永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横山幸雄さんピアノコンサート

2012.12.3

12月6日(木)14時より
永正寺で『 横山幸雄 ピアノコンサート 』の公演が行われます。

平日の公演にもかかわらず、
チケットは完売しておりますm(_ _)m
当日券はございませんのでよろしくお願いいたしますm(_ _)m


横山幸雄さんは、
ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールで優勝した辻井伸行さんの恩師であることでも有名です。

受賞暦は、
89年ブゾーニとロン=ティボー国際コンクールに上位入賞、
ワルシャワで行われたショパン国際コンクールにおいて歴代の日本人として最年少で入賞、
新日鐵音楽賞フレッシュアーティスト賞、
モービル音楽賞奨励賞、
文化庁芸術選奨文部大臣新人賞など多数。

2011年のデビュー20周年を迎え行われた
ショパン・ピアノ・ソロ全212曲コンサートでは、

18時間におよぶ全曲暗譜演奏の偉業を成し遂げられ、
大きな感動と反響を巻き起こすとともに、自身の持つギネス世界記録を更新された方です。


当日が待ち遠しいです♪

横山幸雄 コンサート




また、永正寺ではその他にもコンサートなど行事を予定していて、それぞれ後日告知する予定です。
詳しくは、⇒永正寺ホームページをご覧くださいm(_ _)m





「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

「思いやりの心」の限界

2012.12.9


思いやりの心 」は大切です。


様々な事件が起こるたびに、
あるいは
身近なことでも、

他人の苦しみや悲しみを理解すること、
共感することなど、

あらゆるところで
思いやりの心が大切だといわれています。


場合によっては、
「 思いやりの心を持てないのは、人間じゃない鬼や畜生だ


などと言われることがあります。


しかし、
これほど「思いやりの心」が大切だと強調されても、
つい自分優先で考えてしまったり、

なかなか
簡単に出来ないからこそ、

余計に
「 思いやりの心 」の重要性が叫ばれているのかとも思います。


教育的課題でも、
どうしたら「 思いやりの心 」を育成することができるのか?
政治的課題でも
どうしたら「 思いやりの心 」を育む社会を作ることができるのか?


ちょうど
選挙を行っていますから、
候補者の中には「 思いやりの心 」を訴えている方もいると思います。


どうしたら、
他人の苦しみや悲しみに共感する心、
理解する気持ちが生まれるのか?


「 思いやりの心 」の大切さを一生懸命に説き続ければ
私たちは皆、本当に「思いやりの心を持つことができるでしょうか



実は、
私たち自身をよく振り返って考えてみますと、


私たち人間というものは、
そもそも、

私自身」と、私を含めた「身内」のことしか、
そのままその苦しみや悲しみを味わうことができません

もともとそうなっているのです。

つまり、
別の言い方をすると、

他人の苦しみや悲しみについては、
そもそも共感できず理解もできない性質を、私たちは持っているのです。


こう言うと、

「 そんなことはありません。
  私はちゃんと他の人の痛みや悲しみにちゃんと共感できています。 」

と感じられるかもしれませんが、



そういう方にこそ、是非、
次にあげる例を通して、
自分自身の心についてよく振り返ってみていただきたいと思います。



まず、
私自身の苦しみ、痛み、悲しみについて想像してみてください。

失恋した」「怒られた」「病気をした」「怪我をした」「お金がない」

これらの感情は、
実際に私自身が大いに苦しみを味わうことが想像できます。



そして次に、今度は
身近で大切子ども、親、恋人などの身内について、

同じように
「失恋した」「病気になった」「失業した」
などと想像してみます。

すると
自分自身がなった時とほぼ同様な衝撃や苦しみを感じることがありますし、

場合によっては、私自身の苦しみ以上のものを味わうこともありますし、

大切な身内に大きな危険が迫っていれば、
思わず身を呈して守ろうとしたり、
できればその苦しみを替わってあげたいとさえ思うものです。


人間の本能の一面です。



では、次に、
全く赤の他人」について同じように想像してみてください。

果たして
全く同じように感じることができるでしょうか?

