永正寺副住職 中村建岳が、法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分に素直になること

2013.6.10

大変、お久しぶりのブログになります。
イベント案内を除けば、
3ヶ月ぐらい間があったことになります。


その間に、
コンサートや『良縁 寺カフェ』など、
イベントを行いながらの、その他、多くの経験を通して、

私自身、実は、
とても大きな心境の変化がありました。


このことについて、
どのように表現をしたら良いのか?
頭を悩ませていたのです。



その心境の変化とは、
それまでの私自身が、いかに素直でなかったのか?

心が屈折してしまっていたり、
心がひねくれてしまっていることに、

心の底から「 気か付いた 」ことだと思います。



実はそれ以前にも、
自分自身の性格について自己分析をしていて、

なかなか癖があって、少しひねくれている性格だという自覚はあったのですが、


その自覚があるからこそ、
私はその弱点に対処できたり、改善する可能性もあるのだと思っていました。


しかし、そうではありませんでした。



この現在進行形の経験で、
「 自分に素直になること 」の難しさと大切さが、
大きな実感をともなって理解できつつあると感じています。


そして、この
「 自分に素直になること 」こそが、

私たち人間の
メンタルヘルスにとって、
もっとも本質的で重要な課題のひとつではないかとも感じています。


これから私なりに
「 自分に素直になること 」について書いていきたいと思っています。
<続く>




※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

素直になることの難しさ

2013.6.13

今、あなたの目の前に、
、二手に分かれている道があります。

あなたは、右の道に進もうと思います。

しかし、
不思議なことに、
あなたの意識に逆らって、

体が勝手に
左の道を進んでいってしまいます。

右に行かなきゃ
思えば思うほど、どんどん左の道を進んでいってしまいます。


「 自分自身が思い通りにならない 」


実は、私たち人間は誰しも、
程度の違いこそあれ、この不思議!?な体験をし続けている存在なのです。



これは、私たちは、
私という「 意識 」のみだけではなく、


無意識本能潜在意識esといった、もう一人の人格を、
そして、
なかなか私の言うことを聞かない、駄々っ子のような、

そんな「 もうひとりの自分・無意識 」を、
例外なく誰しもが抱えているからなのです。


そして、
その「 もう一人の自分・無意識 」が私の主導権を握ってしまっている。


このブログのメインテーマの一つといも言える、
もうひとりの自分・無意識 」で、

そのようなことを書いてきました。


前回、
自分に素直になること 」の難しさと大切さについて実感したと書きましたが、


その素直になるべき自分とは、ある意味、
まさしく、この「 もうひとりの自分・無意識 」のことなのです。


つまり、

自分の「 本能 」に素直に、
自分の「 潜在意識 」に忠実に、
・・・・・。


食欲、睡眠欲、性欲、さまざまな欲望など、
本能に素直になることが、果たして可能なのか


文章にしてみるだけでも、
怖ろしく感じてしまいます。


私たち人間は、
それらの欲望を理性でコントロールできるからこその人間であるはずです。


しかし、
だからといって、
私たちは、その「 もうひとりの自分・無意識 」を完全に無視することはできませんし、


」 が 「 無意識 」を
完璧に支配することは不可能なのです。
<続く>




※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

どこまで素直に表現しているブログなのか!?

2013.6.22
⇒前回からの続きです。

このブログ
上部にある説明をご覧いただきますと、

「~法話を推敲する過程で考えたことや、日頃感じていることなどを、そのまま素直に表現するブログ。」
と書いてあります。

もちろん、
他ならぬ私自身がそのように書いたのですが、


しかし、正直なところ、
どこまでそのまま素直に表現ができているのか?
と考えてみれば、

やはり、
100%、素直にできているわけではないと思っています。


もちろん、
自分の思っていることの真逆のことや嘘を書くようなことはないのですが、

これまで、
結構自由に書いているようにも見えますがf(^^;)


