永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無縁社会から有縁社会へ

2013.2.5
⇒前回からの続きです。

さて、私たちは
自分が利己的であることに気づかないぐらい、

利己的な存在です。


以前、⇒こちらで、

私たち人間は、
自分と身内にしか直接苦しみや悲しみを味わえない仕組みになっていて、

その他のものについては、
間接的に自分たちのことに置き換えて、初めて共感する仕組みになっていることについて書きました。


これは、変えることのできない人間の本質です。


ペットなどの動物愛護や、
ボランティア活動などにとても熱心な方でも、

かわいいから、守りたい 」
可哀想だから、何とかしたい 」
好きだから、力になりたい 」

というのはまさに、
自分のこと身内のことのように想ってするのであって、

全く愛情を感じない その他 を相手にするわけではないのです。


もちろん私は、
愛護運動などそれらの活動を否定する意図は全くありません。
ただそれらの行いすら利己的な範囲内だと指摘するのみです。


例えば、
焼肉や唐揚げを普通に食べている人が、
(牛や鶏が食用として殺されることについては問題にしなくても)

ペットだけを守りたいと思うことについてなどです。


(ともすれば、それが行き過ぎて、
 クジラの肉を食べてはいけないことだからと
 他人の行為を妨害することなどは、まさしく利己そのものですが・・・)


また、
ボランティア活動についても、

自分と全く関係や接点のないものや
嫌な対象にするのではなく、

身内のように親身に感じるからこその行いだと思います。


つまり、
私たちは他人に対して、思いやりの心を持てているつもりのようで、
実は、身内に感じられるものにしか持てない存在なのです。


そして私たちは、今、
図らずも!?

周りから余計な干渉をされず、
自分たちの自由が最大限保障される「 無縁社会 」で暮らしています。


無縁社会が進めば進むほど
隣近所の人が誰でどんな人なのか?

関係も無ければ、名前すら知らないままです。
ひょっとしたら得体の知れない恐ろしい人かもしれないと心配してしまうかもしれません。


もし、そんな隣人失業してしまったら
「 それは困った。心配だ。何とかできないか 」と

私たちは思うことができるでしょうか?


昔のように、
隣近所、顔馴染みのような人の困りごとなら、
ほっとけない 」と思わず何とかしようとするものですが、

それこそまさに「身内意識」があるからなのです。



いうならば、
無縁社会 」とは、
身内以外の、圧倒的多数の他人を作り出す社会です。


ですから、必然に思いやりに欠け
他人の苦しみは他人事、「 自己責任 」で片付けられる風潮が蔓延するのです。


そしてギスギスした「 高ストレス社会 」となるのです。


無縁社会 」と「 思いやり社会 」は
人間の本質からすれば、両立しえないものです。


私たちは、
もう一度工夫して「 有縁社会 」を作らなければならないのではないでしょうか?
<続く>





※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

過度の「個人情報保護」、もう一つの形

2013.2.11
⇒前回からの続きです。

どうして
無縁社会になってしまったのか?


現代日本では、
個人の人権、権利意識が究極にまで高まり

できるだけ他人から干渉されず
自由に自分のしたいように暮らしたいという、

私たちの願い、思い、欲望がかなりのところまで実現しています。


まだまだ足りないと、
熱心な活動をされているところもありますが、

もう既に、
パワハラ、セクハラなど、
当初の重大な人権侵害問題とは別の、

少しでもストレスを感じようものなら、
何でもハラスメントと命名され、
それらを全て無くしつくさなければならないような風潮です。

いっそのこと、
コミュニケーションを放棄してしまって
あるいはお互い最小限度に留めておいて、

個人勝手に生きることを、
できるだけ認め合いましょうとするかのような世の中です。


私たちがお互い、
干渉されず、コミュニケーションもとらず、
できるだけ自分勝手に自由に生きましょうという社会。


これこそ無縁社会そのものです。


もちろん私は、
人権や自由を軽視するべきだと言いたいのでは全くありません。

その権利を追求し過ぎたり
過度に認めすぎてしまうと、

かえって私たちは
生き辛く、苦しみの多い社会になってしまう危険性について
指摘をすること。

そして、
個人を認めながらも、
無縁社会にならないような、

バランスのとれた社会ができないものかと思っているのです。


そして以前、私はこのブログで、
個人情報保護」のし過ぎについての言及をしました。
http://eishojikengaku.blog33.fc2.com/blog-entry-287.html

