永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジティブ刺激とネガティブ刺激

2012.9.1
⇒前回からの続きです。


もうひとりの自分・無意識 」の教育方法についてです。


前回のブログで、

人はともすれば、言葉だけ
勉強しなさい 」といわれるほど勉強したくなくなる一面をもっているのに、


ストレスを与えない言葉だけの教育というものが成立しうるのか


まれに、
スーパー教師が理想的な教育を実現することがありますが・・・。
というような取り上げ方をしました。


ただし、人間は誰しも
顕在意識 」と主導権を握っている「 もうひとりの自分・無意識 」が同居して存在しているので、

スーパー教師、スーパーお母さんといえども、
「 顕在意識 」だけに働きかけて、

「 もうひとりの自分・無意識 」を無視するような教育は、実は 不可能 です。


例えば、
「 よくこんな大変なことが出来たね♪ 」と言葉で「 褒め 」たり、
「 これだけ頑張って、この目標が達成できたら、お祝いしようね! 」と「 ニンジン作戦 」をとってみたり、


つまり、
「 もうひとりの自分・無意識 」が 喜ぶ 、言わば「 ポジティブ刺激 」を駆使しているのです。


反対に、先に例をあげていた、

しつけ)、
強く叱ったり、叩いたりなどは、「 ネガティブ刺激 」とでも言えると思います。



私は
もうひとりの自分・無意識 」の教育方法については、

その
ポジティブ刺激 」、「 ネガティブ刺激 」、

両方ともを、バランス良く工夫されるべきだと考えていて、


現在の教育においては、
「 ネガティブ刺激 」を全否定し、「 ポジティブ刺激にばかりスポットを当てている風潮が問題だと感じています。


次回は、
「 ネガティブ刺激 」の必要性とバランスについて述べたいと思います。
<続く>




※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。


関連シリーズ
⇒「 もうひとりの自分・無意識 」





「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

「 ポジティブ刺激 」の難しさと一辺倒の弊害

2012.9.4
⇒前回からの続きです。

前回予告では、「 ネガティブ刺激 」の必要性についてと書きましたが、
その前に、「 ポジティブ刺激 」について述べます。


教育方法として、

褒め 」たり、「 ニンジン作戦 」など、
目的意識を持ち達成し充実感を持つという貴重な体験は、


もうひとりの自分・無意識 」の教育にとって、必要不可欠であり大変重要なことです。


しかし、
言わばこの「 ポジティブ刺激 」は、


子どもの興味や才能を見極め
タイミングも見計らいながら適切な指導援助が必要となる、
難しい一面をもっています。


例えば、
子どもに、「 野球が上手くなるように頑張ろう! 」
と言っても、

誰もが、その魅力に夢中になるわけではありません。


運動が苦手な子や、他のスポーツが好きな子などにとっては、
その ポジティブ刺激 があまり効果的でない場合があります。


つまり、
その人、その人の個性を見定めた働きかけの工夫が必要で、

十人十色それぞれの状態に合わせたものが必要となり、

中には、あまり何事にも興味を抱かない内気なおとなしいタイプの場合には、
そのヤル気を1から喚起させながらの働きかけが必要となるわけです。


親子の関係でも、教師と子どもの関係でも、
教育者には、

このような、
その子を見極める能力と、個に合わせた働きかけの選択能力が求められるのが、
ポジティブ刺激 」です。



また別の面では、
「 ポジティブ刺激 」ばかりだと、

刺激に対する「 飽き 」などが原因となって、どんどんエスカレートしてしまうことも問題です。


最初のころの ニンジン作戦 は
おやつ や、お小遣いを少し値上げする程度だったのが、

同じご褒美では飽きたらなくなって、

どんどんより大きな見返りを求めてしまったり、


悪くすると
見返りがなければやらなくてもいいのだ! と思い違えてしまうこともありえます。


もちろん本来は、
その子自身が、見返りを求めるところから離れて、
その目的を達成すること自体に夢中になることが大切なのです



そしてもう一つ、

「 私はいつも輝いていなければならないっ! 」
いつも充実していなけらばならないっ! 」
「 目標、目的が常に必要だ! 」


ポジティブな刺激一辺倒の風潮は、
刺激中毒のような最近の症状を生んでしまっているのではないかとさえ、私は心配しています。


輝かなければならない 」という焦燥感今の社会に充満していて
メンタルヘルス環境の悪化を招いている。

実は、
この教育の面においても表れているのではないでしょうか。


さて、そして
「 ネガティブ刺激 」の必要性についてです。
<続く>




※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

関連シリーズ
⇒「 もうひとりの自分・無意識 」


個人的なことですが、
友人の漫画家、カミムラ晋作さん。漫画サンデー(「静かなるドン」などが掲載されている青年誌)、今日発売号の尾張名古屋特集に「 喫茶都市 」という作品が掲載されています。
私も名古屋文化圏に住むものとして!?原作に少し協力しました。良ければ是非ご覧くださいね!
⇒http://man-sun.jp/magazine/