誤解をうまないように、
極力、穏便な表現にしたり、

また、
自分が感じ思っていることをそのまま書けなかったりすることが全く無いわけではありませんし、


お寺の檀信徒さんはじめ皆さんは、
本当に立場がさまざまですし、

そのさまざまな立場の皆さんに支えていただいている
お寺の副住職として相応しい表現をと、

常に心掛けてもいます。


このような表現を考えていく過程のお陰で、
自分自身の思いがより深まったり
場合によっては当初思っていたことと違って、より良い思いに至ることもあるので、

この推敲!?過程はとても意味があると感じてもいるのですが、


しかし、一方、
自分に素直になれているのか?
もうひとりの自分・無意識」に素直になれているのか

という観点で考えてみれば、


知らず知らずのうちにでも、理性の自分の枠へはめ込んでいるとか、
コントロールをしようとしているのではないかと感じることもあります。


もちろん、
私の中の「もうひとりの自分・無意識」は、
身勝手で、怠け者で、すぐ周りのせいにするという、

とても人さまにお見せできるようなものではありませんがf(^^;)


さて、
私たちは、多かれ少なかれ、


「自分はこうならなければならない
「自分はこうあるべきだ


あるいは、
「よき母として
「男として」
立派な社会人として」


など書ききれないぐらい、
様々な制約の中で生きています。


もちろん
それらの制約に対しての努力は、
とても貴重な行為なのですが、


その一方で、私たちは、
なかなか「もうひとりの自分・無意識」に素直に生きられない存在でもあります。
<続く>




※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

「もうひとりの自分・無意識」に素直な社会

2013.6.24
⇒前回からの続きです。

ジャレド・ダイアモンドさんの 『 昨日までの世界 』 という本があります。

ジャレド・ダイアモンドさんは
ピュリツァー賞受賞作 『 銃・病原菌・鉄 』 で知られる米進化生物学者です。

『 銃・病原菌・鉄 』 は、
(過去にこのブログで一部分だけを取りあげたことがあります⇒「ウマとシマウマ」

なぜ ヨーロッパ人 全世界を征服し、その逆にならなかったのか? 」
という問いに対して、

人種の優劣ではなく
地形などの環境要因による違いであることを、
見事に解き明かした、素晴らしい作品です。


また、
『 文明崩壊 』  では、
世界の七不思議の一つとも言われる!?イースター島モアイ像について、
明解に、科学的に解き明かしていることなどをはじめ、

これまで崩壊してきた文明についての検証とその教訓が、
私たちの今後への示唆に富む、これまた素晴らしい作品です。

まだ、
お読みになられていない方は、
2冊とも是非、読んでみてくださいね!


そのジャレド・ダイアモンドさんの
最新作 『 昨日までの世界 』 では、

私たちが今暮らしている、
高度文明社会と対比させた、

昨日までの世界である、
伝統的社会 」(狩猟採集社会、部族社会など数十人から数千人規模の社会)の特徴について、
良いところも悪いところも含めて分析され、

これからの私たちの社会の在り方の参考にしようとされている本です。


長い前置きですが、
ここからが⇒前回の続きです。


私たちは、今、
この「 高度文明社会 」で暮らしていますが、、

法律道徳倫理宗教など様々な価値観があり、

その社会から求められる人間像

社会に必要とされ
社会に迷惑をかけない


それらの理想的理性的な人間像を、
強く求められ教育され、私たちは今を過ごしているのですが、



「自分はこうならなければならない
「自分はこうあるべきだ


あるいは、
「よき母として
「男として」
立派な社会人として」
・・・。


多かれ少なかれ
私たち誰しもがもつその葛藤

本音と建前
あるいは
良心の呵責」という言葉もあります。


まさに、私たちはこの社会の中、
なかなか「 もうひとりの自分・無意識 」に素直に生きられない存在なのです。



しかし、
けれども、

伝統的社会 」に住む人は、
父親、母親の役割分担や、

危機回避のために執拗なほど!?注意深く行動するなど
ルールや掟のようなものももちろんあるのですが、


まるで、
生存本能必然的にそれを選んだごとく!?
何かの社会的役割を "演じている" ことがない。


常に自信に満ち溢れ、生き生きと自分らしく生きている人が非常に多く、


「本音と建前」、「良心の呵責」などに さいなまれることもなく
メンタルヘルス上では、全く健康であるようなのです

(注:これは「昨日までの世界」を読んだ上での、飛躍も含めた私の解釈であり、必ずしもジャレドダイアモンド氏が言及していることではありません)


