永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風評被害

2011.3.23
前回からの続きです。

一昨日の「 報道ステーション 」で
ほうれん草などの風評被害について取り上げられていました。

キャスターの古舘伊知郎さんが
該当地区の方の悲痛なメッセージを何通も読み上げ
懸命にその深刻な状況について伝えていました

それを見ていた素直な視聴者
「 風評被害をなくそう 」
心がけるのだと思います。

しかし
私は、最近の国民の動向を見ていると、
その報道の意図とは関係なく

副作用のような
「ほうれん草、風評被害」というワードが
一人歩きしてかえって悪影響を与える大きな危険性があるのではないか?

と感じているのです。


もちろん
報道のおかげで、
この程度の風評被害ですんでいるという見方もできます。


果たして
どちらなのでしょうか?


先日のコメント返信の例示をもう一度のせます。

 恋愛でも、
 自分が相手のことを、いくら好きだからといっても
 その自分の気持ちを、受け取り側である相手への影響を考えず
 告白し続けていてもすればするほど相手の人がかえって苦しんでしまうことがあります。

 報道でも、
 いくら、自分達が正しいと思うことに基づいて報道したとしても
 視聴者への影響を考慮検証せずにしていたら
 いたずらに不安感をかき立ててしまったり私たちがかえって苦しんでしまうことがあるのでは

という側面についてです。
視聴者への影響についての検証が必要だと思っています。



そして
もう一点。
そのニュースの中でコメンテーターが次のような主旨の発言をしました。

「 放射線の規制値は、専門家によると、厳しいのをより厳しく、
  厳しすぎるくらいの値だと言うことなんです。 」
「 だから、この値を適正な値に見直すことをしたらどうでしょうか? 」
「 私は専門家ではないから詳しくはわからないんですけれど。 」


この発言に、私は
大変大きな疑問を感じます


 じゃあ、本当に政府が値を見直したら
 「 政府のいうことがころころ変わって、信頼できない 」
 「 どちらの基準値が正しいのかわからない 」
 など、よけいに国民が動揺することぐらい予想がつきませんか?

 そしてメディアは、その動揺ぶりをもれなく報道するのでしょう


 自衛隊原発事故で放水する際に
 急遽、被爆基準が
 それまでの50ミリシーベルトから250ミリシーベルトに引き上げられたときに
 それで、安心感が広がりましたか


少し考えれば、こんな無責任で軽々な発言をしていけないことぐらい
本当にわからないのでしょうか?


しかも、
私が最も問題だと感じるのは最後の言葉です
「 私は専門家ではないから詳しくはわからないんですけれど。 」

こんな重要な問題を
詳しくわからないのに発言することが本当に報道なのでしょうか


発言した本人は、
もちろん、この発言が問題だとは、全く自覚していません
以前から、この程度のレベルの感想を言い続けてきましたし、
これからも
もちろん、延々と言い続けるのでしょう


全く、嘆かわしい限りです。


そしてもちろん、このニュース、
「 大変な目に遭われている方のため、政府の早急な対策がのぞまれます 」
問題提起をしてしめられたのです


残念ながら、
問題提起は、悪い面で、社会不安を増幅させる作用があります。

マスコミは、
問題提起で報道するのでなく、
「 問題収束型 」の報道を心がけ、工夫したらどうでしょうか

例えば、
この ほうれん草の風評被害
「 古舘伊知郎さんコメンテーターが、安全な ほうれん草を食べる姿 」を
繰り返し繰り返し放送したらどうでしょうか? 