私は、
身を呈してその危険を回避しようとするのか?
本当にその苦しみについて自然に共感できるようになっているのでしょうか?


さらによく、素直に、
自分の心を観察してみると、


他人の苦しみについて共感するということは、

実は、
その他人の苦しみを
私が同じ目にあっていたらと思うと辛い 」
大切な身内のことだと思うと悲しい 」

決して他人事だと思えない

などと、瞬時に、
自分、あるいは身内の苦しみに変換して
あたかも私の苦しみのごとく共感する仕組みになっていることに気づかないでしょうか?


つまり、
私たちは、私自身と身内の苦しみについては自然に共感することができますが、

私たちは、「他人の痛み」を直接感じることはできないのです。
それを自分のことのように置き換えて初めて、間接的にその痛みに共感ができるものなのです。


ある意味、
思いやりの心 」にあふれている人とは、
つまり、他人の痛みをあたかも私自身の苦しみに変換する能力の高い人であり、

「 思いやりの心 」が無いといわれる人は、
その置き換え能力が低いということなのです。



この
他人」と「身内」についての私たちの心の決定的な断絶
その本質的な人間性について、正確に理解をすることが大切だと思っています。



さて、
大変長い前置きで申し訳ありませんが、、、


本当に長くなってしまったので次回に続きます。
<続く>



※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。




「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

永正寺護持会報109号

2012.12.14

永正寺護持会報109号ができました!


よろしければPDFファイルでご覧ください♪
あるいは、今回から、jpgの画像ファイルも画像の質を落として大きくしましたので、
クリックして大きくしていただけば、内容は読むことができると思います。

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

永正寺護持会報109号1
永正寺護持会報109号2

PDFファイルはこちらから →永正寺護持会報109号



私が書いているところは(岳)としてあり、
住職の場合は(定)としてあります。



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

総選挙開票速報について思う 

2012.12.19

日曜日に、
総選挙開票速報特番が各局の総力を挙げて取り組まれました。

今後の日本の命運をにぎる、
総選挙の結果、国民の審判は一体どうなるのか?

固唾をのんで、
一刻一秒でも早く、当落情報を伝えたい。知りたい。


あの大物大臣は当選するのか落選の憂き目に会うのか?

あの話題の人は?


悲喜こもごも。


ハラハラドキドキしながら見守ります。


そして、
各党の代表、役員が花をつけ始める頃から、

各局インタビューが始まります。



アナウンサー「 ○○代表。この選挙結果、どう受けとめますか? 」
代表「 まだ、結果が出ていませんから、最後まであきらめずに見守りたいと思います。」

アナウンサー「 こうなってきますと、他党との連携はどうなるのでしょうか? 」
代表「 この結果を受けて、明日以降、協議を進めていくことになると思います 」


アナウンサー「 これから、社会保障の問題、どうしていきますか? 」
アナウンサー「 これから、消費税の問題、どうしていきますか? 」

外交の問題、原発の問題、・・・。


一分一秒でも早く
今後の日本の行方について問いただしたい。


報道局も、政治家も興奮気味
見ている私たちも。



一体、何を焦っているのかよく分からない?
焦ってなにか良いことがあるのか分からない。


開票の途中で、
まだ、全体的にどうなるか分からないのに、

今後どうするのか?

を聞かれても、
誰だって答えられるはずが無いし、

全部結果が出てから、
それから、各党党首にインタビューをすればもっと冷静なしっかりした答えが聞けるに決まっている。


ふわふわと浮き足立った
こんなお祭り騒ぎは必要なのか?


と疑問に思いながら、
テレビ画面を眺めていたら、



これだけ一気に全部のテレビ局で、

全党首やらなにやらが、あちらこちらで同じような質問をあびせかけられ、
答えているのを繰り返し繰り返し見ていたら、


確かに、
各政党の考え方、政策、内情など、いろいろよく分かるわ~!



