永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「君に届け」

2010.11.2

映画の感想です。
先日、前の職場の友人に誘われて映画を観たのです。

君に届け

多部未華子さん、三浦春馬さん主演の青春学園ラブ・ストーリー!?です。
大ヒット原作コミックがアニメ化され、それが今回実写映画化されたとのことです。
私は原作コミックのことも映画のことも何も知らない状態で観てみました。

映画を観て一番印象的だったのは、
何といっても三浦春馬さんの爽やかな笑顔でした。
男性の私から見ても完璧で素晴らしい笑顔でした。
本当にマンガのキャラクターがそのまま出てきた雰囲気の人が、実際にいるのだなぁと感心し、
驚きました。

「あの子、○○らしいよ~」
と悪意のある噂に翻弄されるくだりでは、
そのたかが噂に振り回され、真剣になっていた自分自身の学生時代を思い出して、懐かしくも泣きそうにもなりました。

今から思えば、稚拙なこと と思いますが、そのような経験をしてこその今があるのだと感じました。

映画のストーリー全般を通じてとても爽やかで、観了感!?も心地良かったです。

それから
この映画の主人公、その周りの人たち、そして悪役!?の人も含めてみないい人ばかりでした。
三浦春馬さんの役に至っては、
自分を必要以上にアピールせず、素直で爽やかで素晴らしく完成度の高い、まさに理想的な人」でした。

これは、日本ハムのダルビッシュ有 投手や、ゴルフの石川遼 選手などを代表とする
今の若い世代全体が求める理想像なのだなぁと感じました。

これが私たちの世代、第二次ベビーブーム世代のヒーロー像は違ってきます。
もっと自分をアピールし、困難を克服し、なんとしても想いを実現させるという雰囲気をもっていました。
より上の世代にいくほどこの傾向は強くなると思います。


時代が求める人間像は変わっていっている。
まさに映画は時代を映す鏡だと思いました。



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

2010.12.10

たまには映画の感想です。

SPACE BATTLESHIP ヤマト」を観てきました♪
木村拓哉さん主演の実写版の方です。アニメの方もやっているみたいですね?

宇宙戦艦ヤマトは、子どもの頃、相当大好きで
「地球滅亡まであと○○日」の日にちが減り続けていくのを毎回ドキドキしながら見ていたものです。

そのヤマトが実写化。

前回友人に誘われた映画で予告があって
いてもたってもいられなくなって!?
観てきたのです。

私が見慣れているアニメの原作!?とは、ストーリー、キャラクターともかなり違うことが多かったのですが、
例えばお酒飲みの佐渡先生が女性の高島礼子さんになっていたり、森雪がブラックタイガー隊のエースで男勝りだったり・・・。でも、真田役の柳葉敏郎さんなんか、まさにイメージ通り!ストーリーも細かいところから大きなところまでいろいろ違っていたのですが、とても面白かったのです♪


特に古代進役の主演:木村拓哉さんは、予想以上にとてつもなくカッコ良く素晴らしかったのです。

とかなりミーハー的な感想になってしまいました(汗)

私はもともとSMAPをあまり好きじゃなかったのですが
カッコよすぎて!?、人気がありすぎて!?どうも好きじゃなかったのです。

そんなことが吹き飛んでしまうくらい
実写版のヤマトが動いている映像に恍惚となっていたのかなと思いました。


子どものころに好きだったものの影響は、
本当に侮れないぐらい大きなものだと感じました。




「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

『ワーカーズ』を観てきました!

2013.9.20

一昨日、名古屋駅西にあるシネマスコーレに行きまして、
シネマスコーレ

ワーカーズ 』という映画を観てきました。

『 ワーカーズ 』とは、
ワーカーズコープといって、
労働者」が5万円の出資をしあって、全員自らが「経営者」になるという

新しい働き方を取り上げたドキュメンタリー作品です。

チラシはこちら↓
ワーカーズ3

ワーカーズ4
(それぞれクリックで拡大します)


朝日新聞の記事もご参照ください。
「出資・経営する労働者、広がる新たな働き方」(朝日新聞デジタル 2013.9.12)


私は中日新聞の記事で関心をもったのですが、
この勝ち組、負け組の格差社会が拡大していく一方の世の中で、

ワーカーズコープが、
雇用のセーフティーネットになりうるのだろうか?

そうだとすると、
お寺はその活動にどのようにして関わることができるのかと
興味深く観に行きました。

感想としては、
協同労働と、地域社会で私たちが共にいきていく理念などは、
非常に素晴らしいと感じました。

しかし、
実際にその理想を実現するためには、

その組織、運営、行政との連携など、
非常に難しい課題が多大であると思いました。


もちろん、
経済原理優先のこの社会で、
どの企業も生き残りをかけてしのぎを削っているわけで、

素人が協同して何かを実現しようとしても、
非常に困難であることは明らかです。


この映画を観れば、
少しはその疑問に解決の光が見えるのではと期待していたのですが、

残念ながらその疑問については
観了後変化はありませんでした。


ただ、
これからの私たちの生き方について、
大いに参考になる
「協同労働」「出資した労働者がそのまま経営者」という考え方。

ご興味のある方は
是非、映画を見に行ってくださいね!






※永正寺のメルマガを月に2回発行しています。
 ご希望の方は下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒永正寺メールマガジン登録フォーム

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム

「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。