無縁社会を作ってしまっている大きな要因のひとつだと思っています。


それに関連して、
もう一つ問題だと感じているのは、


個人情報を保護する意識が強まるほど
匿名社会 」になってしまう危険性についてです。


匿名社会の怖さは、
ブログツイッターをされている人は、
よく分かるのではないかと思いますが、

感情にまかせた攻撃的な文章で追求したり、
悪ふざけ面白がるのが集中して、「炎上」騒ぎになってしまうなど、

無責任他罰的
人間の持っている負の面を、むしろ強調し、むき出しにしてしまうのが「 匿名社会 」です。


これはインターネットの世界だけでなく、
実社会でも程度の違いこそあれ同じです。

匿名であればあるほど攻撃的になってしまう危険性があるのです。



一方、インターネットの世界でも、
facebookのように本名を公開するものについては、

発言それぞれに責任が発生し
おいそれと気軽に!?他人を攻撃できないという配慮雰囲気が感じられます



実は、私は、
この個人情報をあえて公開する試みこそが、

このギスギスした高ストレス社会が緩和され
無縁社会から有縁社会へと転換していくための、


非常に大きなキーポイントではないかと思っているのです。
<続く>





※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

個人情報共有社会

2013.2.18
⇒前回からの続きです。

前回私は、
個人情報あえて公開する試みこそが、

 このギスギスした高ストレス社会が緩和され
 無縁社会から有縁社会へと転換していくための、

 非常に大きなキーポイントではないかと提起しました。」


言わば、
「 (一部)個人情報共有社会 」です。


この基本的な考え方は、

個人の権利主張し過ぎてしまって、
お互い他人との接触を極力避け合う無縁社会」を作ってしまう反省から、

個人の権利は無制限に主張できるものではないという、
心の歯止め効果を期待し、

隣近所など人と人が関わりあって
(しがらみや義理や面倒なことも含めて)
だからこそ親近感や助け合いが生まれる土壌となる「 有縁社会 」をつくること。


また「 匿名社会 」にみられる、
人間の負の部分の肥大化させ、攻撃性を増大させてしまう特徴について、
実名社会 」を実現することでその緩和を目指し、


個人個人が責任を持って、
相手に対して思いやりをもった発言ができるような、
( つまり、自分自身も無責任な攻撃をされにくい )

低ストレス社会 」を作ることです。



その前提で、私は実は、
名前 」と「 住所 」だけは、
個人情報の保護対象から外したらどうかと思っています。

その他の付随情報、
電話番号、性別、年齢、家族、職業、趣味、、、などについては、
これまで通り保護して、

つまり、
同窓会名簿のように生年が特定できるものが含まれる名簿は
保護対象となり、

あくまで
住所と氏名だけについて、
情報公開を原則とするものです。


それでも、
「 そんな馬鹿なっ! 」
住所と名前が知られたら大変なことになるっ! 」


と感じてしまうかもしれませんが、

不要なダイレクトメール(DM)が送られてきても
無視すればいいのですし、

訪問販売などの問題は、
単身の高齢者や事情のある人については、
クーリングオフの制度を無期限にするとか、

契約自体が誰か保証人のサインがないと成立しないとか、
別の方法で対応ができるのではないかと思います。


近年あるストーカーの問題については、
特に特別な配慮が必要なのは明らかですが、

それ以外の、
特段の事情のない場合は、住所と氏名を公開しても、
日常そんなに不都合なことはないのだと思います。


原則、名前と住所が公開になれば、
知人を訪ねて行くようなことがもっと出来るようになり、

人間関係が活発になり、
付き合いごとなどが増えて面倒なところがある一方、

その面倒な付き合いがあるからこそ、
その分!?その反面で、顔見知りという信頼関係の基礎が出来上がるものだと思います。


実証の難しい
個人情報保護の問題についての提言ですが、

危ないから危険だから守ろう保護しようという考え方だけでは、

この無縁社会匿名社会
高ストレス社会を変えることはできないのだと思います。


私たちは、
共有すべき個人情報について検討し考えていくべきだと思いますが、
いかがでしょうか?
<続く>





※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

永正寺護持会報110号

2013.2.19

永正寺護持会報110号ができました!

永正寺ではこれまでさまざまな取り組みをしてきましたが、
これまでにない充実度f(^^;) の内容になっています。

みなさん、是非ご覧いただけますと幸いですm(_ _)m
永正寺護持会報110号1
永正寺護持会報110号2
画面はクリックすると拡大します!



私が書いているところは(岳)としてあり、
住職の場合は(定)としてあります。


※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

無縁社会を脱して、「 顔見知り社会 」へ

2013.2.22
⇒前回からの続きです。

私たちは、
自分と身内にしか直接共感ができない性質をもった人間です。

他人については、
間接的にしか、あるいは自分の身内のことのように変換してしか、

他人の苦しみや悲しみに共感することができません


良い悪いではなく、
人間はそのようになっている生き物です。


ですから、
無縁社会孤立社会匿名社会になってしまうと、
身内がどんどん少なくなっていってしまうと、


思いやりの心」の大切さを
いくら一生懸命に説き続けても、

私たちは、なかなか
そのようにできない人間だという現実の視点に立って、
物事を考えていく必要があると思っています。


無縁社会から、「 有縁社会 」へ。
匿名社会から、「 個人情報共有社会 」へ。


でも、
一足飛びに世の中が変わるはずがありませんし、

ブログや机上で
意見を言っているだけでも変わりません。


実際に何かをしていくことが大切だと思っています。


その取り組みのひとつとして、
3月1日から、平日朝7時30分より、

ラジオ体操を始めようと思います。


7時30分というのは、
ちょうど、地域の小学生の通学班
永正寺の駐車場に集まって出発する頃なので、

地域で、
子どもたちを送り出す雰囲気ができるのではないかと思いますし、


ラジオ体操に参加する人たちが増えていけば、

檀信徒さんやそれ以外の人に関わらず、
引っ越してきた新しい人も、

どんどん
顔見知り 」になっていけるのではないかと期待しています。


無縁社会から「 顔見知り社会 」へ向けて、
一つの取り組みを始めようと思います。


お近くで都合のつく方は、
是非気軽にご参加くださいね♪
<続く>






※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。