永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地震、巨大津波について

2011.3.15

被災された皆さん
本当に大変なことと思います。

ひとりでも多くの方の救出を心より願っています。


あまりに
大変な状況について、言葉もありません。


(私の地域では)
全く普段と変わらない生活が出来てしまうことに
違和感を感じながら過ごしています。


非常に深刻な原発問題も含めて、
現段階では、復興のイメージすら持てないような状況です。


まさに
日本の危機だと感じます。


私たちが
助け合い、まとまって、
現在の危機的状況を乗り越え

復興を目指していきたいと強く思います。



この
私たちが直面している未曽有の危機。

この状況で感じていることを書かせてください。


 何故、今バラエティ番組を放送しているのでしょうか?

  これだけたくさんの方が大惨事にあわれ、しかもその惨事は進行中です。
  何一つ終わっていません。
  まさに、大切な人を懸命に捜索しているさなか。
  計画停電をしているさなか。
  原発問題は全く予断を許さない状況です。


 どうしてそんな時に、バラエティ番組やドラマを放送しているのでしょうか?

 喪に服す期間はないのでしょうか?

 放送休止にして、節電に協力すべきではないでしょうか。



 それから
  被災者への無神経なインタビューは即刻やめてほしい。
  家族を必死で探している人にむかってマイクを向けて
  「今のお気持ちは?」「心配ですね」

  そんなことをして
  心が痛まないのでしょうか?



 そして、
 いたずらに不安感をあおりたてるような放送はやめてほしい。


 今は淡々と事実のみを的確に知らせることを心がけるべきだと思います。
 または、家族を捜している人の助けになるような放送をすべきと思います。



TV報道、マスコミの姿勢については
非常に問題だと感じることが、本当に多いです。



感情が先走っていて
まとまった文章になりません。



原発事故が収まっていくこと。

ひとりでも多くの方が救出されることを願っています。
スポンサーサイト
コメント
本当に…
あの大惨事をTVで視て、「落ち着け」と言うのが、無理です。
健岳さんの心の叫びが感じられて、いい文章だと思います。

本当に、自分に何が出来るのか、しっかり見極めて、
流言に流されずにしっかりとした情報を持ち、
凛として、自分に出来ることを淡々とやって行きたいと思います。
2011/03/15(火) 21:52 | URL | 白い月の風 #k9MHGdfk[ 編集]
生きてました
福島 新地町の友人、生きてました。
愛知在住の親族を訪ねて、聞いた友人がいました。
水があと2メートルのとこまできたそうです。しかし実家と田んぼは水没とのこと、中々の旧家だけに残念です。

グループ会社の人が、物資をワンボックスに詰めてました。
明日の朝、宮城へ出発です。無事を祈ります。
2011/03/15(火) 23:56 | URL | 押尾 #-[ 編集]
Re: 本当に…
白い月の風さん
コメントありがとうございます。

そうですね。
流言に惑わされず、自分のできることをしっかりやっていきたいです。

そして
日常生活をしっかり送ることも大切なことだと思います。
2011/03/16(水) 11:11 | URL | 建岳 #-[ 編集]
Re: 生きてました
押尾さん
コメントありがとうございます。

何よりの情報ですね。

「生きてさえいてくれれば」
これさえ願いが叶わない方が多くいらっしゃいます。

そんな中、本当に何よりのことだと思います。

支援のことご苦労様でございます。
こちらからも無事を祈っております。
2011/03/16(水) 11:17 | URL | 建岳 #-[ 編集]
No title
私は宮城県仙台市の出身です。
地震後、ずぅーっと知人の安否確認を続けています。
つい先ほども1人と連絡が取れました。
いろいろと調べていますが、被害の全容はまだまだ不明です。
犠牲になられた方々のご冥福と、被災者へのお見舞いを
心より申し上げます。
私も32年前はあの宮城県沖地震を経験をしました。
皆様の痛みを我が事のように感じております。
2011/03/16(水) 13:59 | URL | トマシーナ #-[ 編集]
Re: No title
トマシーナさん
コメントありがとうございます。

身近な大切な方との安否確認の不安なお気持ち。
大変なお気持ちがずっと続いておられること、
お察しいたします。

私自身は
身近な知り合いはおりませんし、被災経験もありません。

それでも
私なりに、わが事のように感じています。


仙台は、学生時代
一度だけ訪れたことがあります。

とても美しく歴史を感じる街でした。

心よりお見舞いを申し上げます。
2011/03/16(水) 16:19 | URL | 建岳 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。