永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教の拠りどころ

2012.5.5

仏教は、
もちろん
宗教のひとつです。

ひとくくりに
宗教と言っても、さまざまな宗教ありますし、


それぞれの宗教で、
それぞれの特徴があって、
全部、違っています。


けれども、
仏教は、

他の宗教にはない、
仏教だけの特徴があります。


それは、
宗教とは、「 何かを信じること 」だとすれば、

仏教とは、実は、
「 何も信じない宗教 」なのです。



これについては、以前、
⇒信じない宗教
で書きましたので、宜しければご覧いただければと思います。


その繰り返しになりますが・・・。



人間は、人は、私は、


苦しみに出会ったとき、
悲しみに出会ったとき、

もっと幸せになりたいと願うとき、


どのような解決方法を模索するのか


宗教とは、

「  」のような絶対的なもの。

それを「 信じること 」、
それを「 拠りどころとすること 」、
それに「 すがること 」など、

「 信じる力 」で克服しようとするものです。


そして
その拠りどころとなる「 神のような絶対的 」なものとは、

人間の想像力と願望力が
生み出し作り出した存在でありストーリーです。


ある意味、
人が作り出した、いわば架空の物語を、
そのフィクション性を一片も疑うことのないほどの「 信じる力 」でもって、

苦しみや悲しみを克服し、幸せを願うものなのかもしれません。




ですが、
仏教は違います。


少なくとも、
お釈迦さまが説いた仏教は、

人が生み出した「 架空の物語を拠りどころ 」とするものではありません。



「 なぜ、人は苦しんでしまうのか? 」
「 その原因は何か? 」
「 なぜ、幸せになれないのか? 」
「 こんなに豊かなのに、虚しくてしかたがない 」


「 何故なのか? 」


それを
徹底的に解明しようとするものです。

「 信じること 」が苦しみの原因になるのであれば、
「 信じること 」も捨て去ります。


「 人はなぜ苦しんでしまうのか? 」


いわば、心理学



自然科学の拠りどころが「 現実 」であるように、

仏教の拠りどころも、
ただ「 現実 」のみなのです。



仏教者とは、
ただ「 現実 」を拠りどころに、
苦しみの原因を明らかにして、

そして、

その「 苦しみ 」の克服を目指すものだと思っています。



私自身。このブログ。
そうありたいと思っています。








「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ご授戒会の手伝い

2012.5.18


5月11日12日13日の3日間、
隣町の全徳寺というお寺で開創四百年の授戒会があり、
そのお手伝いにいっていました。

そしてその前後は、
準備や、
心身ともに疲れが残っていて、

なかなか、
ブログを更新する余裕がありませんでした。


思い起こせば!?
私の小さい頃。
町のスポーツ店が主催していた4泊5日のスキーバスツアー

3つ上の姉と一緒に参加してバスに乗車。

車酔いのひどい私は、
窓側の席でグロッキー状態。
(現在ほど道路整備がされていなかったので、片道8時間かけて愛知県から長野のスキー場にいっていました。)

それでも、
隣の姉のさらに隣、助手席に座っているカッコイイ大学生のお兄さんはとても印象深く、

スキーのインストラクターとして
とっても輝いていたお兄さん。

お菓子を一緒に食べたり、
遊んだり!?
とっても仲良くなったのでした。


「 こんなカッコイイ人がいるんだなぁ 」


すると翌年
中学に入学したときに再会

「 あれ、どこかで見たことあるなぁ? 」

なんと、
そのお兄さんは、新任の先生になって中学校へ。
しかも、偶然!?入った水泳部の顧問


中学校から帰ってきたが私に勢い込んで、
「 あのお兄さん、中学校の先生になったよ! びっくりしたっ! 」


私も3年後
後を追うように中学入学、水泳部入部でお世話になった先生=お兄さん


風のたよりでは、
その後、先生は教員を退職されて
修行!?にいったらしい。

「 修行!? 修行ってなんだろう? 」

先生の家はお寺だから
跡を継がないといけないらしい。


そうなんだ。大変なんだね~。


と思っていた私も、

何の因果か、紆余曲折を経て!?
叔父さんのお寺、永正寺に入ることに。

そして、
そのお世話になった先生のお寺、全徳寺と、

永正寺同じ宗派同じ地区
毎月1回会議で顔を合わせる仲。


その全徳寺の開創四百年ご授戒。

不思議な縁を感じながら、
初めての体験で緊張しながらの3日間でした。






「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

無意識の影響力

2012.5.24
⇒前回からの続きです。

少し!?
間があいてしまいましたが、
「 もうひとりの自分・無意識 」の続きです。


人は誰しも孫悟空
自分自身について、なんでもできる! 自由にコントロールができると思っているのですが、

何のことはない。

本当は、
「 もうひとりの自分・無意識 」が、
私自身の全てを掌握しています


それはまるで、お釈迦さまの掌の上で踊っている孫悟空のように、

無意識 」の
その絶対的な、そして偉大な力なのです。


けれども私たちは孫悟空
なかなかその「 無意識 」について、気付くことができないのです。


そして、
仏教の悟りとは、

そのなかなか気づくことができない、
自分自身の無意識の偉大さについて、

頭や理論的にだけでなく、

臨済禅師のように、
本当の意味で気付くことなのです。


これまで、
このような内容について書いてきました。


身近な例!?をあげてみますと、

」が
好きになったつもりでも、
実は「 無意識 」が その人を好きになっている。

が その人を諦めよう と、
キライになろうとしても、「 もうひとりの自分・無意識 」がその人を好きなうちは諦められません。


ちょっとしたしぐさ習慣は、
「 私 」が直そうとしても、なかなか治りません。


幼いころに受けたショック、トラウマ
今、「 私 」が払拭することは難しいことです。

3つ子の魂、100までです。


性同一性障害など、
頭でコントロールしようとしても、出来るものではありません。


ダイエットのために、
これを食べてはいけないけれど、でも食べたい。



私たちは、
私たち自身の「 無意識 」の大きな影響から逃れることはできません。
その「 無意識 」の影響力の大きさに気づくことが大切です。


お釈迦さまのように
決して、素晴らしい行いばかりをするわけではない「 無意識 」なのですが、

うまく、上手に付き合っていくことが必要なのだと思います。


そして、
現在の日本社会が、この「 無意識 」について軽視してしまっていることが、
より多くのストレスや苦しみを生み出しているのだと感じています。
<続く>



※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。


関連シリーズ
⇒「 もうひとりの自分・無意識 」





「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。