もし、そのような
「 問題収束型 」の報道ができないのであれば、やはり、

「 事実を淡々と報道すること 」にして頂きたいと思っています。
<続く>





「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/25(金) 10:03 | | #[ 編集]
No title
「被ばく」
この言葉を耳にすると、多くの方は広島や長崎の「被爆」を連想されると思います。
あの悲惨な「被爆」
でも、今回のは「被爆」ではなく「被曝」です。
こちらの「曝」は常用漢字ではないので、報道でも「被ばく」とひらがなで表示してあるそうです。
広島や長崎の「被爆」は、爆撃を被ったと言う意味で、原発の「被曝」は放射線にさらされたと言う意味で、そこには大きな違いがあると思います。
少々的外れなコメントですが、お許しを…
2011/03/25(金) 11:23 | URL | chiaki #-[ 編集]
Re: No title
鍵コメさん
コメントありがとうございます。

そうですよね。
公共の電波の巨大な影響力について、是非検証した上で
注意深く発言していただきたいと強く思います。
2011/03/25(金) 17:58 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: No title
chiakiさん
コメントありがとうございます。

確かに「被爆」と「被曝」、あるいは「被ばく」と
言葉の使い分けがなされているのですね。
「被曝」という文字を見て、
少しの違和感はあったものの、そのままにしていました。

なるほど。
そうだったんですね!

ご指摘ありがとうございました。
私もこれから使い分けて表現をしていきたいですm(_ _)m
2011/03/25(金) 18:03 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
以前、何度か、ブログに、訪問頂いて、ありがとうございました。

興味本位が、報道の基準値なのでは、ないでしょうか?

その後の影響などは、初めから、考えていない様に、思えます。

演出された報道番組に、振り回されるしか、術がないのか、と、思うと、悲しくなります。

2011/03/25(金) 18:19 | URL | 平木 治瑠 #-[ 編集]
Re: No title
平木 治瑠さん
コメントありがとうございます。

まず、
興味本位に流されないような、
視聴者への影響力を考慮するなどの

報道側の自主規制が必要だと感じます。

私たちも
面白がらないような、自戒が必要なのだと
感じています。

これからの世の中が本当に心配です。
2011/03/25(金) 19:20 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
放送業界が自主規制するとは、思えません、現状を見る限り、今の国営放送に至っては、バブル期のフ○テレビ、そのものですよ。

時代の変化で、済めばいいのですが…

不安ですね、震災の情報に限らず、デマも、多いですし、振り回されて、自分を見失っておられる方、多いですよ。

結局、自分で気づいて、変わる以外に、方法はないと、思うので、残念ですが…
2011/03/25(金) 21:43 | URL | 平木 治瑠 #-[ 編集]
Re: No title
平木 治瑠さん
コメントありがとうございます。

最近は、既成メディアではなく、
既成メディアによって切り取られた一面のニュースでなく、

生の、そのままの情報を欲っしている視聴者が、
ミニ放送局などを視聴している現象があると聞いています。

yahooニュースのコメントなどを見ていても、
既成メディアに対する大きなフラストレーションが感じられます。

確かに、あまりに巨大権力なマスコミですが、

私は、同じような意見を持っている人たちが
あらゆる機会を使って発言していくこと、
また連携していくことをどんどん進めていきたいと思っています。
2011/03/25(金) 23:37 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
言葉足らずで申し訳ありません。
報道で単に「ひばく・ひばく」と連呼すれば、耳で聞いた感じでは広島や長崎でのあの「被爆」を連想させます。
報道も、単に「被ばく」と連呼するのではなく、そもそも「被ばくする」とはどう言う事なのかを子供からお年寄りまでに分かるように説明すべきではないでしょうか?と、思ったのです。
あのように「被ばく」をお連呼されると、健康には影響を及ぼさない程度でも「被ばく」=「死」と感じる人も多いのではないでしょうか?
放射線の数値ばかりではなく、「被ばく」そのものの説明が不十分なため、恐怖心をあおってしまってるようにも思います。
そういう所も報道の無責任さの一つのように感じまして、先のコメントを投稿させて頂きました。
2011/03/28(月) 05:37 | URL | chiaki #-[ 編集]
Re: No title
chiakiさん
コメントありがとうございます。

お気遣いありがとうございます。
本当に、「被ばく」という言葉の連呼が、
一層の恐怖感を生んでしまっていると思います。

言葉の使い分け、
言葉が持つイメージの一人歩き、

大変難しい問題ですね。
冷静に動揺しない雰囲気作りを心がけていきたいと思っています。
2011/03/28(月) 11:39 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。