を繰り返し、「もう、ダメかも知れない」と、
誰もが思った瞬間もありました。
が、其れをも乗り越えられたのは、「目標」が在ったからに他、ありません。
夢中で生きている時には、苦しみは感じません。
だから、目標を持って生きることの大切さを切々と感じます。
2011/04/19(火) 15:30 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
Re: プラス思考で生きる
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

大変な苦労をされた分、
その目標を達成した充実感は本当に大きいと思います。
だからこそ、そして、苦労を乗り越えるために
「目標」や信念が必要なのだと感じます。

今の時代、
豊かになりすぎ、満たされていて、
実は、多くの人にとって、
健全な目標を見失いがちな世の中だと感じています。

私自身、成長を求めていかなければと思っています。
2011/04/19(火) 16:57 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。