ただ、メンタルヘルス上素晴らしいからといって、
もちろん、全てが素晴らしいと言うわけではなく

時として起こる 殺人 などについても、
その犯人!?(犯人という意識すらないかもしれない)は、


全く悪びれることなく、自分の立場を主張することが当然の社会でもあるのです。
<続く>




※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

自分に素直になり辛い社会

2013.6.29
⇒前回からの続きです。

狩猟採集社会、部族社会など数十人から数千人規模のいわゆる
「 伝統的社会 」では、

表裏がなく、
常に自信に満ち溢れ、生き生きと自分らしく生きている人が多いようです。


例えば、小さな幼児
大きなナイフをもって遊んでいても、

母親は注意をしないばかりか、

その子どもがナイフを落とした時に、
何の躊躇もなく、その落としたナイフを拾いあげ
当然のことのように、子どもに返します


私たちなら
危ないから、持っちゃダメ! 」
怪我したら、どうするの! 」
と叱ったり、

子どもが泣いてぐずろうが、
手の届かないところにナイフを隠してしまいます。



「 伝統的社会 」では、
そんな子どもの時の危険な遊びが原因の、
大きな傷跡欠損がある大人は珍しくなく、

場合によっては事故で亡くなる子どももあるようです。


まるで、
子どもの頃の遊びの危険を乗り越えるぐらいでなければ、
大人になってから厳しい自然の中を生きていけないと覚悟を決めているのか

自らの経験でしか
危険を学習していくことができないと腹をくくっているのか?


このような
「 伝統的社会 」で成長した人は、
メンタルヘルスが良好で、

生き生きと自分らしく生きている。



また、一般的に、
戦争のさなかでは、
心の病気にかかる人が少なくなると言われています。

なりふり構わず、生き残ることが第一
四の五の言ってられない。

生存本能や危機管理能力を最大限活性化させ、研ぎ澄ませて生きていく。



自分に素直になればなるほど、
本能を活性化させればさせるほど、

メンタルヘルスは良好になるようです。
(社会への悪影響の面はひとまずおいて)


そして、
建前理想ばかりが肥大化して、
「 もうひとりの自分・無意識 」が素直になれないほど、

あるいは、
理想ともう一人の自分との乖離が大きければ大きくなっていくほど、
心の苦しみ、葛藤は増大していくのではないでしょうか?



つまり、
その社会やその集団から求められる人間像によって、
私たちのメンタルヘルスは大きく影響を受けるのです。



考えてみれば、
法律、倫理、道徳、モラル、人権いじめ、体罰、安全、セクハラ、パワハラ、、、


今ほど、これほど立派で素晴らしい人間像を求められる世界は、
人類が誕生して以降、全く初めての経験なのです。



少なくない人たちが、

あるいは、多かれ少なかれ全ての人が、
心の苦しみを抱えてしまうのは、


ある意味、
必然のことなのです。
<続く>




※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

※小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」のPDF版をアップしました。
 ご興味のある方は、是非ダウンロードしてお読みいただければと思います。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」PDF版
 またご郵送ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。
 ⇒小冊子「 宗教の仕組みと危険性 」郵送希望フォーム



「ご訪問いただいた方へ」
一日一回、3つのランキングボタンをそれぞれクリックしていただくと有り難いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

中村建岳

Author:中村建岳
お越しいただきましてありがとうございます。
文字ばかりのブログですが、どうぞお付き合い下さい。

リンクフリーです。

私のお寺のホームページは⇒こちら
です。

⇒こだわり住職 なるほどアイデア情報局
⇒良縁 寺カフェ
ブログもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。