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

「 寺おこしの会 」 設立会議

2012.9.5

今日、
寺おこしの会設立会議を行いました。

参加メンバーは、
岐阜 長良  崇福寺(臨済宗妙心寺派)  ⇒崇福寺ホームページ 
岐阜 各務原 大安寺(臨済宗妙心寺派)
岐阜 各務原 陽徳寺(臨済宗妙心寺派)
愛知 一宮  妙光寺(臨済宗妙心寺派)

と、私が副住職をしている
愛知 江南 永正寺(臨済宗妙心寺派)の5ヶ寺です。≪順不同≫

江南市一宮市は愛知県の一番北にあるので、
隣接する岐阜県の各務原市岐阜市なども意外に近く、車で1時間圏内です。

今回は、
その中間地点あたりで食事をしながら、
寺おこしの会 」の設立会議を行いました。


私の修行仲間を中心に、声をかけて集まっていただきました。
(ですから、同じ宗派のお寺ばかりですね)
お忙しい中、ありがとうございますm(_ _)m


ご賛同をいただいて、
一緒に活動をしていただけそうなので一安心。

そして、第一歩を踏み出せたのだと思っています。


今後、
生きている私たちのための仏教お寺 」というイメージへの転換活動を、

是非工夫してすすめていきたいと思っています!





「 寺おこしの会 」のコンセプトは関連シリーズ、
⇒「 寺おこしの会 」をご覧ください。



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

「 ポジティブ刺激 」と「 ネガティブ刺激 」の違い

2012.9.9
⇒前回からの続きです。

前回、
褒めたり、ニンジン作戦をするなどの
ポジティブ刺激 」について述べましたが、

叱ったり叩いたりなど、
躾(しつけ)に代表される「 ネガティブ刺激 」について述べたいと思います。


繰り返しになりますが、私は、

教育とは、
従たる「 顕在意識 」への働きかけに偏重することなく


人の主導権を握っている、
もうひとりの自分・無意識 」へのアプローチを重視する必要があり、

ポジティブ刺激 」と「 ネガティブ刺激 」の両方共を使って
バランス良くなされるべきだと思っています。


褒める、ニンジン作戦などの「 ポジティブ刺激 」は、
個性を見極め、個性に合わせた、個別の対応が基本です。

個人によって好みが違うので、見極め、タイミングなどを工夫して、
粘り強くする必要がありますし、
学級運営などの集団指導の場では、
その個性をまとめるさらなる工夫が必須になります。


これが、
叱る叩くなどの「 ネガティブ刺激 」は、

怖い、痛いなど、
人間を含めた動物共通の生存本能に直接作用し、

反射的な危機管理信号が働くものなので、
「 ポジティブ刺激 」ほどの個別対応は必要ありません。


集団の中で、
流行り言葉など、楽しいことが伝染するのは
最初は、小グループからじわじわと広がり、
その中で廃れるものは廃れ、
数少ないものが、全体に流行るような仕組みで、その伝達のスピードは遅いです

しかし、
恐怖や痛みなど、悪い噂話などは、
瞬く間に集団全体に伝わります。

その最悪の例は、
パニックなのですが、

それほど私たちは、本能的に、「 ネガティブ刺激 」に、敏感に、伝染するものなのです。


だからこそ、
人間教育の根幹である躾(しつけ)として、
「 もうひとりの自分・無意識 」教育に伝統的に取り入れられているのだと思います。


また、
勉強しなさい
「 勉強するのが、あなた自身のためだよ 」
「 あなたは、将来何になりたいの? 」
口だけで注意されているだけで、本人がどうにも乗り気にならないうちは

「 うん。わかった 」などと言って、
聞き流したり受け流すことが案外できてしまいますが、


叱ったり叩いたりされたら、
勉強するか、そこから逃げ出すか、次に同じようにされないようにするにはどうしたら良いのか?
など、何らかの対応をせざるを得なくなります



ここまでをまとめますと、

ポジティブ刺激 」は、
個性に合わせた工夫が必要で、効果が遅く粘り強くその成果を待つもの

ネガティブ刺激 」は、
強制性即効性があり、集団に効果が伝播する。


というような違いになります。


このように、
ネガティブ刺激 」は、
「 もうひとりの自分・無意識 」の教育に、より効果的(強制性・即効性・全体性)なのですが、


よく効く 」も、効きすぎると大変なことになってしまうように、
よく効く「 ネガティブ刺激 」も、効きすぎると大変な事故人権侵害になってしまうので、


なら、よく効かない「 薬 」だけで治療しましょう!
つまり、「 ポジティブ刺激 」だけで教育しましょう!