「 あっ! 」



せっかく
よく各党の主張や内情が分かったのに、もう投票は終わってる


しかももう開票も終わりかけてる。
もう後の祭り


「 あ~ orz 」




このような全テレビ局同時進行、
お祭り騒ぎスタイルの選挙特番。


工夫はもちろん必要ですが、


是非、次回の選挙からは、

選挙スタートの日の 「 選挙告示日 」 に全力を挙げて行っていただきますよう、
心よりお願い申し上げますm(_ _)m



『 関連してのシェア拡散希望です!

「 愛知県江南市の僧侶が、選挙開票速報特番への提言!   拡散、賛同希望!!!
 皆んなでTV局へ働きかけよう! 」

要旨は、
1.全テレビ局が総力を挙げて行う選挙開票速報は、各政党の公約、考え方、内情などが分かって良いけれど、せっかく政策や政党への理解が深まっても、既に投票した後なので後の祭り。
2.ですから、全テレビ局が総力を挙げて、各政党代表者や幹事長クラスのインタビューをたらいまわす!?この特番スタイルを、是非、選挙スタートの 「 選挙告示日 」 に行っていただきたい。

3.また特に、今回テレビ東京での池上彰さんの素晴らしく的確な解説について、是非次回、もっと大規模な形で、投票日前に私たちの目に触れるようになることを期待する。

そのことで、私たちの政治に対する理解・関心が高まり、より的確な投票行動につながっていくと思います。

この要旨にご賛同いただける方は、
是非、シェア、拡散をお願いいたしますm(_ _)m

そして何より、各自工夫して、
TV局への投書、働きかけをお願いいたします。

半年後に予定されている次回、参議院選挙に向けて、是非、皆で実現させましょう! 


1.フジテレビ 視聴者専用電話 : 03-5531-1111
  https://wwws.fujitv.co.jp/safe/contact/index.html?pagelink=footer

3.NHK : 0570-066-066
  http://www.nhk.or.jp/css/goiken/mail.html

4.日本テレビ : 03-6215-4444
  http://www.ntv.co.jp/staff/goiken/form.html

5.TBS : 03-3746-6666
  http://www.tbs.co.jp/contact/

6.テレビ朝日 : 03-6406-5555
  https://wws.tv-asahi.co.jp/contact_to/index.php

7.テレビ東京 : 03-5470-7777
  http://www.tv-tokyo.co.jp/index/company/goiken.html  』



ご賛同いただけます方は、
是非、よろしくお願いいたしますm(_ _)m



※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。




「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」完成!

2012.12.28

このブログで、最近!?
宗教の仕組みと危険性 」というテーマで、15回にわたって書いてきた内容を、

今回、小冊子化しました!

小冊子「宗教の危険性」1

内容は、

信じれば本当に救われるのか?
・信じることの本質
・信じることの危険性
危険な宗教の見分け方
・本当の共感

などです。


この小冊子では、
ブログ記事だけでなく、

ブログあるいはfacebook上で、
いただいたコメントと私の返信もあわせて、
コメントをいただいた方のご了承をえた上で、掲載をいたしました。


小冊子「宗教の危険性」

誤字脱字など最低限の修正を施し、
A4判、総ページ数38Pの小冊子となりました。

この小冊子は、
私なりに思いをこめて表現してきたものですし、
皆さんからいただいたコメントはとても貴重です。


是非、実際に手にとってご覧いただいて、
宗教の仕組みと危険性 」について考えていただくきっかけとなれば

この上ない幸いです。



これまで定期的に、
永正寺護持会報をお送りしている皆様には、
次回ご送付時にあわせて1部お届けするつもりです。



また、それ以外の方で、
もしご希望の方がみえましたら、ご進呈いたします。


下記専用フォームにてご記入、お申し込みいただきますようお願いいたします。
⇒小冊子「宗教の仕組みと危険性」希望


なお、年末年始のため、
ご発送が遅れることがありますので、ご了解いただけますと幸いです。

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版もアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版


■前回の記事、「総選挙開票速報について思う」について■

たくさんの方の賛同とご共感をいただきまして、本当にありがとうございますm(_ _)m
本当に実現すれば、かなりの効果になるものと思っています。

今後も私なりに提起し続けていくつもりです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m 


中村建岳 九拝




※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。




「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。