永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災報道について

2011.3.17

震災に関する報道を見ていました。

被災者の方の非常に大変で困難な状況。
寒さの中での燃料不足。食糧不足。薬の不足
救援の手が全く届いていない避難所。・・・・・。


そして
原発事故の危機的な状況。


本当に
大変な状況に胸が痛くなり、心配になり
個人の力ではどうしようもできない無力感におそわれます。

明日の朝に
災害募金の振込お手続きをする予定ですが、
全く心が落ち着きません。


これらの報道をずっと見ているだけで
PTSDなどになりかねないと専門家が指摘しているそうですが、

心配だからといって
ずっと震災のテレビ情報に入り込んでしまうことは

確かに危険なことだと感じます。


たまたま被災を免れた私たちこそ、
塞ぎこんでしまってはいけなくて、
一人ひとりが日常生活をしっかり送り、
少しでも、ためになることをしていくことが大切なことだと思います。



それにしても
今感じている個人の力のこの無力感は、
とても大きく心にのしかかってきてしまいます。



この大きな無力感

そういえばと、
思い出したのが
私が中学生の頃!?


当時、久米宏さんの「ニュースステーション」で
地球温暖化」の特集が放送され、

その内容に大きな衝撃を受け、
そして、あまりの大きな問題に、
自分自身が何もできないことの不安と、強烈ないらだち
持てあましたことを思い出しました。


今、改めて考えてみると、
非常に大きな問題である「地球温暖化」に対して、

「皆さん。こんな大問題がありますよ! 知っていますか?」

という問題提起は、
私たちの関心が喚起され、世論が形成され、エコ問題へ取り組みなどつながっていく
大きな役割を果たしたのだと思います。


しかし、
問題提起の報道時点では、解決策が示されません
私たちが何したらいいのかまでは示されないのです。

だからこそ
その不安感が関心を呼び、大きな社会変革運動を起こしたとも言えるのですが、


解決策を示さない、この問題提起型の報道。
「皆さん。こんな大問題がありますよ! 知っていますか?」


これは
見ている人を不安に陥れるのです
世間知らずの中学生の私には、より一層だったとも思いますが。



現在の震災報道もこの問題提起型です
もちろん、危機的に深刻な状況なので解決策を提示することは困難です。

だからこそ
問題提起は控えて、淡々と事実を報道する姿勢にシフトすべだと
私は思います。
<続く>






「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
そのとおりですね。
今日もありがとうございます。

私は仙台市におります。
こちらの番組はバラエティはやっていない(と思います)。
関東では番組が違うのでしょうか?

今も現地ではたくさんのご遺体が見つかります。
でも、見つからない家族もいます。
避難所にて話をしてくれた家族は「死んでいると思います。でも身体だけは見つけてほしい」とのことでした。

報道はあくまで報道です。
「こんなにひどい」「大変だ」
確かに、それを伝えることも大切なことだとは思いますが、
マイクを向けられて涙ながらにご家族を探すコメント・・・胸が締め付けられます。
それなら津波の爪あとを何度も必要以上に映すよりも被災者の必要なコメントや人探しをマスコミの力を使って伝えてほしいです。そこに重点を置いてほしいです。
ただし、津波や地震のときの気持ちを聞くなんて失礼なことはしないでほしい。
どんな人でも恐かったんです。その気持ちをマイクに言ったところで、生産的なものではありませんよね。

確かに今の報道は不安をあおる傾向があります。
そして解決策を強く言うのではなく、問題を強く投げかけます。

普段のニュースでも政治家の揚げ足をとるコメントが多かったり・・・
みんなそれぞれに頑張っているはずなんですが・・・

取り留めのない長文・駄文になってしまい申し訳ございませんが、こういうときだからこそニュースなどは眈々と伝えてほしいです。

この震災で与野党が一つのことに対して協力していく姿勢があります。
政治が常にそうであったら、とっても良い国になるのになぁとおもいます。
一つの目的が無ければ、内部で争うのも人間であれば、
それを正して内部が平和のまま進めるのも人間だと思います。

ありがとうございます。
2011/03/17(木) 19:11 | URL | ぜん #-[ 編集]
Re: そのとおりですね。
ぜんさん
コメントありがとうございます。

仙台にお住まいなのですね。
本当に心よりお見舞い申し上げます。

そして、
貴重なコメントをありがとうございます。
まさに、 ぜん さんの意見に全く同感です。

安否確認の助けになる報道や
心の支えになる報道など
本当に被災者のためになる報道をすべきです。

なんでもかんでも
あおりたて騒ぎたてている場合ではないのです。

被災者の立場に立った報道を強く望んでいます。

大変でしょうが
どうぞ頑張ってください。

私自身直接何もできず、本当に申し訳ありません。

本日願いを込めて
義援金の振り込みをしてきました。

少しでも事態が好転するよう
祈っています。
2011/03/17(木) 21:06 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。