となるのでしょうか?
<続く>




※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

関連シリーズ
⇒「 もうひとりの自分・無意識 」




「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

「 ネガティブ刺激 」の必要性

2012.9.15
⇒前回からの続きです。


叱ったり叩いたりする、
よく効く「 ネガティブ刺激 」は、

一歩間違えた最悪の場合など、
精神的トラウマ、体罰で深刻な後遺症が残ることがあるから絶対にしてはいけないのか


教育関連の問題
TVなどのマスコミを賑わす度に、

教育評論家やコメンテーターが、
人権侵害だ 」
体罰は絶対にあってはならない
「 子どもにストレスを与えるのは教育ではない
「 思いは必ず伝わる

など繰り返し繰り返し、当然のことのように発言をしたり、
街の声として同じような意見があるのを幾度となく見てきました。


確かに、
メディアに取り上げられるような悲惨な事故や事件については、
誰しもが二度とあってはならないことだと感じるでしょうし、私もそう思います。


けれども、
だからといってその感情のおもむくままに、
オール or ナッシング 」で、
全ての「 ネガティブ刺激 」が完全否定される論調については、

本当にそれで良いのかと疑問に思います。


確かに、
褒めたりニンジン作戦の「 ポジティブ刺激のみで教育することは、
理想ではあるかもしれませんが、

その個別性の工夫の難しさ、強制力の弱さ、遅効性などの特性のため、


素晴らしく良く育つ子もいる反面、
どうしても一部
(しつけ)が足らない子などがでてきてしまうのだと思います。


例えば、
水をすくいにくい穴の空いたボールで、水をすくおうとしても、

穴の大きさにもよりますが、
多くの水をすくっても、一部どうしても漏れてしまうような。



話せばいつか分かってくれる 」と語り続け、
叱ったり、怒ったり、叩いたりをしない場合、

多くの場合は、いつかその言葉の大切さがわかる時機がくるのかもしれませんが、
相手の変化を待っている間に、他にもいろいろな問題がおこってしまい、上手くいかなくなる場合があります。


そもそも私たちは、
余程、躾(しつけ)がしっかりできている場合以外は、

大人の言うことは、うるさいだけで、
自分がやりたいことだけをやりたがるものです。



近年の教育現場にみられる「 学級崩壊 」や、

最近、
取りざたされる「 新型うつ病 」などは、

この、言わば、
(しつけ)不全症候群 」の影響を無視できないのではないかと私は思っています。



ですから、私は、
叱ったり怒ったり叩いたりの「 ネガティブ刺激 」は、

ボールの穴をできるだけ塞いで、
ほぼ全ての水をすくえるような役割として、

その一部をしっかりと認めることが大切なのだと思っています。


つまり、
「 オール or ナッシング 」ではなく、一部を認めるということ。

叱ったり怒ったりすることは、教育にとってあくまで必要なこと。
けれども、過度な人権侵害トラウマのような精神的傷を負わせるようなものはいけない

叩いたりする体罰は、
あくまで、安全を確保して行うこと。

感情に任せて頬っぺたをひっぱたこうとするから、指が目に入ったりして失明してしまうとか、
頭を強くうって亡くなってしまうとか、重大事故につながります。


イギリスの伝統的な躾(しつけ)方法の
おしりをムチのようなもので叩いたり、
韓国のように、ふくらはぎを叩いたりすることなどに限定すれば、
重大事故は防ぐことができると思います。


これらのような、
安全を確保した上での言わば 「 安全体罰 」 に限定して認めたらどうか。
このようなコンセンサスをつくることが、
家庭教育でも、学校教育でも大切だと、私は提案したいと思っています。


そして、実は、
適度に、「 ネガティブ刺激 」を入れる方が、
より「 ポジティブ刺激 」の効果が高まることにつながるのだと思います。





<結構長く、このシリーズを書いてきましたが、
 今回で一区切りとなります。>



※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

関連シリーズ
⇒「 もうひとりの自分・無意識 」




「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。